知ろうとするのは何のため?

自分の土地に何を植えるか?

その案を練るため、あらゆる種類の植物を調べようとした。
知ることで、その中の最善の組み合わせができると思ったから。

しかし途方もない種類を前にし、10分であきらめました(。0 _ 0。)ノ

いや多すぎるし、必要なのごく一部だし。
こりゃ立ちうちできんわ…

さすればどうするか?
やり方を変えてみる。

何を植えたいか?
そこに何が植わってると嬉しいかを想像する。

最初に、主となる一点の木を中心に定めるのだ。
その木を中心に、相性のよい木や植物たちをリスト化する。どうだ?! 
そこに何を植えるべきか、候補が一瞬で具体的になった!

学ぶという感覚は、この考え方に近いのか!

知ろうとするのは何のためか?
一点の目的を定めれれば、明確な答えがすぐに得られる!

ただ知るために暗記するのは時間の浪費に近いんだ。
子供の勉強嫌いの感覚は、ある意味正しい反応。あれは無意味だよな。

真に学ぶなら、自らの目的をもって学ぶべきだ。そして学ぶテーマは自分自身で決めたもの!
さすれば学んだものが財産だ。

私は自然を食するために学ぶ(。0 _ 0。)ノ
人は何のために学ぶ?


科学的なことば

科学的なことばは、一つの言語だ。
事の起こりを細部まで分析して、同じ規格の中で、より多くを理解し、言語化しようと頑張っている。

そして、言語化できたものだけが私たちの前に常識として認められる。

 
しかし科学的な言語ではどうしても表現できない所がある。
もし、科学的なことしか見ない場合、それで解明できてない部分を認知できなくなってしまう。

また、科学的な表現が回りくどい場合も、そのようにしか解き明かす道を知らなければ、理解にかなりの労力が必要となる。もっとシンプルな答えがあるのに…

 
科学の弱点、弱点を知ることはとても大事だ。
科学は常に過去の、事の起こりを分析することしかできない。そして、見えた範囲のものしか理解することができない。
科学の解明を待つばかりでは、物事の起こりに対していつも後手後手にまわるしかないのだ。

この世には、科学的に観測できない地点が存在しているし、例えば未来の起こりは誰にも解き明かすことができない。科学で見える部分だけで解き明かそうとすると、ある一定の線を超えて無理が出てきてしまうものだ。

まだ見ぬ未来、無限の可能性、人や生命の隠された潜在能力。解き明かすことのできない領域が存在していることを科学の視点が認めるだけで、世界は随分違ってくるだろう。

科学者は、もう躍起になってすべてを解き明かそうとしなくて良くなるのだから。

もともと学問の目的は、知ることにある。
過去の分析に科学が役立つことだってある。
でも一つの視点で知りえないことに気付ければ、別の視点にも目を向けることができる。

結果、世界の在り方はもっとシンプルに理解され、様々なことが深くまで見えてくるだろう!

 

証明。
的をめがけて放った矢が的に当たることの証明。

科学の視点は、その矢が通り過ぎた地点までしか観測できない。そして、通り過ぎる部分を綿密に分析しようとする。

ダーツの矢が的に当たるまで。
それらの距離には、常に中間地点が存在する。
1メートルだったら50センチずつ。
50センチだったら25センチずつ。
25センチの地点で12.5センチずつ。

科学的な視点で、矢が的に当たるまでの距離がどんどん近づいていく、その中間地点の様子が事細かに把握できるようになる!
12.5センチ地点で6.25センチの中間地点を分析し、次は3.125センチ…分析しつづけることの労力もさながら、しかし一体いつになったら的あたりの証明に行き着くのか…

科学的な分析を介して、証明されるまで事の把握を待ってたら、。延々に分析結果が得られるだけなんだよな…

 

真実は何処にある?
その矢が何処に向かって放たれたかに目を向ければ、答えは見たまんま!

 

 

何をどう難しく考えようが、最初から結末が予見されている。

それが何処に向かって放たれたかに意識を向ければいいのだ。


おじいちゃんの夢の園

夢を見た。
おじいちゃんの場所にいた。
現実にあるお家より少し広くて、3階まである瓦の屋根の家。立派。

そしてお庭。
お庭の方は現実よりさらに広がりがあって、川の流れるとこもあった。
緑の園というより、どことなく光に青さがあって、色んな木たちが植わってる。何メートル置きか、あるいは仲の良い木同士が寄り添い合って…
色とりどりの、あの木は何て言うんだろう??丸っぽい大きな葉っぱの先がvの字に欠け、お日様の光に反射してやや虹色がかった模様に煌めいてる。

あと、草たちもいっぱい。
所々に花も植えてあって、薄紫や白い花、萌黄色の穂をつけた草木たちが、青い空間に優しい色味を添えていた。

なんて現実味のある…なのに見たことのないような素晴らしい園なのだろう!

これら全部をおじいちゃんは植えたのだ!

一体どんな気持ちであの木を植えたの?
どうしたらこんなに素敵になるの?

おじいちゃんに尋ねに行こうとした。
母に聞けばおじいちゃんは身体が弱ってて、離れの家…その園の景色に溶け込んでいる、現実世界で立てようとして立たなかった家…にいるようだった。

私は夢の中で目覚め、おばあちゃんの作ってくれたおむすびを朝ごはんに頂いて、おじいちゃんの所に向かった。

立派だったおじいちゃん。
あの木の植え方を教えてもらいにいかなきゃ!

そんな気持ちで素敵なお庭の中を歩いていく。家の前にきたら、腰が曲がって辛そうにしてるおじいちゃんの姿が。

私は思わずその姿に駆け寄って、涙ぐみながら言ってしまった。

「おじいちゃん、治るよね?良くなるよね?」

でも、その姿に泣きたくなるような感情が、先は長くないことを暗に仄めかしてた。

「泣きなさんな、泣かれたらまるで先が長くないみたいじゃないか」

そうして宥められつつ

「全盛期は20代だったな、もう身体がこんなにキツイ。今あの頃に戻れたらどんなにいいか」

おじいちゃんから零れ出たつぶやき。
それに対して私は応えた。

「大丈夫、おじいちゃんの20代の頃は此処の木たちが覚えてる。その記憶を取り出して、もう一度再現すればいいんだよ」

「そうだな…」

と言葉を交わして、僕らは一緒に歩きだした。
歩き出しはゆっくりと、そしてだんだん早くなるペースで。

「おじいちゃん?」

気づけば、駆け足でも追いつかないペースで歩いていた。

「おじいちゃん、どうしてそんなに歩くのが速いの?」

子供の頃に味わった感覚と同じ、一歩の歩幅の差があまりに大きくて、同じリズムで歩いたらどんどん距離を離される。後であの頃、どうしてワザとゆっくり歩くんだ?って怒られたっけ。悔しい思いをしてたのはこっちなのにね

私はとうとう全力で駆け出した。走るのは早いほうだ。なのに全力をだしても、おじいちゃんの歩くペースには追いつかなかった…

いつの間にか背筋が真っ直ぐに、その背中はたくましい姿で。

「おじいちゃん…!」

しばし走り疲れ、追いつくのを諦めた。その後に園の素晴らしい景色が残った。この園をおじいちゃんは作ったんだ。僕らに遺すために。

思わず涙が溢れてきた。
あまりに美しくて…

これがおじいちゃんの作りたかった世界なんだ。その道中に孫の自分は立っている。おじいちゃんの鍬とスコップを持って、私は現実に土地を耕し始めてる。

おじいちゃんの園は、おじいちゃんの場所にあった。
私の場所はここにある。私は夢から覚めて伝えた。

「おじいちゃんの木は、この場所に植えるね。おじいちゃんのことを思いながら植えるね。だから次はこの場所に生まれ変わって来てね。全盛期の記憶をもう一度、この受け継いだ場所で」

あなたのお骨も。いつかきちんとこの場所に還って来れるようにするから。
それまで待っててね。


未来予知は誰にでもできる

未来予知。
未来を予見すること。

さぁ未来予知は実に簡単になった(。0 _ 0。)ノ

十年後二十年後のことはまぁ曖昧なんだが、まずまず明日のことは簡単だ!

「何を食べて生きるのか?」

生きるために食べるものを想像する。
すると自動的に食べ物の調達するプロセスとかかる時間、それまでの行動が未来に予見される!

一般的に米主食なら一年!
木の実なら数年から数十年!
二十日大根なら20日(‘ ‘*)

食する内容によって、想定する未来を予め思い描く能力が備わる。

育ってから食べるまでビビビッ(‘ ‘*)!と。

ちなみに色々自給できればできるほど精度があがる。他の世界の干渉が入らなくてよくなるので。

あとは自身の味わいたい世界を創造して、独自の住みよいスタイルを作っていけばいい。

で、どれほどの未来を描き出すことができるか?は、それぞれの感性だったり関わる食べ物による。

昔の人は木の実も常食してた。
木の実と関わりを持つことで、実の成る何十年ものサイクルに目がいく、今の人たちより未来を予見するスパンが長けてた。

反対に今の社会は一年単位でしか物を見れないことが多い、そのせいでそれより先の未来を踏み外したり、長期的な負債を見えないふりできちゃってるのだけど…たぶんかつて稲作が普及したことにも起因するだろう。米作り中心の暮らしは一年のサイクル、如何なる田んぼも一年毎にリセットされ、同じような単調な繰り返しでしかなくなったから。稲作しか知らなければ、その先があたかも存在しないようになってしまう。…賽の河原は、思い込みや錯覚からもたらされている。

しかし未来は、そういった既知の概念を超えて、もっと自由自在に描き出せるもの。思い思いの素晴らしい世界が、誰の過去にも未来にも存在してる。

目を向けさえすれば。存在することを知っていれば。
その中から先の未来は予見される。
最も今の自分に望ましい形として。


最も悲しいのはコトバが理解されないこと

まるで風の音のよう。
そのコトバに感じ入るものがどれほどか。

土に触れる以前、食べ物は食材という感覚しかなかった。
食べて美味しい、そこそこ。な感覚でしかなかった。
食べ物の背後にある光景に、ずっと気付かなかった。

なんということだ!

もし自分で食べ物を育てる概念があれば、もっと多くのことに気づけた。

食べ物は常に!
人にメッセージをくれている!
彼らの育った光景を見せて「どう感じるか?」ずっと問いかけている!

目の前にある食事が、どのようにしてどのような経路を辿って口にできたのか。

地産地消の良い所は、そのコトバが感じやすくなるところだ。
さすれば味覚はダイレクトに伝わり、イメージが湧き、感情や自分なりのアイデアが浮かびやすい。

もし感覚が鈍ってしまってたら、何を食べてるか分からなくなってしまうものだ。

最も悲しいのは、コトバが理解されないこと。

そこに生きた命は見えるのか。
食べ物の見せるどのような光景が今の自分を形作っているのものなのかは。