ピアノ音源を一から組み立てて得られた発見

出来上がっている音源をバラして一から組み立てるような人はいなさそうなので、ちょとばかり数奇な発見を書き留めます。参考になるかは分からない。

打鍵(ベロシティ)の強さと音量(-db)変化

おおよそlog()の変化。
直線的な変化じゃなく、打鍵が小さくなるほど音量が大幅に小さくなっていく。

という前提で組んだ方が演奏しやすい感じだ。

収録の日付は、調律バランスと関係

夏場と冬場で、ピアノの調律は加減が変わる。同じように調律してたとしてもHzが微妙に変化する。

何ヶ月も渡って入念に収録されているピアノサンプルの場合、収録した日付のズレは頭の片隅に入れておいた方がいい。

例えば、今回ペダルレゾナンスと通常のサンプルは、別々の日に録られているかもしれない。
ペダル入りはピッチがやや下がり気味。
このままで良い?
それとも少しピッチ上方修正?

この点は「通る」案配で試すしかない。

ド、ファ、ソ

平均律でも、純正の整った響きに近い組み合わせ。

ド。ファ。
ソ。ド。

この鍵盤の配置とか音の比率で、オクターブ毎に調整していくと良い感じだった。

和音の響きが凄まじく良い。

高音になるほどピッチ↑
低音になるほどピッチ↓

これはピアノの構造上、ピアノ線の圧を左右バランスよくするためにこうなってる?

変化はわずか。
差を残す方がよいのか?
僅かに調律を施すべきか?

若干に抑える。

ハーフペダル

アンプエンベロープ?で、サスティンを0、ディケイタイムを数秒。

リペダル

ペダルの加減で、レゾナンス共鳴の音量を急激に下げたり元に戻したり。

スタッカート

短い音ほどリリースサンプルを強く。
サスティンが長いほどリリースは減少。

製品版は完璧ではない

一般的な製品版は、あくまでも万人向けの調整を目指しており、私の目指すところではない。

以上。


生きた本×人数分

人生の中で、これまで出会ってきた色んな人たちがいる。

普通の人もいるが、色んな何かに特化した人がいる。性格も違う。

ちゃんとその人のことを理解しているなら、理解できてる範囲で、その人のイメージを、目の前に走らせることができる。

モノの考え方
行動パターン
問題への対処の仕方
どの方向に進んでるのか

精度は… 理解度による…

明らかに他の人は、自分とは考え方の異なる、此処に気づいてからは大分精度が上がったような。

これを活用すると、同時に色んな人生の楽しみ方とか、可能性を走らせることができるのかな~と思ったり。

自分の内側にその人たちがいて、同時に違う人生を生きている感覚

何かの問題解決のスピードも、×数人分くらいは早くなっていってる気がする。


スマホ(通信sim)を捨てる案

ネット環境は、集落の集会場に一つあれば良いという考え。

昔の連絡板みたいなもので十分だろと思い至りました。

要らないよなぁ、スマホ。

昔ながらの暮らしを営んでる方が隣の町にいらっしゃって、そこで久々に黒電話、ダイヤル式!

で連絡とってるのを見て、感銘を受けてしまいました。

何十年、多分何世代か分の時代を経ても、現代でそのまま使える!!

今のスマホは二年で買い換え…どんだけ無駄使いしてるんや。

端末捨てればクソくだらない情報全てシャットアウトできるし。連絡も不用意なのは来ない。

手紙が良いよね。

一通りネットにお世話になったから、言えるのだけど…

まぁ、必要なら。
独自通信規格でも、その辺の子たち開発するかな?

端末抜きで通信できる奴。つまり人間の身体一つでコントロールする規格ね。大人の都合抜きに本人の意思で動かしまくる術を編み出してね??

在るので。そういうのが。
どうせ5Gはゴミ規格で産廃になるので。

あとは、電柱も電線も何とか撤去したいなぁ。と思ってます(‘ ‘*)♪

ゴミ掃除、手伝ってくれたら喜びます。皆が。


sfizzインストールメモ

Linux対応サンプラープラグイン。

https://sfz.tools/sfizz/development/build/

下準備
sudo apt install libjack-jackd2-dev libsndfile1-dev libcairo2-dev libfontconfig1-dev libx11-xcb-dev libxcb-util-dev libxcb-cursor-dev libxcb-xkb-dev libxkbcommon-dev libxkbcommon-x11-dev libxcb-keysyms1-dev libglib2.0-dev libpango1.0-dev zenity

libbenchmark-dev

その後に本体のインストール


高校生活の思い出とか振り返って

あまり良い思い出ではない体験談。
入る学校の選択をミスった。
ことで貴重な3年間棒に振る。

その反動で卒業後の密度の濃さ。

という思い出です。

もしもあの時、自分の行きたかった美術系の学校だったら、人生どう変わっただろうか。。と考える日はあります。

私は、大して行きたくもない学校に、やれ世間の評判が賞賛の目を向けるというボロクソな理由で、勧められるままに行くことになった。

まぁ悲惨なのは、自分の進みたい方向性と、その学校の方針が真逆であったこと。

行く意味あるのか??

高校中退とんでもない??まともな職場につけなくなるだろ??みたいな周りのイメージで、分からないままに、ひぃひぃ言いながら卒業した。あれは苦行だったな。。

3年間の空き時間ゲームやったくらいしか糧になってない。
他に何もない。

どれだけ無駄にしたんだ。

で、自分の価値観と方向性のみが信頼できるものだと学んだ。
高い授業料だった。

今だからこそ、学歴は飾り。退学程度は痛くもかゆくもない。寧ろ推奨するまである。。と言えますが。(自分のやりたいことやってた方が断然いいので)

大人の社会をさほど知らない中高生の状態で、何が必要か、何をしなくちゃいけないか?だなんて。

見分ける方が難しい。

頼みの綱であるはずの、親や、祖父母も、今とは時代が違う、当時の感覚で物を言われても宛にならない…ということが常である。

情報源が限られる。

そん中で、自分の本当に進みたい道を選べることが、どんなに素晴らしいことか。。

当時のネットにはだいぶお世話になりました。
偽名で、誰にも知られない場所で、独自の世界観を作って、詩や、音楽や、物語などをかいてる時間が、生き甲斐で、私の全てでした。

生きたい場所、成りたい自分を、自らの手で作り上げることができる。

これを少しでも体験できたことが、大きかった。