7日目に神が不在になる件

私が、これまでの過程で
不要なモノを切り捨てる生き方に特化してしまった為に。
捨て去るべき情報にフォーカスを送ることも多々ありました。

目先の摩擦にさえ目をつぶれば、自身の振る舞いに気づくことが楽に生きる一番の近道になったから。

 
現代社会は罠が多すぎると思うんですよ。。一個一個羅列するのが気の遠くなるほどに。
してはマズいこと…に注意が向くと。マイナス方面に意識をもって枯れるのも、なかなか。

難しいのは、無視できない部分もあるということ。

今の人間社会、無自覚に生きてるだけで、悪影響が出てしまうもんな。

そのような社会を許した我々の怠慢になるのでしょうか?

 

本題。
 

一週間、7曜日制の発端はいつでしょうか?

明治の文明以降になるでしょうか。

 
それまでは日本は旧暦。月齢で暦を数えてた。大地と共に生きるとき、種の薪き時、収穫時期などを、一日のリズムと平行して、月のリズムにも理にかなうタイミングでしてた。

一日目と15日目の神社参拝は、月の暦で行うことに意味があった。
 

少なくとも今よりずっと旧暦は日本の風土に馴染むものだったと伺えます。

 
で、なんで7曜日制になったの?
西洋文化を取り入れて、聖書の神様の行った7日間のサイクルを模倣したの?

 
 

7日のサイクルで動いてるのって、おそらく地上では一部の人間だけだと思うのだけど。

なぜ、神は7日目に休まれたのか。
解釈によっては、7曜日制が重篤な欠陥を孕んでるわけですが。

たぶん神官さん音楽的にも分かって曜日制作ったよね。くらいの、コロナよりも酷いバグだと思うんです…はい。

 
1日のリズムを基準に地上の営みがあります。

1日のサイクルは、昼と夜の二つに別れ、さらに午前と午後で4つに。

夜明けから正午
正午から夕方
夕方から真夜中
真夜中から夜明け

4つのフェーズに分かられる。
さらにその4つを、6等分に分けられた。

地上の営みを元にした時間の発明。理にかなった分け方だと思いますの。

純正律の音階は、基準の1に対して
2倍、3倍、4倍、5倍、6倍までの周期に対して、非常に相性の良い組み合わせになるから。

一日24時間の区切りは、それなりに参考になるかと。どうでもいいともあるが。。

純正律の音階で試してみてね。

 
110hzの[ラ]の音を基準とするなら
220hzの[ラ]を重ねて
330hzの[ミ]を重ねて
440hzの最も慣れ親しんだ[ラ]
550hzの[ド#]を重ねて
660hzの[ミ]でハーモニーを奏でるよ。
 

基準から6倍周期までは綺麗な和音になるのです。ええ。

 

ですが此処に第7倍音の音階を加えるとぐちゃぐちゃに鳴ります。

770hz…これはだいたい[ソ]の辺りかな。

 

基準から第7倍の周期を掛け合わせた場合、それまで築いてきたハーモニーが混沌に響くようになります。

 
ホラー映画っぽいでしょ?

 
7日目以降、神は休まれた。

7倍という節目には、神が不在なのですよ。

 
で、つまり人間も同じように、第7日目は休むようにとの言伝だったのだろうと思われます。

 

それが現代社会はどうですか?
あろうことか7日間サイクルで動いているじゃないですかー!!!

 
7日間サイクルは、基準の1日(自然界のリズム)に対して不協和音に働くので。

人間社会からみた場合、自然界は怖いところ!という響きに感じるし

逆に自然界側からみた人間社会の営みも、地上のバランスを崩す脅威的な存在に見えてしまっております。

 
ヤバクね?
 

誰だよ。7曜日制なんて考案した奴は。
 

自然界と人間界を対立させるためにやったのかな??
 

というくらい、実際そうなってるわけで。

歴史が証明。文明開花以降、さらには敗戦以降急速に。

人間社会は、田園を捨てて人間だけで生きる道を選んだ。
 

分かるよ、外界が怖いんだよね。
それ、ただの不協和音だと思います。はい。


生きた音の再現2

地上の生命は例外なく1日に一回のリズムを基本に奏でている。

石も、木も、草も。虫も、動物たちも。人間さえも!

聖書の言葉を借りれば、光あれ!
太陽が地上に現れ、沈む。それを第1日とした。

この第1日が、全ての地上の命の根元のリズムとして成り立っている!

人はだいたい朝起きる、日の在る間動いて、夜寝る。

植物たちは、朝日に呼応して成長の面影を芽の先端に現すし、お日様を浴びようと葉を広げたりする。そして夜になるにつれて葉は閉じて、地中の根っこにエネルギーを宿して夢を見てる。

石も!
陽向で温まってる石は気持ちいいね。夜はヒヤリ。さわった感じが時間帯で変わってる。

これも一日の変化のリズム。

当たり前の事のように思いますが、一応。再確認の意味で。。

生きた音、地上の生命のリズム

で、この第一日を私のお庭での基本音階とした。


生きた音の再現は?

パソコンでは難しい
過去の音の組み合わせを全て自力で配置しなくちゃ。

手間手間。

 
パソコン不在でのやり方を考えた。
楽器を作るところから始まる。

 
例えば、木材のスティックで叩く。

竹を節毎に輪切りにして穴を空ける

石を並べる。

 
風を送る。

水を通す。

感覚を空ける。

 
高低差を付ける。

地形を読む。

植栽を考える。

実の生る樹を植える。

鳥や獣を呼んでみる。

生き物たちは勝手に奏でだす。

 
彼らの信頼における所は、わざわざ自力で調音を計算しなくても、時間経過で程よく調律され続ける所。

 

次に、奏でられる植生のリズムを一緒にイメージしてみる


path of peace

Украина~! Россия~! Мы желаем обеим сторонам благополучного разрешения ситуации.

Мне нравятся обе страны (‘ ‘*)


パソコンの得意なこと、マイナス要素

パソコンの得意なこと

一時的な記憶能力の補強。
イメージを再現したり複製する。
イメージを組み合わせて、より高度なイメージに近づける。
正確に、素早く計算し、可視化させる。
一瞬で同じイメージを複数の他者に伝達できる。または受け取れる。

 

 

マイナス要素

経年劣化
数年で壊れる
古い機械は最新仕様の規格に対応できない。
複雑化したデータほど動作コストが二次曲線的に上昇。
高額な維持管理費。
「部品を自己修復できない」
言語の縛り
メーカーの縛り
ソフトの縛り

 

代替え案

曲作りの場合
楽器の演奏をそのまま録音して組み合わせる
一発撮りで済ませる

絵の場合
紙に描く

文章の場合
紙に書く

伝記の場合
石に刻む

暗号の場合
地形に編み込む

調律パターン
中心の音を指定

植物図鑑
実際に植える

料理レシピ
一緒に作る

調べ物
知恵者に尋ねる