スマホ最適化

スマホに求めるものを減らす

IT業界には益々隔たりを感じる。
一般人は、大層な技術など望んでいない。無駄にコストが大きくなりすぎている。

近年の、何でもかんでもスマホでやれてしまう所は修正を施す。
ぶっ壊れた時とか、使えなくなった時に洒落にならなくなるので、見直す。

電話、メール。インターネット。
最低でこんなもんか。

カメラ、ビデオ、
。。。これは、補足的。
デジカメでやってる時代があった。

個人情報紐付けされない強み。
ただしSNS前提の現代では、一般人に不向き。

録音や収録に関して。
これは専用のレコーダーがあった。
音屋なら、こっちの方がいいやん。

これなら様々なデジタル認証なども真っ白にして
ガラケーに逆戻りするのも手か。

。。。

スマホのために始まったwifi前提の通信インフラは、身体や健康面、暮らしの負担が膨大である。
通信インフラによる法外な出費増、これらで儲けた企業は益々設備に依存させる暮らしを勧める。それ無くして居られなくする。

悪循環。

主企業三者とも、全利用者に無言で問いかけている。

与えられる道具は、各々の目的によって自分で最適化しなければならない。

至極当然のごとく。
道具に踊らされるなど以ての外。

究極。切り捨て。いつの日か


OSの退化と対価

iOSの退化と対価

スマホ関連の色々試行錯誤中。
iPhoneの場合、恐らくiOS12.4までが安定してるか。

バージョンが進むにつれ、論外な機能が詰め込まれるが
それらを跳ね除けながら使おうとすると、サポート切れで新しく追加アプリの入らないスマホになる。

最新の、位置情報を始めとした様々なユーザー情報の詳細までを読み取られる現代のスマホは、悪用された場合のリスクが跳ね上がっている。端末情報はメーカー側が牛耳るが。その危険性は、把握せねばならない。

だからと言って、これまで通りスマホを使おうとすると、サポート切れなどで最新版のOSになることを余儀なくされる。

???

監視体制抜群の最新OSへようこそ?

???

謎。これらを捌く手間。
昔の環境で、その当時の利便性を再現できればいいが。、

間違いなくコロナ以前の環境の方が(もっと言えば10年くらいは前の方が)システムの弊害が少ない。当時のままの古い端末を選ぶメリットは十分にある。

winにしてもandにしてもiOSにしても、
主要OS全てが、ここまで退行するとは。。

唖然としている。


こだわり所の違い

こだわって調整したピアノ音源が、
そもそも、今回の曲調に合ってない可能性。

普段作らないような雰囲気のなので、うっかり。
当初パスしてた他の既存ピアノ音源の中に
最適なのがある模様です。

ピアノ音源、複数使い分ける人多いの、こういうことなんね。
普段と違うスタイルで、別視点の良さを再発見できてよろしい。

本命ピアノの可能性も深まる。
最後の仕上げは曲終わった後かな。


人間と共にあるもの

spirit


経済至上主義が、ゴミを量産する

経済至上主義が、ゴミを量産させる背景

一般に知れ渡るモノや知識などは、ガラクタで溢れかえっている。

ガラクタにも再利用可能なものと、粗大ゴミでしかないものとあるが、ガラクタはガラクタ。

経済は、人に依存させることで回る故に、経済成長によってますますガラクタは溢れ、人人の生活をガラクタで雁字搦めにした。
それ故に、この社会はゴミのような扱いに等しくなっている。

地上はガラクタで覆い尽くされた。

本当に大切なものは何なのか。

私は、比較的再利用可能なガラクタを仕事に利用してるけど、この状況すらも、本来に相応しくない。

Windowsを見よ。粗大ゴミだ。
なぜあんなものが大半の人に行き渡っておるのだ??

答えは欠陥品だから。
お店が売り上げを存続させるには、そこそこの頻度でぶっ壊れて買い換えてもらわねば、ならんから。
得てして、数年で壊れる欠陥品を、メディアや業界全体は大プッシュするのだ。、

家も設備もそう。

ということは、それ以前の世代の、物事の判断基準もそうであったということです。

一般市場には、まずそこそこの欠陥品や隷属品しか広まらず、欠陥品の良し悪しを選び抜く価値感や知識しか知れ渡らず、

また、人人に莫大な対価を要求するものしか、人間社会の構造からは生まれてこない。

こういった社会を歴史が作り上げた。流れは加速する。
もう証明するまでもない。昨今の現状が全て物語る。
一般の教養や歴史は無価値であり、誰も引き継ぐに値しない。

こうなった以上、必要なものは自分で編み出すしかない。
全て可能。可能なことしかない。