MacでサクラMMLを動かす

普段使ってるPC(Mac OS X)でサクラMMLを動かすことが出来た。
もともとサクラはWindows専用で、.exeの拡張子が動く環境でないと起動できない。

もっぱら曲の下書きはサクラMML.⇒ Logicで最終Mix
としてたなのに、中々使わないWindowsでしかサクラが起動しないのがネックであった。
だけど今回の方法でMacでサクラを起動できたことで、ようやく曲エディタに触れる習慣を取り戻せた。
 

MacでサクラMMLを起動する方法

こちらを使います。

EasyWine

 
こちらの「EasyWine.app」をMacにインストールしてから、サクラMMLのsetup.exeを起動。
仮想Windowsのディレクトリにサクラがインストールされます。
あとはSakura.exeをダブルクリックすれば、おお!sakura開いたぞ!

MacでサクラMML

ただしこのままだとフォントが大きすぎ。
なので、設定⇒エディタの設定⇒エディタの詳細設定で、フォントスタイルを変更します

サクラエディタの詳細な設定

左上のタブ「フォント」をクリックして、このように設定。
すると。。。

MacでサクラMML設定完了

エディタ部分が見やすくなりました。

 
左側は、Macフォントの仕様なので割り切ります。
さ、これでMacでもサクラの作曲環境が整いましたよ!


視界は音

視界は音としても捉えられる。

光も色も周波数をもつ波、という点では音と同じ。
目の前のあらゆるものを音(振動)としてとらえた時、今まで見えなかった部分に気づくようになる。

音、感情の波。虫のさざめき。葉のこすれる音。光の音。


Golmontさんによるアレンジ曲「♪栄光への共闘」を追加

新曲をアップしました(‘ ‘*)♪

「♪栄光への共闘」
http://timelessberry.com/material/sao1-xglory.html

 
今回の作品は、Golmontさんのアレンジによる戦闘曲です。
このすさまじい重厚感と高揚感は、もう感服(‘ ‘*)
非常に聴き応えの在る曲に仕上がっています!
 
ぜひぜひ皆さん、お聞きください!


o5の「♪ラ」を432Hzに調律

「♪ラ」の音を432Hzにする。
すると音の波に、遊びの領域が生まれるよう(‘ ‘*)

http://oka-jp.seesaa.net/article/416393394.html

 

これ、音素の空間を空けることで、音に開放感が生まれる…といった感じだろうか。
そこに自由な想像の余地が生まれる。りらっくすもーど。うちの音は、この調律が良いな。
 

じゃぁ、ピッチをどれくらい下げればいいのか?
下記のヒントから察するに。

ラHz
(⇒http://hpcgi3.nifty.com/prismwave/wiki/wiki.cgi?p=%B2%BB%B3%AC%A4%C8%BC%FE%C7%C8%BF%F4

 

だいたい32/100度くらい、ピッチを下げればいいみたい。
細かい数値まではハッキリ合わせられないけど。。。まぁいい加減でいいよね?
ピッチ修正-32/100

 

ちな、440Hzは戦闘曲とか激しい曲とか。
筋肉に緊張を走らせて突き進むような曲調と相性良いと思った。

使い分け、使い分けですよ(。◕ ∀ ◕。)ノ


欠片を繋げる旅

分断された世界c.。。

で、どんなに表現の術を磨いても
たかが知れてるんだなって思った。

 

バイオリンやオーケストラの生演奏を聴いただけで

今まで作ってきた作品の平坦さと
これから出来上がる音のイメージに

すごい差が見えてくる。

 
自分の知らない場所へどんどん旅に出て、
忘れてたパズルの欠片を少しずつ拾い集めるの
大切だなって思った。表現の幅が全然変わる。
作品の質を上げるって、外に出て新しい世界を見聞きすることなんだ。