げーむ作りの日々です

ひさびさのブログ更新です(。0 _ 0。)ノ
専らjavascriptでゲーム作成の日々が続いてます。

・プレイヤーが歩けるようになった!
・会話ができるようになった
・通行判定ができた
・背景スクロールができた
・スマホに対応(簡易版)した

ゲームデモも会話機能が充実したとこまで行きました。

会話イベント
⇒ メッセージ表示の完成形デモ(スペースキーでアクション)

ゲーム作りは全くのド素人。
今年に入って何もわからないながら、RPGみたいなの作るようになりました。
まだ基本的な動作の序の口も序の口。ゲーム作りってすっごい大変です。

何か、ただ歩くだけでも。
ただメッセージ表示するだけでも
そこに物体があって、触れるか触れないか?というだけでも

1こ1こ、プログラムしなくちゃならない。
もう2000行くらい行ってます。
それでも未だゲーム舞台の片鱗にしか至らない。

既存のゲームシステムには、まるで太刀打ち出来ないですね。
ツクールやwolfさん、素材やプラグインも含めてすごいのですよ。ゲーム作りの土台が整うって、並大抵じゃない。
この時代の凄さを通関してます。

unityとか、時代の最先端だろうなぁ…

それでも私がここまで作ってこれたのは、古都先生の弾幕STGフレームワークのお陰です。
大まかな身体の動かし方を教わって、今度は自分の身体で這って進んで、そのうち立って歩けるようになって…走りだせる。
何でも自分で動かせると、作ろうとするハードルがものっすごく下がります。とてもやりやすい。

なぜなら古都先生のフレームワークだから。
一切のムダがない、簡潔なソースコード。読む人が理解しやすい記述。
コレ以上に洗練されたプログラムがあるだろうか?というくらい。

最小限に与えられた重要な全てが理解しやすい形に、自分の手で自由に動かせるようになってきてる。
マップも、座標も、スクリーンも、演出も、システムに縛られることが無い…
ものすごく自由度の高いゲームが作れそうな気がしてます(‘ ‘*)

その分、時間も労力も空き時間の大部分をつぎ込む必要があるんですけどね。
半年間、サボりまくって未だ先流し。

仕事はどうした?
って、たまに思われてそうです…

大丈夫、仕事もしてます(‘ ‘*)
ゲーム開発に必要なのは、たっぷりの余力と時間。

私の場合は、月2〜3万くらいで生活できる環境を整えてるので
月に1曲、依頼を受ければ後は自由だったりするのです。。。
今後も一線で活躍するプロとして、このスタンスを貫くことでしょう。

足りないツールは、時間が補います。
時間で全て揃います。


15年前の作品展 ポケモンルビー時代の2次小説

雨が降っていた。
強く、激しく、荒々しい自然を彷彿させるかのように。
ザアザア……止まることの無い。大雨。

灰色の雲が、延々と空を覆っていて、ひとかけらの光も阻まれている。
音。灰色の音。気持ちすっきり。むしろもっと降って。

光。鋭く、強烈な閃光の見えた。
薄暗い昼時を、白日なまでに照らしたかと思うと、瞬く間に消える。
その数秒後…。

『ぴか〜ごろごろ〜〜。』

「なんだい?ぴかちゅう?」

雨がふるあめがふるあめめがるがるるる。
ふる雨と雷ぼうずとかめさんとともに降る。

「カパーン:」

どうやら……

……雷は怖いらしい;

雨の降る中、流星の洞窟で雨宿りする一人の青年がいた。
もうすぐ三十路に差し掛かるだろう、銀の髪が冴える。

世間を知らない。誰よりも知っているようで、何も知らない。
そんな風に、思う。
その青年、ダイゴは、帰り道を行く途中に雨に出会った。
エアームドと共にカミナリ様の逆鱗を浴びるのを避けるのには、すぐ近くの場所で雨宿りするほか無かった。
それでたまたま辿りついたのが、流星の洞窟。
銀の鳥を、ボールに避難させる。

「まあ、仕方ないといえば仕方ないね」

自分に、他人に言い聞かせる言葉。
今から行われるはずのリーグチャンピョン戦に間に合わなくなる。
代返は、だれかやってくれるか・・・…
ただただ時間が過ぎていくのも、かまわないけど。
どうだろう、折角きたのだから、中を探検してみるのも面白い。

洞窟。
氷、月、滝。と、なだらかに連なる光景。
不可思議に溢れた、ぐちゃぐちゃの配列。
月は浮遊対だ。お日様もある。
異様だ、洞窟の中は、もう一つの太陽と月と、世界が見えた。
また一つ、もう一つ。
月と太陽と、やわらかい砂地。綺麗な氷の結晶が、ところどころで煌く。

その中核を成しているのは、石。いし? 意思。意志、まさしく自分。
そう、自分だ。

滝があった。
昇る。たやすいことだ。もう一つ奥へ進み行くのも。
かつて自分は此処を通り過ぎたかもしれない。記憶は無いけど、感覚がそれに近い。

この場所は、自分の中で、もしくはこの場所の中で自分が存在している。
チャンピョンとしての彼である前に、どうしても無くてはならないものが、まさに其処にあった。

光だ。闇に蠢く、対称物だ。
紅く、紅く、真紅に輝く瞳。そして自分と同じ、銀の君。
誰よりもまず自分。けれどもその存在は違った。
食い入るような眼差しで、こちらを警戒してくる。
まるで、狼に魅入られた羊のように。
ただ頑なに拒もうとも、それを振りほどくことは不可能であって。

氷。映し出された、対の自分。

「アハハ、アハハハハハ……」

なんと疲れきった顔をしているのだろう。
これが自分か。ぼくの姿なのか。あはは。

自分が思ってた以上に老けている。
おっさん。良く見てもお兄さんとは言えない。
整った顔立ちだが、しわが目立つ。
ダイゴは凍りついた。『あはははははh』

時間というものは残酷だ。
気づかぬうちに、全ての存在を最果てへと誘う。
自分は永遠にかっこよきお兄様だと思ってたものが、見るも無残な姿に(と思ってるのは、本人だけだったとしても)
何が足りない、何かが足りない?

確かにあったもの、若々しさと、溢れるほどのオーラ。
今は……?

「そういえば、最近石ころ探検なんてしてなかったな」

かつて、唯一つの生きがいだったもの。
いろいろな場所で、めずらしい石を採取し、飾ること。

「こんなところに足を運んでまで、よく分からない石ころを拾ってたな」

もう一度、いや、またこれからも続けてみようか……

何を? 何が青年を突き動かすのか、ただ意味も無くひたすらに。
綺麗な石? めずらしい石?
そんなの他人から見ればガラクタさ。
いや、中にはホントに貴重なものもあるかもしれないけど。

そこらに転がる石ころと、彼の探す石ころと。
どこがどう違うのか、全ては彼の世界で、彼の世界の中に従う。

いし。いわのかけら、つきのいし、いわしのほね、あさりのかせき、いんせき?花崗のすな、
赤茶けたいし、たいようみたいないし、溶けた氷。月桂樹の葉っぱ。

なにがなにで、いったい彼の中でどうなっているのかは、彼にしかわからないけど。
子供のころのように、自由な心。
大切なもの。きっと大切だったもの。今の自分には見えない。そんなのガラくたぁ。

ダイゴは、時間を忘れて、何もかもをほったらかして遊んだ。
遊んでいるのは、大誤算。
だってほら、大事なお仕事あるのに、捨てちゃった。
もう後が無い? いいえ。今を生きる。

そんなの、大人の世界では通用しません。
自由が欲しかったら、それこそ心を解き放て。
もしも現実を生きるなら、心を縛れ。

どちらも。ダイゴサン……?
—^^;—だいごさん?

おかね〜お金? あります。お父様が、持ってまっす。
それに、チャンピョンって稼げるのさ。もういいじゃない。
これからは、素敵な世界と巡りあえるよう、ルビー君のように各地を旅歩くよ。
珍しい石が見つかったら、それが一生の宝物さ……。

きっとこれで、お金は無くなる。世界は広がる。
自分が野タレ死ぬその日まで、気まぐれに、気休めに。

それは彼の、石ふる夜の最果て。


時の迷い人15周年

2004年5月15日、初めて作ったホームページ「時の迷い人」を公開した日から、15年経ちました。

特に何もないです(‘ ‘*)
 

当時は、インターネットがエンターテイメント的な立ち位置でした。
ホームページといえば、各人が思い思いに、絵とか写真とか詩とか、好きなことの記録、簡単な自己紹介ページ、交流掲示板などをコンテンツに作ったものです。

ページのデザインとかもこだわったりして、ページ全体がまるで1枚の絵画のような、一つの世界観を形作るものだったり…音楽を鳴らして、ちょっと一休みしてみたり。

管理人さん、ホームページを作った人の人柄や世界観に触れて、味わって、交流する楽しみがありました。
 
コンテンツは小説から始まった作品公開の場+おまけで音楽素材屋。あと日常の考察的な何か。昔から割りと自分勝手にやってます。
作品作りに関して「気が向かないと作れない」ので、依頼とかも広く募集はせず、のんびりスタイルをとってます。

最近は1からゲームづくりに熱中してて周りが見えてません(。0 _ 0。)ノ

 
当時生まれた子どもたちが、もう高校生になるのですよね! 当時の感覚が懐かしく思える年代です。
今後も好きにやるので、気が向いたらどうぞまた会いましょう。

 
ときまよ
あきの


時の迷い人 曲作り再開のお知らせと、初のCDリリースについて

こんにちは、前回の音楽素材更新から丸2年くらいになります。
時の流れは無常で、気づけば時代に取り残されていたようです。
動画や高音質音源が主流になり、大容量ファイルが容赦なく飛び交う…(‘ ‘*)

昨今の音源は、ものっすご迫力と綿密さを兼ね備えた響きだなぁと思う傍ら。
ようやくLogic9(約10年前の音源)の扱いに慣れてきた。

最近になって素材曲の更新が再開できてきました。

 

今更感。。。
ちょっと更新止まってた経緯を書きます。

>> 続きを読む


音楽を作る夢

せみなーを受けてるような夢でした。
どうやって音楽作品を作ればいいか。

アフリカンな感じの方が聴衆席に座ってて
参加者なのに私が前に出て、教わった内容の実演とかしてた。

そう、これは「火」のイメージ。
アフリカンな方が、リズムを奏でて云う。
燃える火、皆で薪を囲んで踊るリズム。この音色が火のイメージを想起させる。

ダンダダダンッダダ
ダンダダダンッダダ
ダンダダダンッダダ
ダンダダダンッツツ

 

あなたに火のイメージが宿った。
これで火の曲が掛けるよ。

 
「こうして、一つの曲が作れるようになります」

どっからか講師の人がおっしゃいました。

 
「なるほど、では氷の曲が描きたいときは、氷のイメージを取り入れるのですね」
 

うむ、アラスカに棲む方のイメージに入って奏でよう。
氷の音。カキンカキン、キンキン、キン。

氷の音がやdる。
擦れば、火の音、氷の音、描けるように鳴る。

そして、それらを組み合わせる。
火と氷、自分の中で別々に組み合わさって、新しい音楽ができる。

×要素分くりかえし。
 

そっかー、そうだったかー。