♪BGMを止める

巡る箱庭✨錬金術士アリシア

2−1「錬金術士アリシア」

かつて炎に包まれ果てた彼の星は、地球に比べて水や緑に乏しい場所だった。 人々の最多はたった一つの王国の中で、文明社会を築いて暮らしていたようだ。

国外の辺境の地にも、いくつかの部族が集落を築いていたようだが、 中心都市とは殆ど交流を持たず、人々にとって城壁の外は未開の地であった。 見渡すかぎりの荒野、火山や洞窟などの荒々しい地形が続いていた。 そして所々、オアシスとも呼べる小さな草地が点々としていた。


人々の食料は、王国内で栽培される作物を糧に、 まれに国外の珍しいハーブが出回ったり、 猛獣肉の加工品などが市場に出回る形だった。


それらが流通するのは、冒険者稼業を生業とする者が居てこそだった。 彼らは広大な大陸を数日、長い時には丸1ヶ月かけてキャラバンで回り、 外の地図を詳細に記録しながら未開の地を横断していくのだ。

通常はせいぜい似たような景観の荒野を走り回り、
薬草や素材となる鉱石、襲いかかってきた猛獣の肉などを調達する程度だ。

ごく稀に新しい発見もする。
とある冒険者の一行がある日、大陸の西の方に位置する場所に、鬱蒼と生い茂った森を見つけた。


「おお、皆の者。この森は新発見ぞ!」



だが国が治める冒険者ギルドへ報告に戻ったが最後、大陸の西に位置する森は、まるで最初から存在しなかったかのように発見地点から姿を消していた。
彼ら冒険者一行は、嘘、偽りの報告として咎められた。

しかし、最初の報告からしばらくも経たないうちに、似たような発見事例が、幾つかの異なるキャラバンによって相次いだ。

突如として発見された幻の森。 以降その森は存在自体が謎に包まれ、人々の間ではある種の伝説になっていった。

曰く冒険者の話では、入ったが生きて戻ってこれる保証は無いとか、 森の内部は遥か異次元の世界に繋がっているだとか、 強大な森の魔物が、運悪く迷い込んだ者たちを八つ裂きにしてしまうとか


実際の証言によると、森の内部は複雑に入り組んでいて方向感覚は愚か、 同じ場所でも時間がたつごとに森の情景そのものが一変するので、 探索は困難を極めるのだという。

中に入ったが最後、元の場所に帰り着く保証はない・・・
と言うのは直ぐさま引き返してきた冒険者の話で、
得体のしれないあの森には近づかないほうがいいと警告を発していた。

稀にとある冒険者達が興味本位で探索に向かうこともあったが、 奥へと進んだ者たちが帰ってきたケースはほぼ0に等しかった。 その為、幻の森は存在自体が危険視され、その実態は謎のベールに包まれていた。



だが彼女、アリシアは辺境の地の生まれであり、王国社会の概念とは無縁の世界で暮らしていた。 かの森の概要については感覚が心得ているようだった。

その森の発生地点では、稀に珍しい鉱石が時空を超えてやってくる。 森の中心部、水晶林に囲まれた湖の底、水面に映る新緑の芽吹きをみながら。 彼女はそっと、水底に映った桜の花びらに手をのばす。波紋がゆらゆらと波打つ。


彼女は水を介して、その石に蓄積された異次元世界の史歴を読み解いていた。 かつての「アトランティス」の情景が思い出される、其処では「石」を媒介とする文明が存在した。 石には波紋の痕跡が年代ごとに幾層にもわたって蓄積され、それを読み取ることで波紋に編み込まれた詳細なデータをスクリーンに映し出すことが出来るものだ。

中でも媒体として一番適するのは「水晶」だ。 曇りのない透明な水晶ほど純粋な波紋が記録され、データの再現性が飛躍的に向上する。


近代文明ではUSBメモリのようなもの。 当時はデータを石同志で共有したり、遠くに発信したり、石の波長を元に記録を再構成したり。 さらに当時の文明が優れていた部分は、装置自体が水との親和性に優れる点だ。 水は水晶が映し出す媒介に適し、しかもそれ自身が石の記録をリセットしたり伝達する手段にもなり。 ほぼエネルギーロスなしに記録を出し入れできてしまうのだ。

雨や霧の中では殊更、現象を十二分に再現できる力を持つ。


アリシアはそういった石の特性を学び、いつしか石たちを素材に新たな創造を形にする錬金術士(アルケミスト)としての日々を営んできた。

流れる水、中心に石。 自然界にもともと存在する膨大な記録の中から「特定の名の言葉」を刻むことで、 よりその名の目的に想定された、実用的な利器になり得る。

錬金で素材を合成し、用途に応じた魔法石を鍛え抜く、石に刻まれた特定の記憶や力を引き出す。
石の持つ記憶、例えば花や樹木の香り、小鳥の鳴き声、揺れる木漏れ日を現実に再現することが出来る、
まるで森のなかに居るかのような空間を演出したり、
ある時は海の底の情景を映して部屋全体をアクアリウムのような世界に変貌させたり、 まさに生活空間を彩るアーティファクトとして彼女の技術は親しまれていくようになった。

しかも記憶の像を空中に映し出すことで 外界のエネルギーにある程度干渉できるようになるので、 使いようによっては現実に火を起こしたり、風を生み出したり、光を屈折させて幻影を生み出したりと、 その用途は色々な方面で発展の可能性を秘めていた。



しばしば錬金素材となる水晶のような自然界の産物は、 過去の出来事や違う場所の残像を、ひとりでに映し出すこともある。 この幻の森も、おそらくどこかの時代のどこかの場所を、 蜃気楼のように映し出しているにすぎないのかもしれない。

そのようにアリシア自身は思うこともあった。


常識を逸脱した不可視な森の生命たち。

水晶林に宿る記憶の主は、アリシアの来訪を歓迎した。 地面に埋め込まれた水晶の精は様々な形で彼女に話しかけ、まるであるべき場所へと誘いこむかのように。 木々の梢は進む方角を示し、足元の草花は風に揺られ、一定方向にそよいでいった。 道は入り組んでいるように見えても、アリシア自身は全く迷わず、歩くのも苦にならなかった。

リスのような?小さな動物の気配がちらちらと顔を覗かせ、時折可愛らしく首をかしげているのが見えた。 彼女はその子に微笑みを返すと、進む方向の先へすっと姿を消し、しばらく先でまた顔を覗かせる。

小鳥たちが明後日の方向に羽ばたいた。そう、あの子たちは森の伝達役。

「綺麗な人間さんが来たよ」
「見覚えのある女の子だよ」
「今日は、誰を呼んでくれるかな?」


そうして木々の根が大地を揺らし、僅かな風で梢がそよぎ、気流の渦が生まれる。 気流の渦に乗って、伝達役は飛び出した。あの子のもとに。


アリシアは、純粋に石たちが好きだった。
石たちに宿る様々な生命の気配に、いつも心癒されていた。

彼らの声を聞き、彼らのもっと輝きたいという願いや意志を読み取り、記憶の中の美しい情景を再現するのを少し手伝う。それがアリシア自身、石の錬成で心がけていること。石たちは、決まってこう言うのだ。「私が一番、私が一番に輝きたい」と。

石たちには自身の過ごした悠久の時の記憶と。生命の育まれ、役目を終えた者は根源に還り、延々と循環する輪廻の輪が宿る。それらは星が巡る毎に蓄積され、原石1つ1つの内には円環の紋様が、1年1年の出来事が紡がれ続けている。 蓄積された"記憶"の中でも一際強い輝きを放す光の一粒は、石の本体を抜けだして独立した精霊となったり、風に運ばれて別の生命の一部に乗り移ることもある。


石に宿る微細な生命の痕跡こそが、マナ。微細な光、一つ一つ、それらが創造の源となる。アリシアは石の記憶を再現させ、その石特有のマナを望ましい場所へと還元するのに一役買ってるのだ。 彼女は直感の赴くまま、幻影の森の道端で炎の原石「カーネリアン」と「水晶の欠片」それから星の構造を示す石「オパール」を拾い上げ、自らの工房へと向かった。


森の外れの方に位置する小さな洞穴、ゴツゴツした洞窟の壁に覆われる空間に、彼女は工房を構えていた。 外から見ればまさにブラックボックスのよう。「素材が揃っていれば、必要最低限のもので創造を再現できる」とアリシアは語った。

工房の中は思ったより広く、一目で宇宙空間に迷い込んだかのような錯覚を覚えた。
漆黒の壁が四方を囲み、中央に星の球体を象った人の身長ほどもある大きなオブジェが配置され、天井には太陽を思わせる光源の石、さらにその周りには惑星体のような色とりどりの石の球体が輪を連ね、不思議な動力で浮遊しながら公転を続けている。よくよくみたら自軸も見えた。ん? あれは磁石の導線か?

中央の星の球体の周りにも、大きくて白い透明な石が2つほど巡回している。それは天井の光源に照らされて美しく輝くが、中央の球体の影に隠れるととたんに闇色へと染色される。まさに月、衛星を模してるようだ。くるくるとまわる。小宇宙。

そして外の灯りが漏れ出るホワイトホール。
煙突が外界と繋がり、その足元に石の錬成に使う火釜がくべられていた。


アリシアはこれから、先ほど拾ってきた錬金素材に宿る「生命の記憶」を掛けあわせ、新たな輝きを宇宙に灯す工程を再現するところだった。
発動には素材同志に炎を融合させる、そこで取り出された記憶と記憶が高次元のエネルギーの中に掛け合わさり、新たな形を為す。そして創造主の命のもとに、その名(役割)を魔石に刻むことで錬成が完了する。

「炎を再現するオパールの灯。今一度眠りから覚めて、この世界に新たな輝きを灯して。
 キミの新しい名は・・・【天照(アマテラス)】よ」


ここに炎の幻霊は覚醒した。
ほうっとこぼれ出るオレンジ色の灯りが、錬金された星石から淡く解き放たれる。


「こんにちは天照(アマテラス)。私の名はアリシア。」


ぼんやりと浮かび上がる炎の姿。語り手は目覚めの時を迎えた。魔石に宿る精霊は目の前のアリシアの存在を認め、同時に自らの存在が明確なものになっていくのを実感した。

石に刻まれた炎の精霊は"鳥"の姿を型どった。
別の次元では、朱雀と呼ばれる姿形。迸る熱エネルギーを実体化したアマテラスは、アリシアに宿る炎の力となった。

次のページへ
【現在の章】第二章「炎の記憶」
1話 2話