最新のKomplete音源が出番なし

自分でも何がなんだか。
PCを新調した際、最新の音源をトコトン使い倒そうと思って怒涛のカスタマイズを繰り広げた結果…

Kompleteくんが置き去りにされた(o _ o。)

 

この子は容量食いだから、その他の部分はできる限りスペース空けた。
もうすでに完成された音、すぐに素晴らしい品質のサウンドを再現できる。
Kompleteは、500GBのデータに凝縮?(いや、この場合は何というんだろう?)
手に触れた瞬間から、なんかすさまじい感覚を覚えたものです。

 

今でも、Kompleteは一定の品質を約束する優れた音源だと思ってます。

 

なのに、ごめん不採用。
きっとプロ制作現場では必需品に近いと思う。
なのに、使えなくなってしまいました。

 

品質をお金で解決する手段を、自分が許さないみたい。
1から作るっていうのを、また半年近くも掛けてやってしまいました。

メインで使うのはlogic9付属のもの。使い慣れた昔の音源で、もう15年前のものですね。
それを現代のDAWの技術で、1から磨き上げました。
一音一音設定。楽器の特性をみて、音の響き方がどのように変化するかをイメージして。

音の描き手が、その楽器を現実に演奏するかのように、心のままに響かせるように。
意識が染み渡る。染み渡っていく。そんな調整。
 

こんどリリースする素材集で、
以前の音と、新しい音で演奏しなおした状態の2パターン収録予定。
元が同じ音でも、もしかしたら違いが。見えてくるかなって。

これから最後の1曲を作って、音の感覚を見なおして見る予定です。

 

たぶん、オーダメイドっていうのかな。
制作スタイルに合わせた道具のカスタマイズ。
職人さんが道具を磨き上げていくこと。

その一端に触れた経験でした。
15年前の、初めて音楽に触れた当時にリリースされた音源が
私の経験と共に、音源もいっしょに成長していく感覚です。

特別なものです。

 

既成品の出番が無くなってしまいました。
そんなもんかもしれません。

あの欲しかったリヴァーブプラグインも。
買ったのにLinuxでは動かない。

ならば自分で、既存のもので調整する。
すると、求めていた残響の効果が出来あがった。

。。。。。

なんでいつもこうなるんでしょうね。

1から仕組みを知って、
自分で組んで納得できないと
それを使う気になれないみたい。

Linuxの選択も、結局そういうことだろうし。

Linuxはことごとく製品版の認証を受け付けません。
自分で1から作れと申している。最初から不要だって。

わかったよ。だから特別を求める場合にしか、Linuxという選択肢は有りえないんだね。

 

ごめんなさいKomplete。
今回は、お迎えすることができません。

どこかで活躍の機会が訪れることを祈ります。


音源の響きに触れる調整

DTMで再生する楽器のサンプル=音源

今まで有料音源に触れる機会なかったので知らなかったのですが、音源選びの重要なポイントと思われる部分は「収録時のコンセプト」でした。

昨今では非常に高機能なサンプル再生のできるkontaktというソフトを使った音源が主流で、多くがkontakt用に収録され、調整されています。

kontaktって、ブラックボックスみたいなもの。
それを介してサンプルを再生すると、不思議と良い音が鳴る。

なぜ??って所にはなかなか目が行かず、昨今の素晴らしい音源そういうものだと認識するのです。

で、元のサンプルからwavファイルを抽出することもfullバージョン対応のなら出来るのですが、そのwavきくと「こんなもんか??」ってなる。
別に何てことない。ただ楽器が収録された音で。ドライの素の音。

kontaktではサンプル音源が綺麗に響くよう色々内部プログラムが組まれてたりして。感心する部分も多々ありました。

で、それは一昔前の付属のサンプラーだと、機能が足りずになかなか厳しいかったと思います。
最近のDawだと付属のでもなかなか何とか生る感じです。

ちゃんと調整すれば。です。

音源をきれいに鳴らす為のポイントは
ダイナミクスを小さいから大きいまでの変化が流れるようにすること。
楽器のもつ残響音を自然に響かせること。

基本は大きく二つかな、これだけで有料のkontaktにもいくらか匹敵する調整ができてくると思います。

少なくとも「音質」の面では最低限のサンプルでもカバーできます。

音源でどうにもならないのが、収録時のコンセプトです。何を持ってその音が演奏されてるか。
例えばビブラートを収録したソロ弦があったとして、ただ単に揺らしてるだけのサンプルは無価値です。ごめんね。

そんな機械みたいに一定のビブラート。。

じゃなくて、それがどのようなフレーズの流れを想定して鳴らされてるか?って考えられてると、途端にそのサンプルの活かす場面が見えてきます。

あと奏者の演奏に対する姿勢とか。
サンプル集の設計概念とか。
そこからくる音源収録時の監督の指示とか。
ああ、スタジオの空気感もでますね。

優秀な音源と、そうでない音源の差で、自分の曲制作に活用できるかどうか判断がつくようになる。
最重要項目だと理解します。

解像度は二の次。
値段に騙されてもいけない。
リリース時期も判断材料にはならない。

可能なら素のサンプルの音を聴いて判断できるといい。


いっさくこんぴ第二弾にてバイオリンを弾いて頂きました

ずいぶんとお久しぶりです。時の迷い人の秋野です。
昨年11月より、音楽用のノートパソコンを新調して、設定に3ヶ月も費やしてしまいました。。素材集のリリースも控えてるというのに、長らくご無沙汰。

PC環境も制作ソフトも一新する中で、ひとつTwitter間で面白い企画が開催されてまして。以前のMacbookで作った最後の曲となるものを納品してまいりました。

参考リンク ⇒ いっさくこんぴ第一弾

 
プロのヴァイオリニスト(松本一策さん)に、色々な方の提供する楽曲を演奏してもらい、CDになって販売されるというものです。
曲を提供する側としては、ヴァイオリンの生演奏をオリジナル曲に無料で入れて頂けること、演奏側の視点で曲を感じ取ってくださる(気をつけるポイントなどが聞ける)のが楽しみな所。

ほら、パソコン上で作曲するって、実際の楽器を触って鳴らしてるわけじゃないので
感覚的に、こう、ほら。その音がどういう響きなのか意識があまり届かないんですよね。
特に音源というのは収録の限られた範囲でしか表現できない、DTMの弱点。
それが今回、一策さんの生演奏を入れて頂けて、ヴァイオリンに対する視野が広がりました。

音の響きが多彩に移り変わる。これが本物の音かと。
伴奏に合わせて、その演奏はリアルタイムで空間を表現してくれる。
で、音に込められたものが、機械演奏とは別物です。はるかに素晴らしい!
お陰で、ヴァイオリンに対する意識の勉強になりました。

濃密なスケジュールの中、まずは感謝を。ありがとうございます。

 
今回提供した曲は、3/1にリリースされます。

 
いっさくこんぴ2のご案内


制作環境の心機一転

割りとハードル下げたい人です。
こんにちは(。0 _ 0。)ノ

・ピアノ弾けなくても曲は作れる
・楽譜読めなくても曲は作れる
・付属音源だけでも曲は作れる
・メモリ4GBでも曲は作れる
・キーボード無くても曲は作れる

これまでの創作。曲作り。
なんか何かが無くても作れる意識でやってるみたいな感じでした。

〜があればもっと良い曲がとか、良い音がとか。足りない言い訳。
周りと比べだすとキリがなくなるので、自分なりに工夫しながら。工夫点に強みを見出しながら騙し騙し。

すっごーく制約の多い感じだったかも?
でも、何となくこれまでリリースしてきた曲は、そういった誰でも揃えられるような環境でやってきました。技術的にも貧弱で、音楽的なセンスも平凡なので。誰でも、たぶん。。。
 

そんなステータスで、どんなに時間かけてやても、くいっと素晴らしい音源の即興演奏には音の豊かさが敵わんので。微妙に鳴る時期もあるです。
無い音は生み出せない。それなりに元の良い音源データがあってこそ、曲が活きてくるというやつでしょうか。

 
決して、15年前のMIDI音源でも作品としては劣ってはないのだけどなぁ。。。
曲を描くスピードが、やっぱり既に洗練された音を使ってたら、断然速くなるよなぁ…

 
ピアノも弾けないので、初心者さんが弾くような簡単なメロディしか打ち込めないのも制約。
10何年やっていながら、近所の学生さんたちのピアノにすら付いていけない…
てか凄すぎるんですが、なんであんな皆弾けるんだ…

ぽかーん。。。

代わりに機械演算での演奏は身についたので、ふいふい。
波形をこうやってうねうねさせて、ってのは何となく。しかしてお遊びレベルで終わる。

 

格の違いを感じさせられます(o _ o。)
何か趣味の延長でしかやってなかったんだなぁとか。10何年も。ブランク抱えながら。

 
もうすでに、周りでは、すばらしいい神のような作曲者さんたちが、趣味の延長のようにやってるのに関わらず、神のような作品群を生み出しまくっている。短時間で、お仕事お忙しい中で。。。すごすぎじゃないでしょうか。。

 
制約を自分につけるのは、どうも。
周りがどんなに凄くても、自分に言い訳が成り立つからだったのだろうかと。
ちょと考えさせられました。

新しい音源が来て、PCも最新仕様になりました。
小さいながらもキーボードを鳴らせるようになりました。
ようやっと、皆さんと肩を並べて作曲できる環境。
言い訳の項目を全消去して、やっと人並みに作れる装いです。

 
はあぁああ。。。スタート地点までが。。念願。長かった。

改めて、まっすぐ曲作り始めていきます。
近々有料素材集もリリースします。これは今までの集大成みたいな作品集として。

よろしくおねがいします。


Komplete(12)音源 雑感

これまでLogicの標準音源で作ってた感覚から。
使用PCは、ThinkPad x270 i7 メモリ16GB ディスク500GB現在(1TBに変更予定)

まず音源のサイズに驚き。Komplete12Ultは500GB以上ある。
運用するには、PCのディスクが少なくとも1TBは必要で、バックアップまで含めると別にもう一つ大容量のディスクも用意しなければならない気がしてくる。

さらに演奏の際はすごーくサイズの大きい音声データ扱うので、メモリも相応要求する。
メモリ8GBでは不安。最低16GBは欲しい。

10年前の感覚だと、Logicの場合は標準でディスク30GBほどの音源が付いてます。
30GBでも様々なジャンルを網羅した楽器群が揃い、優秀なEXS24というサンプラー音源で、実際に弾いてるような演奏ができてました。
メモリも4GB(の内どれくらい消費してたか不明)で足りたし、ハードディスクも128GBで全然いけた。

それがおよそ10倍です。
相応のパソコン性能を用意しなければならん感覚。
いかにコストがかかり、相応のスペックを用意するか。
悩ましい〜音源、ultくんでした。

最初のPC選びで、性能は足りてるのか? 感覚で探りながらだった。苦労しました。

一度、windows内にインストールし、試し弾きをしました。
。。。なるほど。次元が違う。

これまでのLogicのサンプラー音源を使う時、鍵盤キー1個に対して1音。という形。
その1音を、どのように響かせるか…という部分に焦点が当たってた気がします。
MIDI譜面があり、その譜面を忠実に演奏する感覚。。

一方でKompleteのメインであるKontaktサンプラー。
この子は、各楽器に応じてパラメータ設定が柔軟にできて、この中だけで演奏形態を確立する感じが。
1キーに対し1音。。という部分に留まらず、演奏モードを変えてコードで弾いたり、1キーにフレーズを割り当てたり、同時押しで低音キーから高音キーまでをスライドするように弾いたり、って、とにかく演奏スタイルの幅が広い!
譜面は1音しかならしてないのに、それをサンプラー側の演奏形態を操作することで様々なアレンジになる。なるほど。さんぷらー

Loop素材を、このソフト内ですぐ使い分けられるように予め設定されてる、っていうのも、ものすごいことです。
従来であれば、この楽器の設定って、Loop素材を切り分けたり、自分でサンプリングしたり、各個人でやってるふうでしたよね。
たぶん、プロの方って、自分でこんなアレンジを作り出せるように設定してたんだろうな。。って背景。

面倒な設定を、1つのキーに割り当てて。その鍵盤一つで鳴らす!
すると、曲作る際にあれこれ技術的な難しいこと考えず、制作だけに集中できる感じ。
鳴らしたい音がそのままポンって出せるのは、!ものすごーーーーく素晴らしいことです。
すべでの音を譜面に打ち込む必要なんて無い! あんま音楽知識なくても、すばらしい楽曲ができるようになるでしょうです。

素晴らしいのは音源のみに留まらず、サポート面も。
公式のヘルプにて、様々なトラブルに対する解決策が用意されてます。
使うなら一度は読んでおきたい。

Komplete。
この音源じたいが、様々なジャンルのスペシャリストたちが創りあげた作品集で、音の集大成みたいなふうに感じました。
とても個人が太刀打ちできるようなものじゃない。素材集。

ピアノ音源だけで5個あり、中のパラメータ設定自由に弄れて、無限大にピアノの音を作り出せる。
そもそも500GBあるので、すべての音を網羅するとかじゃなくて、使う部分を、自分が大量にある中から引き出す感じ。
引き出した人が、そこを使える。存分に。簡単に。技術的な部分を飛び越えて、音楽を作ることに。楽しむことに、心を向けさせてくれる。

すごいですね。

Kontakt音源を使う上で、おそらく重要な点はメモリ管理。

如何にメモリを節約するか。。。
16GBあるうち、16GBまるまる全て音源に使えるわけじゃないです。
元々のパソコンを動かすためのシステム領域。。windowsやMacで約2GBは、別に確保しなければなりません。あとメモリ自体に確保領域が、だいたい0.5GB分くらいは。。
とすると、満足に使えるのは… 10なんGBくらい?

パソコンの初期設定で、ムダなパフォーマンスを削るというのが重要だと感じます。

Windows10高速化 自分で行う初期設定・カスタマイズ
 

あと他のアプリ。。ネットブラウザとか動画とか、立ち上げてると、さらにメモリ食うので、
ホントに、製作時はこれ一つに集中させておきたい感じです。

その為に、ちょと面倒かもなんですが、元々のOSをLinux mintに入れ替えました。
これはシステム稼働にせいぜい0.5GBしか使わないから、残りの多くのメモリを音源に割り当てることができる。
うまく行けばね。。。ただし、KompleteはLinux非対応で、サポート対象外。

Linux に KompletUltって、もはや万人が手を出せる状況ではないんですが。。。
相当打ちのめされますね。。。

製品側が対応する夢、いつかLinuxが主流になる時代を見るなら、ぜひとも。といいたい所。

まぁ無理なら、普通にWindowsとかMacでOKです。
お金出せばメモリ64GBとからくらくですし。(小さなノートPCでは現状16GBが限界だけど)

あと使ってる人達の感覚を思うに。
500GBをどう運用するかっていう、あんま音楽と関係ないところでセンスが問われそうなふうでした。

どうでしょうUltくん。
うちでの制作環境はお気に召したでしょうか?