人は一人では生きていけない

人は一人では生きていけない。

この言葉の真の意図は

「人は、一人で生きてるわけではない」

 

前の日記で書いた記憶の引き継ぎは、些細な事でも起こっている。
誰かの記憶に眠る、想い出の中の1ページがそういう感じ。誰にでも起こっている。

 
生きてきたら、生きてきた分だけずらずらずら〜。

それまでの、想いや記憶、食べてきたもの、土地の想念を、

いくつもいくつもいくつも

積み重なって、今の自分がいる。

 

その体は、自分だけのものではない。
気づかない人が多いから、本当の価値に築けないのでしょう。
気づいたら、その無限の価値に目覚めるのでしょう。

さて、あなた方に引き継がれた大切なモノは、思い出されることがないまま
仕組みに吸われ続けるでいいのですか?

大多数の人たちが、今の世の中に満足してませんよ。
何かしら、行動を起こしたいと思っている。

 
でも自分一人でなんとかしようたって、たかが知れている。

そんなときはどうするか?
自分が受け継いできたモノの、根本に耳を傾けることだ。

 
古代の知恵がそこに隠されている。

 
先人の知恵は、見せかけの仕組みなどより
さらに多くの、さらに深い洞察力を、少しずつ開いてくださるだろう。

 

私たちは一人じゃない。
私たちを相手どるということは、
その全てを相手にするということ。
 
そして、すべての人がその可能性に気づくということ。

 
私は以前、人のことを共鳴者と呼んでいた。
私たちがほんとうの意味でつながった時、未来は劇的に変化する。


苦しい時に

苦しい時に
助けてくれる存在
とてもありがたい

いつも助けてくれている。
時々忘れてしまう。

苦しい時、ああ。と思い出す。
いつも助けてくれてたことを。

 

どうして、感謝を忘れてしまっていたのでしょう。
みんながいるから、こうして生きていられるのです(o _ o。)


青白く燃える月

今日は1月15日、満月の夜。
旧暦では12月15日にあたる小正月といって
小豆粥を食べてたそうな。
月

そして青白く燃える、ほのおのように。
ゆらゆら、月の影は雲隠れ。

数時間後、まんまるお月さまが顔を出しました。
きょうも綺麗だね♪
2014/1/15満月