2019年自然災害から感じること

台風、通り過ぎましたかね。
。。。はぁあ。。。何て危ういんだ。。。

食べるものがないと生きていけない。
そんな当たり前のことが、食べたいものが買えないという事実が。突き刺さる。

お金。

 
アマゾンの森林火災。
ロシアの森林火災。

気流の乱れがすさまじい。
地球規模の大災害の片鱗か。
 
 

ちょいと話長くなるよ。
暇な人だけ流し読みしてってください。

まず、これまでに培った、経営者視点の話をしてみる。

お金は、単なる解決手段の一つ。
生活の細々したこと、例えば炊事、洗濯、掃除、とか。
日常の雑事に囚われること無く、好きなことだけに時間を費やせるようになる。

そのためにはお金を稼がねばならないが、好きなことでお金稼げるならその方が良いよね?ってところ。

 
私はその考えに大賛成なんですよ。

ずっと街中で暮らしてた感覚が染み付いてる、好きな音楽で食べていけるなんて素敵じゃないですか。

そんな暮らしが成り立つのは、田舎で、大変な思いをしてお米を作ってくださる農家さんだったり、野菜を作って出荷してくださる様々な方の力添えあってのことなんだけれど。。

 

ただ現実に、田舎に来て、農の実情を肌身で体感した。ら、
そんな暮らしの危うさを、同時に味わうことになった。

私の棲む場所では、米作りを行う平均年齢が70歳以上のお年寄りばかり。
しかも機械や農具メンテナンス代を合わせれば、採算の合わない事業。赤字。

そうした実情の上で、日本人の主食「お米」は作られてる。
あと10年もしないうちに、自国の稲作文化は滅ぶかもしれないね。

で、今回の台風。そんな稲も、ばったばった倒れて収量減ってるでしょ。
東北の震災から始まり、九州の地震や洪水、北海道の地盤崩れ、そして千葉、関東方面へ。

生活の基盤「食」を賄ってる所中心に被害受けてる、食べ物の確保、もう宛にならなくなってきてる。
小麦を大量湯流する? 薬漬けの遺伝子組み換えの畏れのあるような、犬の餌みたいな扱いのアレ。

 

此のご時世の有様を馬鹿みたいに思うのよ。
そもそもお米って、田んぼってふざけてるよねって。
年がらお世話しないと食べていけないような、貧弱な作物。よくこんなもの主食にしたね?って。

手作業で体感するよ。春に種まき、あ〜んな広大な面積の土耕し、苗植え、水の管理、そして延々と草取り。
やっと収穫と思ったら、今度は掛け干し、脱穀、そして籾摺り。これでやっと食べれるようになる。
のに、保管方法を失敗したら露にはカビが来て捨てなければならない始末。
 

機械で管理してるから、一見楽に出来てるようで居て、その機械代というのが500万とか、馬鹿みたいに高い。
そんなん機械導入のコストで、働きに出らんと無理やわ。アホか。

こうして苦労して作られた日本人の主食は、どうもね、無理が来てる。
やっぱり此処に原因があるような気がするんすよね。

 

田舎で延々と米作りとか、嫌になるよ。
街中で、食べ物自動配給されながら好きなことだけで暮らしていたい。
面倒なことは全部、親世代にでも押し付けてね。。

て、高度経済成長期より、都会に出た人は思ってたんじゃないかなぁ。

 
 
なんで、あんな労働しなくちゃいけないんだろう。
っていう仕組みが、日本の稲作文化というのが2000年来に渡って続けられてきた。

私は今までお米食べて育ってきたから、お米の美味しい料理法しか知らない。馬鹿みたい。
山にはもっと、たくさんの恵みがあるのに。。わからない。。。。

 

食べ物が自動的にできて、好きなときに食べれて、後は好きなことだけやって生きていける。
そんな場所は、間違いなくあると思うんですよね。。。私はそれを実現したいと思ってる。

この間、ちょびっと放した食べられるドングリ(マテバシイ)もその一つ。
あれ、人は一切の手を加えていないのに、秋になったらたくさん落ちるんですよ。生えてる山で。

リンゴやミカン、アーモンドや胡桃、そういったものも勝手に成って食べれるようにできると思うんですよ。
三つ葉とか、大根とか、春の野草とか、勝手に生えてくるんですよね。。銀杏とか柿とか、勝手にできてますね。

 
食べられるものの見極めさえできれば。。

 

ね、なのに、稲作文化の発展以降、そういった山の恵みが軒並み田んぼに変えられてしまうじゃないですか。
お米しか育てない、お米しか食べない、単一、単作、それでもって労働必須。そんな仕組みに変えた世代、子らは従うほかないという圧力を携えて。村社会。

日本人はよく働くね。
って、あれ。褒め言葉じゃないからね?

 

そういった内心、めんどくさいキツいやりたくないが、時が経つに連れ、機械化、都市への人口流通。若者離れ。
そんでもって、食べ物は他人任せで、自分は好きなことだけやって生きてく!

年々、見捨てられていく山々、田んぼ、が、もっと稼ぎの良いマンションとか駐車場に置き換わっていく。
コンクリート付で、呼吸のできない土が死に、水の通り道が塞がって洪水リスクが上がる。コンクリート堤防でせき止めるは良いものの、それが決壊した時の大惨事は避けれられない。

ああ、原発とかいう爆弾もたくさん設置されましたし。
今度は5G通信規格で軒並み殺しにかかりますかね。受粉に必要なミツバチたち。退避させないとね。あの子たち電波嫌いだから。

 
ああ、そもそも現行の田んぼは水の流れを殺してるし、水利権の争いも産んでるね。そんで
どっかの水がせき止められたら機能しない危うさも兼ね備える。だから村では集団行動必須なんだよ。一つでも乱したら全体が機能しなくなるから。

馬鹿みたい。。。

 

 
お金で解決するって良いですよね。簡単で。そういう面倒事から全部解放される。
私は、街中に暮らしてた感覚でずっといるから、今もそう。

そんな大変な米や野菜作りなんてまっぴらごめん、勝手にできればいいと思ってる。
人間が、ずっと栽培を続けてきた歴史が、もはや人のお世話なしには育たないような貧弱な食べ物しか見えなくさせてる。

日々の糧を得るための労働だけでは、それ以降の発展を考える余力を与えない。
そんな雑事はどうでもいい。金の力を使ってやるべきことだけやる。

こうして日々の糧を、他人に依存しながら、勝手に実のなる木が育って、果物やナッツができて、野草やハーブが充実して、お花が咲いて。
台風や災害の意味を考えながら、豪雨や地震、暴風をものともしないような、場所になってほしい。。

 
 

3年。経ちました。
何も出来てない。ゴミ拾いくらい。

背丈ほどもある硬い雑草、笹で埋め尽くされ、通行不能で、何か植えるどころではない。
ゴミが至る所に打ち捨てられてる。

 
こんな場所を誰が引き継ぐんだ? 先代???

 

私も非常事態では飢え死にかもしれないかな。楽に食べられるようになるまであと何年かかるんだろう??

 
このまま日本滅ぶかな??

 

て思いつつ、日々の糧を親しい人々から支えていただいて、
遊んで暮らしてます(o _ o。)

そろそろ曲の依頼を再開するかな。

 

謎。


次世代マンションの夢

街中に遊びに行って、面白いマンションができたということで仮住まいさせていただく夢を見ました。
そこはせいぜい5〜7階建てくらいで、建物の外観は長方形に広い。

内観は、昔の木造建築を思わせるような、木の温かみのある作りだった。
で、仕切りというのが暖簾みたいな簡素なもの、扉がない。
下は絨毯だったり御座が敷かれてある。

 
住民たちにそれぞれのスペースが決められてはいるものの、
お部屋の内訳は「共用スペース」(二十畳くらい??)が主であり、通路を兼ねてる場所もある。
そこにある備品は私物というより、他人が使っても構わない前提のものしか置かれていない、ごちゃごちゃしてない分とても広く感じる。

 
そして共用スペースを過ぎた奥まった場所にプライベートルームがこじんまりと、
ここは誰でもは入られないようにしてあるし、そういう決まりが住民の間で浸透してるみたい、

 
驚いたのは、住民の子供たち。
子供たちは、殆どの共用スペースに出入り自由!って。なってるみたい。
色んなスペースの場所に遊びに行って、おもちゃで遊んだりカードゲームしたり、
たまにその住民の大人が混ざって遊んだりもしてる。

私も混ざってみる。おおお。

 
引っ越した当初、なぜか私のお部屋に、隣の子ども??のおもちゃの積み木?プラが散乱してあって
注意しに行こうと思ったら、ああ、ここでも気軽にお隣の共用スペースに入れるものだから
何となく事情を察したりして。

 
たぶんシングルだと思われるお母さんが3人集まって、そこの子供たちも合わさって、みんなでスペースを間借りしてた。
普通の区切られたマンションだと狭そうだけど、此処では何か十分な広さだなって思えた。

子供たちは自由を許されるが、何かしでかした場合、注意するのはそのスペースの大人の役目(権限)になってた。一番の発言権がそのスペースの住人にある。
常にお母さんだけが目を見張る必要もなく、あるていど、周囲の大人たち皆で子供たちを見ていられるような作りになってる。

何かあったら、お母さんに文句をいうのではなく、子供たちに直接。。。
と、お話をしようとしたら、何か子供たちと仲良くなってしまった。。
結局、お部屋におもちゃは置いていいよ、好きなときに遊びにおいでってなった。

 
お隣との境目っていう概念が、わりと薄い感じ。
でも、住む場所やスペースを自分で選ぶことができる。
住民たちが、共用スペースをどのような作りにしてるかで、性格とか人柄とか趣味の違いも各々感じられて面白い。
 
間借りするとはいえ、その部屋はほとんど誰でも入ったり通ったりできるようになってるから、。気軽に同じフロアの人とご飯を共にしたり、飲んだり、時間がある人同士でおしゃべりしたり。

 

あと、1階にはお庭が広がってた。雨水を貯めた貯水タンクから水を流して、お庭に池?を作るような仕組みも作ってあったが
ここは、管理人さんが設計したのだと。。? ん、自分たちでお庭を整備することも。で、とった野菜などは、フロア内の小さな売店(売店スペースまである?!0)で格安で売られてて、
住民たち同士で小さな売ったり買ったり、というのが成り立ってる。自作のパンやお菓子も売られてた。

モーニングのコーヒーを入れるサービスも人気だった。これも住民の一人が同じフロアの人に向けてやってる。。

 
お互いのやりとりが気軽で、そこそこ住民同士がコミュニケーションをとれるものだから、
なかなか安心して住めそうだなって思いました。
 

そういうマンションを設計して建てた変わり者の人が居たんだって。
次世代の住まい環境なのかもな〜って思ったのでした。

ちなみに家賃は月2〜3万くらいでした。
 

 
謎。


げーむ作りの日々です

ひさびさのブログ更新です(。0 _ 0。)ノ
専らjavascriptでゲーム作成の日々が続いてます。

・プレイヤーが歩けるようになった!
・会話ができるようになった
・通行判定ができた
・背景スクロールができた
・スマホに対応(簡易版)した

ゲームデモも会話機能が充実したとこまで行きました。

会話イベント
⇒ メッセージ表示の完成形デモ(スペースキーでアクション)

ゲーム作りは全くのド素人。
今年に入って何もわからないながら、RPGみたいなの作るようになりました。
まだ基本的な動作の序の口も序の口。ゲーム作りってすっごい大変です。

何か、ただ歩くだけでも。
ただメッセージ表示するだけでも
そこに物体があって、触れるか触れないか?というだけでも

1こ1こ、プログラムしなくちゃならない。
もう2000行くらい行ってます。
それでも未だゲーム舞台の片鱗にしか至らない。

既存のゲームシステムには、まるで太刀打ち出来ないですね。
ツクールやwolfさん、素材やプラグインも含めてすごいのですよ。ゲーム作りの土台が整うって、並大抵じゃない。
この時代の凄さを通関してます。

unityとか、時代の最先端だろうなぁ…

それでも私がここまで作ってこれたのは、古都先生の弾幕STGフレームワークのお陰です。
大まかな身体の動かし方を教わって、今度は自分の身体で這って進んで、そのうち立って歩けるようになって…走りだせる。
何でも自分で動かせると、作ろうとするハードルがものっすごく下がります。とてもやりやすい。

なぜなら古都先生のフレームワークだから。
一切のムダがない、簡潔なソースコード。読む人が理解しやすい記述。
コレ以上に洗練されたプログラムがあるだろうか?というくらい。

最小限に与えられた重要な全てが理解しやすい形に、自分の手で自由に動かせるようになってきてる。
マップも、座標も、スクリーンも、演出も、システムに縛られることが無い…
ものすごく自由度の高いゲームが作れそうな気がしてます(‘ ‘*)

その分、時間も労力も空き時間の大部分をつぎ込む必要があるんですけどね。
半年間、サボりまくって未だ先流し。

仕事はどうした?
って、たまに思われてそうです…

大丈夫、仕事もしてます(‘ ‘*)
ゲーム開発に必要なのは、たっぷりの余力と時間。

私の場合は、月2〜3万くらいで生活できる環境を整えてるので
月に1曲、依頼を受ければ後は自由だったりするのです。。。
今後も一線で活躍するプロとして、このスタンスを貫くことでしょう。

足りないツールは、時間が補います。
時間で全て揃います。


15年前の作品展 ポケモンルビー時代の2次小説

雨が降っていた。
強く、激しく、荒々しい自然を彷彿させるかのように。
ザアザア……止まることの無い。大雨。

灰色の雲が、延々と空を覆っていて、ひとかけらの光も阻まれている。
音。灰色の音。気持ちすっきり。むしろもっと降って。

光。鋭く、強烈な閃光の見えた。
薄暗い昼時を、白日なまでに照らしたかと思うと、瞬く間に消える。
その数秒後…。

『ぴか〜ごろごろ〜〜。』

「なんだい?ぴかちゅう?」

雨がふるあめがふるあめめがるがるるる。
ふる雨と雷ぼうずとかめさんとともに降る。

「カパーン:」

どうやら……

……雷は怖いらしい;

雨の降る中、流星の洞窟で雨宿りする一人の青年がいた。
もうすぐ三十路に差し掛かるだろう、銀の髪が冴える。

世間を知らない。誰よりも知っているようで、何も知らない。
そんな風に、思う。
その青年、ダイゴは、帰り道を行く途中に雨に出会った。
エアームドと共にカミナリ様の逆鱗を浴びるのを避けるのには、すぐ近くの場所で雨宿りするほか無かった。
それでたまたま辿りついたのが、流星の洞窟。
銀の鳥を、ボールに避難させる。

「まあ、仕方ないといえば仕方ないね」

自分に、他人に言い聞かせる言葉。
今から行われるはずのリーグチャンピョン戦に間に合わなくなる。
代返は、だれかやってくれるか・・・…
ただただ時間が過ぎていくのも、かまわないけど。
どうだろう、折角きたのだから、中を探検してみるのも面白い。

洞窟。
氷、月、滝。と、なだらかに連なる光景。
不可思議に溢れた、ぐちゃぐちゃの配列。
月は浮遊対だ。お日様もある。
異様だ、洞窟の中は、もう一つの太陽と月と、世界が見えた。
また一つ、もう一つ。
月と太陽と、やわらかい砂地。綺麗な氷の結晶が、ところどころで煌く。

その中核を成しているのは、石。いし? 意思。意志、まさしく自分。
そう、自分だ。

滝があった。
昇る。たやすいことだ。もう一つ奥へ進み行くのも。
かつて自分は此処を通り過ぎたかもしれない。記憶は無いけど、感覚がそれに近い。

この場所は、自分の中で、もしくはこの場所の中で自分が存在している。
チャンピョンとしての彼である前に、どうしても無くてはならないものが、まさに其処にあった。

光だ。闇に蠢く、対称物だ。
紅く、紅く、真紅に輝く瞳。そして自分と同じ、銀の君。
誰よりもまず自分。けれどもその存在は違った。
食い入るような眼差しで、こちらを警戒してくる。
まるで、狼に魅入られた羊のように。
ただ頑なに拒もうとも、それを振りほどくことは不可能であって。

氷。映し出された、対の自分。

「アハハ、アハハハハハ……」

なんと疲れきった顔をしているのだろう。
これが自分か。ぼくの姿なのか。あはは。

自分が思ってた以上に老けている。
おっさん。良く見てもお兄さんとは言えない。
整った顔立ちだが、しわが目立つ。
ダイゴは凍りついた。『あはははははh』

時間というものは残酷だ。
気づかぬうちに、全ての存在を最果てへと誘う。
自分は永遠にかっこよきお兄様だと思ってたものが、見るも無残な姿に(と思ってるのは、本人だけだったとしても)
何が足りない、何かが足りない?

確かにあったもの、若々しさと、溢れるほどのオーラ。
今は……?

「そういえば、最近石ころ探検なんてしてなかったな」

かつて、唯一つの生きがいだったもの。
いろいろな場所で、めずらしい石を採取し、飾ること。

「こんなところに足を運んでまで、よく分からない石ころを拾ってたな」

もう一度、いや、またこれからも続けてみようか……

何を? 何が青年を突き動かすのか、ただ意味も無くひたすらに。
綺麗な石? めずらしい石?
そんなの他人から見ればガラクタさ。
いや、中にはホントに貴重なものもあるかもしれないけど。

そこらに転がる石ころと、彼の探す石ころと。
どこがどう違うのか、全ては彼の世界で、彼の世界の中に従う。

いし。いわのかけら、つきのいし、いわしのほね、あさりのかせき、いんせき?花崗のすな、
赤茶けたいし、たいようみたいないし、溶けた氷。月桂樹の葉っぱ。

なにがなにで、いったい彼の中でどうなっているのかは、彼にしかわからないけど。
子供のころのように、自由な心。
大切なもの。きっと大切だったもの。今の自分には見えない。そんなのガラくたぁ。

ダイゴは、時間を忘れて、何もかもをほったらかして遊んだ。
遊んでいるのは、大誤算。
だってほら、大事なお仕事あるのに、捨てちゃった。
もう後が無い? いいえ。今を生きる。

そんなの、大人の世界では通用しません。
自由が欲しかったら、それこそ心を解き放て。
もしも現実を生きるなら、心を縛れ。

どちらも。ダイゴサン……?
—^^;—だいごさん?

おかね〜お金? あります。お父様が、持ってまっす。
それに、チャンピョンって稼げるのさ。もういいじゃない。
これからは、素敵な世界と巡りあえるよう、ルビー君のように各地を旅歩くよ。
珍しい石が見つかったら、それが一生の宝物さ……。

きっとこれで、お金は無くなる。世界は広がる。
自分が野タレ死ぬその日まで、気まぐれに、気休めに。

それは彼の、石ふる夜の最果て。


時の迷い人15周年

2004年5月15日、初めて作ったホームページ「時の迷い人」を公開した日から、15年経ちました。

特に何もないです(‘ ‘*)
 

当時は、インターネットがエンターテイメント的な立ち位置でした。
ホームページといえば、各人が思い思いに、絵とか写真とか詩とか、好きなことの記録、簡単な自己紹介ページ、交流掲示板などをコンテンツに作ったものです。

ページのデザインとかもこだわったりして、ページ全体がまるで1枚の絵画のような、一つの世界観を形作るものだったり…音楽を鳴らして、ちょっと一休みしてみたり。

管理人さん、ホームページを作った人の人柄や世界観に触れて、味わって、交流する楽しみがありました。
 
コンテンツは小説から始まった作品公開の場+おまけで音楽素材屋。あと日常の考察的な何か。昔から割りと自分勝手にやってます。
作品作りに関して「気が向かないと作れない」ので、依頼とかも広く募集はせず、のんびりスタイルをとってます。

最近は1からゲームづくりに熱中してて周りが見えてません(。0 _ 0。)ノ

 
当時生まれた子どもたちが、もう高校生になるのですよね! 当時の感覚が懐かしく思える年代です。
今後も好きにやるので、気が向いたらどうぞまた会いましょう。

 
ときまよ
あきの