高校生活の思い出とか振り返って

あまり良い思い出ではない体験談。
入る学校の選択をミスった。
ことで貴重な3年間棒に振る。

その反動で卒業後の密度の濃さ。

という思い出です。

もしもあの時、自分の行きたかった美術系の学校だったら、人生どう変わっただろうか。。と考える日はあります。

私は、大して行きたくもない学校に、やれ世間の評判が賞賛の目を向けるというボロクソな理由で、勧められるままに行くことになった。

まぁ悲惨なのは、自分の進みたい方向性と、その学校の方針が真逆であったこと。

行く意味あるのか??

高校中退とんでもない??まともな職場につけなくなるだろ??みたいな周りのイメージで、分からないままに、ひぃひぃ言いながら卒業した。あれは苦行だったな。。

3年間の空き時間ゲームやったくらいしか糧になってない。
他に何もない。

どれだけ無駄にしたんだ。

で、自分の価値観と方向性のみが信頼できるものだと学んだ。
高い授業料だった。

今だからこそ、学歴は飾り。退学程度は痛くもかゆくもない。寧ろ推奨するまである。。と言えますが。(自分のやりたいことやってた方が断然いいので)

大人の社会をさほど知らない中高生の状態で、何が必要か、何をしなくちゃいけないか?だなんて。

見分ける方が難しい。

頼みの綱であるはずの、親や、祖父母も、今とは時代が違う、当時の感覚で物を言われても宛にならない…ということが常である。

情報源が限られる。

そん中で、自分の本当に進みたい道を選べることが、どんなに素晴らしいことか。。

当時のネットにはだいぶお世話になりました。
偽名で、誰にも知られない場所で、独自の世界観を作って、詩や、音楽や、物語などをかいてる時間が、生き甲斐で、私の全てでした。

生きたい場所、成りたい自分を、自らの手で作り上げることができる。

これを少しでも体験できたことが、大きかった。


Mac(iOS)が死んでた件…

悲しみ。

スティーブが生きてた最後の年のMac。10年前、当時の基準でMacOS..を評価してた。

これは誤りだった。

A社は、いつの間にか金儲け至上主義の企業になり果てとったらしい。腐りかけの果実のように。

大盛況なiPhone、Mac、iPad…
その裏では、iCloudでユーザーを雁字搦めにしやがっておる。ほぼ無断で。

データ管理をiCloudでしかできんようにさせたな??

素人じゃ簡単には抜け出せんようにしたな?

くそ超高画質のデータで容量圧迫させて、無駄にiCloudサブスク契約やら大容量通信の契約やらを差し迫ってくれたな?

なるほど、これが人間社会。
10年前の性能で十分なのに、なぜ周りが64倍128倍くらいのスペックでも足りない足りないと申すのか、理由が解った。

windowsとMac。
androidとiPhone。

どれも同じ弊害を抱えてて選択肢がない。
まだwindowsやandroidが可愛く思える謎、IT社会はそろそろ滅びるんかな???

最新機種は軒並み、ユーザーの選択肢消えた。

こいつらガラクタ(‘ ‘*)

 
今後は中古カスタムの時代や


ワクチン解毒法(将来的に

枇杷の種

解毒の可能性。として。
今は頭の片隅に入れる程度のメモ。


オフグリッド実現への第一歩

素晴らしいヒントです!
(各個人で応用すればいい


ぐで~ん、だらだら生活

どうも、ると૮๑ˊᯅˋ๑どす。
雨が降りまくって、することなかれです。

どろ~ん、だらだら生活まんきつ。