聖なる音 オームについて

これこれ

http://ja.wikipedia.org/wiki/オーム_(聖音)

宇宙の始まりの音とされる「聖音」
あめで光の渦を見てたら、ふとこんな発見があったのですよ。

angel
(出典元不明)

分かりやすいgifアニメ

まばゆい光を解き放つ宝珠。
この光が溢れて収束するリズムが「おーむ」。

可視化すると分かりやすい。
この光の渦が、おーむ。

 

ゲームやってると魔法の効果音で、
ぅおん、ぅおん、ぅおん、

あれが、おーむ。

イメージが出来上がると、たぶん音で表現するのもたやすい。
宇宙の始まりの音。それは光が満ち溢れて収束していく様。

 

なんか、バネの音もこんな感じだね。

びよーん、びよーん、よーん、おーん.

 

宇宙のリズム。素敵ね。


音楽は栄養

聞こえてくる音

ぜんぶ美味しく頂きます

 

音が世界を作る。

私たちの世界を、音がつくる。

みんな音で出来てるから。

 

石も木も人も機械も

み〜んな音。

音楽は、存在の証。

音を介して、世界は作られる。

だから、音楽は栄養。

 

音を介して、世界は再構成される。

食べ物みたいに。
食べ物から身体が再構成されるように。

音楽が、
音となって、振動して

記憶に宿る。
記憶を元に、それはイメージの中で

再構成されて

その人自身の、世界が創造されていく。

音を介せば、自らの世界は望んだ形に作っていける。

だから、究極の形は音。

 

世界を作るのは政治家じゃない。芸能界でもない。

 
新時代は私たち。

ひとりひとりが、才能を開花して

それぞれの望む世界を創り上げていく

 

未来に国境はなくなる。


音楽素材更新「神域への反乱」

素材ページはこちら。

MP3素材フリー

 

さて、今回の素材曲。
かなり曰くつきの逸材に仕上がりました。
まず、今までの時の迷い人にはないテイスト。

あと更新日。今日は満月の後。
エネルギーが反転する時期に差し掛かっています。

 

神域への反乱。それは、革命。
大富豪で言う、天と地が反転するようなもの。
この曲を以って全ては反転する。

そんなイメージで仕上げました。

 
使いどころさえ抑えれば、いい演出になるかと思います。
好きに使ってください(‘ ‘*)


夢のピアノ

夢のなかでは偉大な作曲家になれる。
次から次に、音たちが枠を抜けだして、自然とあふれだす。

曲。曲は人が紡いだ自然のコード。
だから、何者にもとらわれない、覚醒した音。
夢のなかでなら作れる。

 
今日、こんな夢を見ました。
ピアノの音がどんどん流れてくる。

自然の音、を再現したような旋律の流れ。
如何なる音も、再現してみせよ。と。

音を、聞き。ピアノのメロディが流れ。
その旋律を、ディスクに記憶する。

音をなぞって記憶せよ。
誰かにそんなふうに言われた。

すべての旋律が、素晴らしかった。
感覚で弾きながら、音をなぞってうっすらと記憶した。
あの音は、聞けば思い出す。

 
ぜんぶそんなもんだよね。
音楽って。何気なく聞いて忘れてても。
聞けば思い出す。

 
記憶するってそういうもの?
んん、でももっとはっきり。
好きなときに取り出せる、それくらい記憶したかったあの音。

たぶん、もう一度出会える♪


どうすれば引きこむような作品が作れるか

うちが未だ学生の頃。
授業中は、いろんなことを想像する時間だった。

とにかく、すごい作品を書いてみたくて。
自分が生み出せる最高のものをと、四苦八苦してた気がする。
そうして生まれた作品は、

今の創作物語にある「星のお話」だったり
楽曲の「星読」といった展示曲だったり。

懐かしいなぁ(‘ ‘*)

全部イメージ。想像の世界での出来事。
今でも気に入ってる作品です。

 

だけどね、其れ以降は書けてないんですよね。
描く時間が無かったといえば言い訳で。
いくら書いても以降の続きとして納得行かなかったんですね。

どうして?

イメージの世界がそこで終わってた。
から。

 

単にそれだけの理由。自己完結。

 

自分が生み出せる作品を作りきったら、
するべきことはコレ以上描くことじゃない。
もっと見聞を広めること。
世界の成り立ちをもっと深く掘り下げる。

引きこむような作品の未来は、
どこまで知り得た状態で書いたか?で命運が決まるとも思う。

あれから8年経って、いろいろ知った。
夢のなかで、ネット上で、実践でいろいろ知った。

創造だけが作曲じゃない。
聞くこと、知ろうと思って聞くこと。
どこに真意があるのかと言う目線で見ること。

感じる力。それが創造力に転ずると思う。

もし、今学生時代に戻るとすれば。
自分が何を描きたいかを感じて、
それに必要な見聞をひたすら求めまくるだろうな。。と思います。

感じて⇒創造⇒また別の側面で感じて⇒創造

より立体的に、多次元的に、中身を掘り下げる。

想像の一方通行だけじゃ、限界が来る。
人の視界は、一方通行になりがちだから。