げーむ作りの日々です

ひさびさのブログ更新です(。0 _ 0。)ノ
専らjavascriptでゲーム作成の日々が続いてます。

・プレイヤーが歩けるようになった!
・会話ができるようになった
・通行判定ができた
・背景スクロールができた
・スマホに対応(簡易版)した

ゲームデモも会話機能が充実したとこまで行きました。

会話イベント
⇒ メッセージ表示の完成形デモ(スペースキーでアクション)

ゲーム作りは全くのド素人。
今年に入って何もわからないながら、RPGみたいなの作るようになりました。
まだ基本的な動作の序の口も序の口。ゲーム作りってすっごい大変です。

何か、ただ歩くだけでも。
ただメッセージ表示するだけでも
そこに物体があって、触れるか触れないか?というだけでも

1こ1こ、プログラムしなくちゃならない。
もう2000行くらい行ってます。
それでも未だゲーム舞台の片鱗にしか至らない。

既存のゲームシステムには、まるで太刀打ち出来ないですね。
ツクールやwolfさん、素材やプラグインも含めてすごいのですよ。ゲーム作りの土台が整うって、並大抵じゃない。
この時代の凄さを通関してます。

unityとか、時代の最先端だろうなぁ…

それでも私がここまで作ってこれたのは、古都先生の弾幕STGフレームワークのお陰です。
大まかな身体の動かし方を教わって、今度は自分の身体で這って進んで、そのうち立って歩けるようになって…走りだせる。
何でも自分で動かせると、作ろうとするハードルがものっすごく下がります。とてもやりやすい。

なぜなら古都先生のフレームワークだから。
一切のムダがない、簡潔なソースコード。読む人が理解しやすい記述。
コレ以上に洗練されたプログラムがあるだろうか?というくらい。

最小限に与えられた重要な全てが理解しやすい形に、自分の手で自由に動かせるようになってきてる。
マップも、座標も、スクリーンも、演出も、システムに縛られることが無い…
ものすごく自由度の高いゲームが作れそうな気がしてます(‘ ‘*)

その分、時間も労力も空き時間の大部分をつぎ込む必要があるんですけどね。
半年間、サボりまくって未だ先流し。

仕事はどうした?
って、たまに思われてそうです…

大丈夫、仕事もしてます(‘ ‘*)
ゲーム開発に必要なのは、たっぷりの余力と時間。

私の場合は、月2〜3万くらいで生活できる環境を整えてるので
月に1曲、依頼を受ければ後は自由だったりするのです。。。
今後も一線で活躍するプロとして、このスタンスを貫くことでしょう。

足りないツールは、時間が補います。
時間で全て揃います。


時の迷い人15周年

2004年5月15日、初めて作ったホームページ「時の迷い人」を公開した日から、15年経ちました。

特に何もないです(‘ ‘*)
 

当時は、インターネットがエンターテイメント的な立ち位置でした。
ホームページといえば、各人が思い思いに、絵とか写真とか詩とか、好きなことの記録、簡単な自己紹介ページ、交流掲示板などをコンテンツに作ったものです。

ページのデザインとかもこだわったりして、ページ全体がまるで1枚の絵画のような、一つの世界観を形作るものだったり…音楽を鳴らして、ちょっと一休みしてみたり。

管理人さん、ホームページを作った人の人柄や世界観に触れて、味わって、交流する楽しみがありました。
 
コンテンツは小説から始まった作品公開の場+おまけで音楽素材屋。あと日常の考察的な何か。昔から割りと自分勝手にやってます。
作品作りに関して「気が向かないと作れない」ので、依頼とかも広く募集はせず、のんびりスタイルをとってます。

最近は1からゲームづくりに熱中してて周りが見えてません(。0 _ 0。)ノ

 
当時生まれた子どもたちが、もう高校生になるのですよね! 当時の感覚が懐かしく思える年代です。
今後も好きにやるので、気が向いたらどうぞまた会いましょう。

 
ときまよ
あきの


時の迷い人 曲作り再開のお知らせと、初のCDリリースについて

こんにちは、前回の音楽素材更新から丸2年くらいになります。
時の流れは無常で、気づけば時代に取り残されていたようです。
動画や高音質音源が主流になり、大容量ファイルが容赦なく飛び交う…(‘ ‘*)

昨今の音源は、ものっすご迫力と綿密さを兼ね備えた響きだなぁと思う傍ら。
ようやくLogic9(約10年前の音源)の扱いに慣れてきた。

最近になって素材曲の更新が再開できてきました。

 

今更感。。。
ちょっと更新止まってた経緯を書きます。

>> 続きを読む


物語のプロット作成 メモ

どうも、時の迷い人です(。0 _ 0。)ノ
音楽素材屋として細々と活動しております。

最近では、とあるクトゥルフ神話TRPGのシナリオライターさんの物語
「ドッペルさん」シリーズのシナリオBGM集(全16曲描きおろし!)
CDアルバムを製作中。乞うご期待(‘ ‘*)

 

といいつつ話題は物語のプロット作成についてです。
シナリオBGMは、1曲毎にその場面のシーンを再現する感覚で描いてます。
曲を描く!というよりは、物語を描く!

あ、既に物語はシナリオライターさんの方で素晴らしい作品を用意してくださってますので。
それを曲に置き換える。。。感じでしょうか。

 

耳で聴く音というのは、頭のなかでは曖昧なイメージのもの。
たぶん構想段階のそれや、書きかけの物語にしてもそうだと思う。
曖昧な形のものを可視化するのに、プロット作成。ってのが役立つことに気づきました。

執筆だけに留まらない。

プロット作成について、ネットで記事を漁りました。
https://novelove.net/outliner/(アウトラインプロセッサーを使う)
https://ncode.syosetu.com/n3716ba/7/(物語の大筋を描く)

重要なのは物語の大筋だと思うのですよ。
で、ストーリーの流れから大まかな舞台設定と、必要な登場人物の割り出しand役の割り振りを行います。

http://kotodamar.hatenablog.com/entry/2017/04/02/小説プロットの作り方+わたしが原稿執筆初期に(舞台設定とかとか)
https://ncode.syosetu.com/n3716ba/8/(キャラクター作成)

舞台と花。
この2つをしっかり設定しておれば、勝手に壇上でキャラが動き始める。動き始めます(。◕ ∀ ◕。)ノ
あとは必要なシーンを思い描いて、心のままに進行していけばいい。

https://ncode.syosetu.com/n3716ba/6/(誰が何をどうした?)

 

アウトラインプロセッサーの適当なツールが見つからんかったので
HTML編集に慣れた人向けのひな形を造りました。

http://timelessberry.com/mythology/story_editer/sample.html

 

これを、当サイトのオリジナルストーリー「巡る箱庭」に当て嵌めると、こんな感じになります。

http://timelessberry.com/mythology/story_editer/index2.html

 

以前まではイキナり執筆して挫折しておりましたが
なるほど最初に舞台とキャラの相関図をしっかり描いてやると、ものっそ詳細にわたって描写ができるようになるんですね〜〜〜〜〜。。。

 

ということで、ちょとプロットを練りなおして今度こそ書き直してる段階です。

で、物語がしっかりイメージできれば曲が自然に流れてくるようになる。
その曲をただ形にしてくだけでよくなります。

 
こうしてCDの曲も少しずつ出来上がっていくのでしょう(‘ ‘*)

曲製作も物語の執筆と同時進行で行きますよ〜。

P.S
物語はこちらでぼちぼち描いてます。
http://timelessberry.com/mythology/


お寿司パーティー

こんんちは(‘ ‘*)

永らくブログ更新が空いた。
平穏な日々を過ごしております。

 
大雨でしたね。
水回り、よく見れた一日でした。

大量の水が押し寄せるとき、家周りで滞ること無く流れるか。
もし水溜まる場合、古い水が沼地化する現状を、嘆く間もなく、
自分の家だしね、軒下に落ちる雨滴の通り道を作る。溝掘りして、流して。すっきり。

そうして湿気は流され、夏場の蚊に悩むことも少なく、快適に過ごせることを教わりました。
そんな日の夕暮れ時より、田んぼ仲間で集まってお寿司パーティーです。

お寿司パーティーです(。◕ ∀ ◕。)ノ

 
板前さん登場〜〜〜〜

寿司パーティー

出来るものは自分たちの持ち寄りで。
自給率スゴし!

自分たちで畑とか田んぼとかできると、
寿司飯も自前で作れるようになってしまうのですね!

玄米のお寿司は、梅を漬けた時に出来る梅酢を主にして仕上げた。
(玄米2合+水1合+梅酢大さじ5+しょうゆ大さじ2)ベース

白米のお寿司は、お砂糖の代わりに蒸らしのタイミングで「塩麹」を用い、麹の発酵でお米の甘みを増やす。そして「お酢」で〆る。
(白米3合+水2合半+塩麹大さじ2+お酢大さじ4)ベース

 
なんともヘルシーで素晴らしいお寿司が作れてしまったのでした。

IMG_20180706_195546

にぎりは職人には敵わん。
何回か練習すれば、綺麗に握れそう。

 

プロ顔負けの粒ぞろい具材で、何らかの職人さんが居て、自前でお寿司が味わえる。

お寿司食べたい。

 
そんな要求に、私共がお応えして、頂きました。

ご馳走様でした〜♪ヽ(。◕ v ◕。)ノ~*:・’゚☆