いっさくこんぴ第二弾にてバイオリンを弾いて頂きました

ずいぶんとお久しぶりです。時の迷い人の秋野です。
昨年11月より、音楽用のノートパソコンを新調して、設定に3ヶ月も費やしてしまいました。。素材集のリリースも控えてるというのに、長らくご無沙汰。

PC環境も制作ソフトも一新する中で、ひとつTwitter間で面白い企画が開催されてまして。以前のMacbookで作った最後の曲となるものを納品してまいりました。

参考リンク ⇒ いっさくこんぴ第一弾

 
プロのヴァイオリニスト(松本一策さん)に、色々な方の提供する楽曲を演奏してもらい、CDになって販売されるというものです。
曲を提供する側としては、ヴァイオリンの生演奏をオリジナル曲に無料で入れて頂けること、演奏側の視点で曲を感じ取ってくださる(気をつけるポイントなどが聞ける)のが楽しみな所。

ほら、パソコン上で作曲するって、実際の楽器を触って鳴らしてるわけじゃないので
感覚的に、こう、ほら。その音がどういう響きなのか意識があまり届かないんですよね。
特に音源というのは収録の限られた範囲でしか表現できない、DTMの弱点。
それが今回、一策さんの生演奏を入れて頂けて、ヴァイオリンに対する視野が広がりました。

音の響きが多彩に移り変わる。これが本物の音かと。
伴奏に合わせて、その演奏はリアルタイムで空間を表現してくれる。
で、音に込められたものが、機械演奏とは別物です。はるかに素晴らしい!
お陰で、ヴァイオリンに対する意識の勉強になりました。

濃密なスケジュールの中、まずは感謝を。ありがとうございます。

 
今回提供した曲は、3/1にリリースされます。
手前でデモ曲載せようと思うので、今は前段階として記事を上げます。

 
つづく。