スマホは情報収集ツール

人工衛星とのコラボで、画期的な情報収集ツールに進化を遂げたスマホpcそのた端末くん。

ユーザー一人一人が、国際エリート企業の目となり足となり、管理者権限を持って地球上のあらゆる場所や国々、そこに属する大衆意識などを同時に観測することが実現されました!

今、携帯端末はAppleかGoogleちゃんの二つのグループに分類できます。それぞれの強みを見ていきます。

Apple.
iPhoneやiPad…Macなど
端末からシステム開発まで、全て自社で賄っている。
統一された監視体制でデータを共有しやすい、ユーザーを紐付けにすることが得意。情報収集のエキスパート。

。本名
。住所
。電話番号
。メール履歴
。口座、クレカ情報
。写真
。連絡先
。位置情報!
。行動範囲
。指紋情報
。顔認識情報
。端末使用状況
。興味、関心
。音声識別による会話
。利用アプリ
。検索履歴
。Safariでのネットサーフィンの履歴
。メモの内容
。line等の内容
。端末内での書類データ
。ワクチン接種状況等

Google
端末はバラバラだが、ネット上での監視体制に秀でる。
誰もがGoogleで検索する時代、大衆の動向を見ながらの、与える情報の選別、コントロールが得意。

。名前
。支払い情報
。電話番号
。音声認識
。位置情報
。指紋情報
。検索履歴
。興味関心
。Gメール
。写真
。アプリ使用状況
。ラインの内容
。連絡先
。ネットの閲覧履歴

どっちも凄いが。
得意分野が違う。

さぁ、どっちを選ぶ?


スマホ最適化

スマホに求めるものを減らす

IT業界には益々隔たりを感じる。
一般人は、大層な技術など望んでいない。無駄にコストが大きくなりすぎている。

近年の、何でもかんでもスマホでやれてしまう所は修正を施す。
ぶっ壊れた時とか、使えなくなった時に洒落にならなくなるので、見直す。

電話、メール。インターネット。
最低でこんなもんか。

カメラ、ビデオ、
。。。これは、補足的。
デジカメでやってる時代があった。

個人情報紐付けされない強み。
ただしSNS前提の現代では、一般人に不向き。

録音や収録に関して。
これは専用のレコーダーがあった。
音屋なら、こっちの方がいいやん。

これなら様々なデジタル認証なども真っ白にして
ガラケーに逆戻りするのも手か。

。。。

スマホのために始まったwifi前提の通信インフラは、身体や健康面、暮らしの負担が膨大である。
通信インフラによる法外な出費増、これらで儲けた企業は益々設備に依存させる暮らしを勧める。それ無くして居られなくする。

悪循環。

主企業三者とも、全利用者に無言で問いかけている。

与えられる道具は、各々の目的によって自分で最適化しなければならない。

至極当然のごとく。
道具に踊らされるなど以ての外。

究極。切り捨て。いつの日か


OSの退化と対価

iOSの退化と対価

スマホ関連の色々試行錯誤中。
iPhoneの場合、恐らくiOS12.4までが安定してるか。

バージョンが進むにつれ、論外な機能が詰め込まれるが
それらを跳ね除けながら使おうとすると、サポート切れで新しく追加アプリの入らないスマホになる。

最新の、位置情報を始めとした様々なユーザー情報の詳細までを読み取られる現代のスマホは、悪用された場合のリスクが跳ね上がっている。端末情報はメーカー側が牛耳るが。その危険性は、把握せねばならない。

だからと言って、これまで通りスマホを使おうとすると、サポート切れなどで最新版のOSになることを余儀なくされる。

???

監視体制抜群の最新OSへようこそ?

???

謎。これらを捌く手間。
昔の環境で、その当時の利便性を再現できればいいが。、

間違いなくコロナ以前の環境の方が(もっと言えば10年くらいは前の方が)システムの弊害が少ない。当時のままの古い端末を選ぶメリットは十分にある。

winにしてもandにしてもiOSにしても、
主要OS全てが、ここまで退行するとは。。

唖然としている。


材料から自作しますか?

音楽製作を、インストゥルメント音源製作からやる。

やりますか?

大きな問題点があります。

楽器一つ作るのに様々な試行錯誤が要ります。
ピアノ、7回くらいはゆうに作り変えてようやく。
期間は半年ほどかかり、その間何もできませんでした。

これ以上ない仕上がりかつ、製品版では実装不可能と思われる純正調律を実現した。

が、調律を変える=他の既存音源と共存が難しくなる。

ということで、普段使いの音源全てを一から作り直し。
およそ一年半ほど時間を溶かしております。

で、いざ、曲作る際に。
そ、演奏して初めて、うまく行ったところとおかしな所と露出するので、今度は楽器の修正に追われます。

最新版の細かな音源ほど、編集作業が大変なものとなります。

曲作るのではなかったのかな??

しばらく、楽器を違和感なく鳴らす、というところに意識を持っていかれました。

その間、作る曲は、出音確認用の曲になってしまい、作品づくりで最も重要な、何のために作るか?がおざなりになってしまっております。

音源は選りすぐりの響きに仕上がったし、扱いやすい万能なものとなりましたが。

で、曲を作るとき。
色んな音源からジャストな音色を選び出して曲に当てはまる。
というのが、偶然にぴったり合った時の高揚感が。

自作音源の中でしか作れなくなると、遭遇できなくなりました。自作に囚われると、世界が限定的なものになります。

大問題だ。

あくまでも自作音源は普段使い用の、厳選に厳選を重ねたもののみにして、これからは膨大な数の既存音源との共演を目標にうごくべきか。、ふむ。、


こだわり所の違い

こだわって調整したピアノ音源が、
そもそも、今回の曲調に合ってない可能性。

普段作らないような雰囲気のなので、うっかり。
当初パスしてた他の既存ピアノ音源の中に
最適なのがある模様です。

ピアノ音源、複数使い分ける人多いの、こういうことなんね。
普段と違うスタイルで、別視点の良さを再発見できてよろしい。

本命ピアノの可能性も深まる。
最後の仕上げは曲終わった後かな。