嘘偽りの世界の中で

嘘の世界は、最初から無かったも同じ。

想いを無視して築かれた、この世界。

世界の苦しみは、たくさんの想いが無碍に扱われてきた結果。

バラバラになろうとする状態を無理やり繋ぎ止めてるから、生まれた。

「嘘偽り」の真実の形を、今、この時に、見て取ることができる。

 

この歴史は、真実とは呼べないのか。

単なる事実がそこにあっただけで、数年後には記憶に忘れ去られる世界の形だ。

人の手を介在しない限り存続できず、多くの人たちに苦しみと悲劇をもたらしている。

この事実。嘘偽りの歴史。何もかも。

真実を見えなくさせられたからだ。

想いを見えなくさせられたからだ。

 

多くの人が、目を逸らされている世界が、今の時代だ。

嘘偽りの真実。存在しないことの証明が、因果応報によってなされるわけだ。

 

こんなにも訳の分からん舞台の物語は「今」にしか掛けないだろう。

嘘偽りの世界など、残す価値ないからな。

でも、たとえこの世界が忘れ去られたとしても、

この時代でしか生きられなかった存在たちの想いは、覚えていて欲しいんだ。

想いだけは、覚えていて欲しいんだ。この苦しみの中、それでも尚在り続けた、真実の想いだけは。

だから私は、彼らの想いを本に書き記しておきたいんだ。


過去は創るものじゃない、読み取るもの

巡る箱庭のお話。

どうして、自分の中で物語が掛けなかったのか。
最近、少し分かってきた気がする。

 
かつて、何もないところから「過去」のお話を創造しようとしていた。
それは間違いだと気づいた。過去に繋がる痕跡を「今」に視るべきなんだ。

 
 
真実は、いつも目の前にある。
その一瞬が、目の前にあるからこそ、
それは真実であり、実在してる証となる。

自分がこの目で観てきたこと、自分の心で感じたことが真実であり物語だ。

 
あの時代を生きた人たちが、あの状況で何を想い、何のために生きてきたのか。
その人の感覚を、今を生きる自分の感覚として受け止めるんだ。 
人間の本質はいつも変わらない。

過去実在したという記録から、想いを、想いを張り巡らせる。
なぜ、そうあらねばならなかったのか? その人の生き様を知るんだ。
真剣に読み取ろうとした時、その人の真実が、自分の追体験としてより鮮明に思い浮かぶ。

その瞬間、その人の真実は私の真実になる。

 

遺された全てのものに、ずっとずっと昔の、過去の真実から積み重なって宿っている。
そして今ここに存在している。存在こそが真実の証だ。
私たちがこの世に存在してること自体が、過去から今までの全てを証明している。
存在に、過去脈々と受け継がれる歴史が刻み込まれてるんだ。

全ての存在が過去の遺産として視えるようになった。
奥深くへ、少しずつ(時間軸を遡って)目覚めさせていけばいいんだ。


創造物を視るときの視点

創造物を視るときの視点

ギャラリー展。

うりゃー(。◕ ∀ ◕。)ノ

って、観てきた。

たくさんの作品たち。

色んな方法で、想いを書き綴ってる。

そんな作品たち。

作品って、想いを形にすることなんだね。

スキルなく、誰でも描ける。

芸術ってそういうものなんだ。って思わせる。

 

 

帰りにアンケートの裏紙にて絵を描きました。

うむ、立派に作品だ(‘ ‘*)

 

芸術は、誰でも生み出せるな…

 

 

 

さて。

あらゆる表現物を視るときの視点。

 

私は、それらの作品たちは、作品として形になってるが

自分たちがお部屋やギャラリーを形作る時、この作品たちは素材…って感じた。

これらの素材に込められた思いや存在の言葉を組み合わせて、自分の棲みたいお部屋にアレンジしていく。

自分のお部屋に意味を持たせるための、方向性を持たせるための、作品を飾ることが素材になるんだ。と感じた。

だから、その作品に込められた思いと、それらを見て自分が感じる感性とが、どう感じるか、しっかりと見定めていくんだって思った。

素敵なお部屋、ギャラリーにするために。作品に込められた想いを、もっと活用していくために。

 

 

 
 
一方で、例の彼は言っていた。

「一瞬の中に永遠を感じるかどうか、が問題だ。」

このことが、作品の50年後、100年後に現われる。

本当の価値は、そこで計られる。

そんなふうなことを、綴っていた。

例の彼っていうのは、関西に在住してるであろう
存在自体が神がかってるような…彼の言葉なんだが…

参照元 ⇒ http://81978.diarynote.jp/200805051914390000/
(彼とは一体どんな方なんだ(‘ ‘*)…?

 

人づてに聞いた彼の言葉は、何だかあの青い瓶のように感じた。

あの日、あの時、あの場所の、一瞬の世界。一粒の想い。

想い出の一粒
 

あの瓶の中で、それは今でも輝きを放っている。

人の手に触れること無く、ずっとありのままの姿で、一粒の想い出は熟成していく。

 

私は本当の価値がどのようなものかを、何となく確信した。


あなたを縛るもの

ほら(。0 _ 0。)ノ

「罪の意識」

 
これが、人を弱体化させるんだってさ。
あらゆる可能性を奪うんだ。

罪の意識が…

ホントは、何をやっても許されてる。
自然界の全生命に、人間とて例外じゃない。

「やったことは還る」という因果応報があるだけ。
 

何をやっても許される。
自分がやったことを、自分自身で受け止めさえできるならば。

そう、何をやっても許される。
なにもかも自由だ。

 

なぜ、人間だけが、自ら苦しみを生み出そうとするのか?
いちいち罪を感じるのはなぜ? めんどくさいよね。

 
これ最初はね、ホンの些細な事だった。

それがどんどんエスカレートしていった。
ついには、宗教が生まれ、国が生まれ、十戒が生まれ、法律が生まれた。
聖地が築かれ、境界線を敷かれ、この線を踏み越えてはいけない、が生まれた。

その線を踏み越えてはいけない。が、至る所に生まれた。
あれをしてはいけない、これをしてはいけない。
逆もしかり、あ〜しなければいけない。こうしなければいけない。

 
それが法律であり、道徳であり、掟であり、人間社会である。
その中で、人は集落を築いて、家単位で、厳重な戒めの中で生きた。
人間社会の中で正しくアランためにな…

子育ての苦悩の原因もここかな?

親が子どもに嘘を付かせていたんだね
 

もしも、理から外れれば、なぜかそれが罪だそうな。

 
人を縛るもの。

罪の意識?

 

知ってるよね。
最初からそんなもの存在しないことを。
その意識は、人間自身が生み出した苦しみの幻影に過ぎないことを。

 
だって、人の世の理から外れたら…
外れた時点で、そこに裁く人は誰もいなくなる。

目の前に在るのは自然界の因果応報さ。。。
 

今まで常識だと思っていた社会からの追放は、
確かに恐ろしいかもしれない。
 

だけども、社会全体が死に向かおうとしてる今。
そんな幻影に怯えるのは、もはや取るに足らなくなった。

 

人を縛るものは罪の意識だ。
だが、その罪と思わされてることが実は錯覚であり。
最初からそんなの無くして、人は最善の道を生きていける。

むしろ理から外れたところに、人間の真の生き方がある。

 
国も法律も十戒も誰かの教えも教育も、遠い場所のニュースさえも、
最初から、必要ない。存在の価値すら無い。

早く錯覚に気づいて…

 

石の囲みを飛び越えるくらい、簡単。
誰でもできる。

もし心理的に、飛び超える恐怖に抗えないとしても

子供たちが。
何も知らない子供たちが、

無邪気な笑顔でそれをぶち壊してくれる。
 
 

人間の作ったものを笑顔で壊せるのは
子供たち。それから自然の動物たち。

美しい光景だね。


石の記憶(編集したもの)

先日の記事にて。

石の記憶

 
Twitter140字のつぶやきから、順番に繋げただけの記事だったので
なんか1記事として話の筋が通ってないというか(o _ o。)
話の軸がないと、こーゆーよくわからんケースは多々有りますな(。◕ ∀ ◕。)ノ

ということで、改めて編集しますよ。

 

「伝説のアーティファクト作り」

それは、想い出の一粒から始まる永遠のメモリーを、1つの瓶に込めるということ。

想い出の一粒

 
この中に宿る一粒には、その日、その時、その場所で、もう既に定まった特定の組み合わせがあるんだ。
その組み合わせが調和のとれた発酵状態であるから、永年の成長エネルギーを1つの瓶に込めることができる。この発酵瓶の成り立ちは、石や星に置き換えることもできる。

 
その石には、すでに決まった組み合わせが層となって存在してるから、自身に永年のエネルギーを宿すことができてるんだ。

場所と、年月と、生命の記憶。ね。
その日、その時、その場所で、何が起こっていたのか?
全てを記憶し続けながら、永年の時を経て成長していってる。

 
それで石の力とは、そのものの記憶。その物語自身であるんだ。
想い出の一粒から、あの時の情景が蘇るように……。
 
宇宙の成り立ち、のごく一部の姿がそこにある。
あの日あの時あの場所での、望まれし記憶を再現するんだ。
周りの生命たちが望めば、望まれた石の記憶が種となって、その場所に、在りし日の風景が再現できるんだ。

 
私たちはその願いを聞き届けるだけでいい。
頑張るのは、瓶の中の精霊さんたち。石の種を発芽させる木や草、苔たち。小さな虫たちだから。

ほら、どんな世界を望む?
生命の木、水辺に咲く花、生い茂る蔦や絡み根の森、木の実、野生動物たち、虫。

 
それとも
豪勢な金銀財宝、高層リゾートマンション、純金のクルマ、自家用ジェット機、広大な庭園、噴水。虫一匹居ない、そんな場所?

 

願うのは人間だけじゃない。人間だけが、望むものじゃない。
周りに棲む様々な生命たちの声が、各々望んでいる。石はそんな皆の声を一つにする。
石の想いは、皆の願い。自然そのものの意志を宿している。

もしも自然界の皆の想いを無視して、人間だけが、人間だけの願いを叶えようとする時
その石は、自らの力を呪いの最中に変えてしまうんだ。

 

始まりは、ちっぽけなものだったかもしれない。
石の想いを見なくなったこと、自然の想いを見なくなったことが
この場所に呪いをもたらした瞬間だった。

 
はるか古の地にて、石を貨幣とした文化が生まれたのもそう。
石そのものの価値や想いを無視し、人はそれを「お金」としか見なくなった、
本来の石の役割が分化されてしまったんだ。

石の意志を無視か(。0 _ 0。)ノ
そんなふうに、石の声が聴こえる者たちは嘆いていたのだ。

 
そうこうしてるうちに、とりあえず「金いっぱい欲しい人」が出てきて、心の底では望んでもない「石」をたくさん所有することになる。

石は、どう思うかね。
自分を「お金」としか見ない主を、どう思うかね。
本当の自分「石としての自分」を見て欲しいのに、主は単に「お金」だから抱え込んでる、そんな有り様だ。

 
少し後の時代では、それが金だったり銀だったりした。
または、豪勢に装飾された宝石たちでもあった。

今も、その一部は呪いの装飾品として遺されているものがある。
どれもこれも、その石の想いを無視したせいだ。人間独自の価値基準に目が眩んだばかりに、本当の彼らの想いを、視ようともしなくなった結果。この悲劇だ。

 
もうコレ以上の苦しみを増やしてはならない。

 
 

風水やブレスレット作り、お庭作りにおいて、とにかく自然の素材を使うにあたって、心しておくことが在る。

石ならべの基本は、想いを聞くこと。
 

発酵する瓶の中の世界のように、お互いが望まれし特定の組み合わせを実現できれば、そこから永年のエネルギーを生み出せるようになる。石の声を聞くこと、まわりの自然たちの、あらゆる願いの声に耳を傾けることが大前提だ。そのベースがあって、初めて自分自身の願いが形に現れるようになる。
 
望まれし世界を形にした、万能の箱庭が出来上がる。

 

ちなみに…錬金の視点では、人工的に磨きあげた純粋な宝石より、自然その物の原石のほうが価値が高い。石そのものが生きてるからだ。気の遠くなるほどの年月の記憶が、その石に幾層にも重なって宿ってるから、そのものが持つ潜在能力の差は、自然本来の姿のほうが歴然なんだ。

 
実は、現代文明というのは、石の価値を全く分かってなかった。
だから、太古の石を燃料に燃やし続けて、呪いをまき散らすことができたんだ。
自動車や工場、大量生産の根底には、多くの彼らの犠牲が在る。
 
元の価値は、自然に在る。
人工物の価値なんて、自然から奪って付け替えてるだけ。
人は、無から何の価値あるものも生みだせてない。

至高の芸術品や美しさだって、人工的に造り上げようとも無理なんだ。
人工物の中では、何十年スパンですぐに美しさが死んじゃうんだ。
すぐに死んじゃうもんだから、って、人の世の美しさの基準なんて、所詮その程度なんだ。

人工的な美が、美的感性の基準になってごらん? 世の中大変だよ。
美しさを保ち続けるために、自然から奪い続けなければならない状況を、自ら生み出していたんだ。
 
皆、こうやって、本当の価値から目を逸らされ続けてきた。

 

想いを見ず、違う場所にもってって、無理やり働かせるからそうなる。
石のお金、わりとあの時点でマズイ。
あのせいで、多くの然るべきモノが遠くへ持ち去られた。

現代社会、生きながらにして社畜。
一般社会人の惨状に、ほら。そっくりじゃない?
想いを殺され人生を奪われ続ける社畜、生き地獄。まるで石の悲劇そのもの。

 
全ての悲劇は、本当のそれ自身を見なくなった事から始まった。

パワーストーンを、利用価値あるタダの石としか見ないようでは、面白くないよ。
その石の気持ち、何なら道端の石ころでもいいよ。その石は、何処からやってきたのか。
どのような【時代】を生きてきたのか、感じ取ろうとすれば。

それだけで石の世界は爆発的に拡がって見える。
石の想いを突き詰めていけば、本当の、望まれし地球の姿だって、視えるようになる。

 
道端の石。彼らは、記憶の1ピース。
彼らの声を聞いて、足りない世界を集めていって。

元はみんな一つだった。