前世の記憶を思い出す

前世の記憶を思い出す

 

もし、前世の記憶を保ったまま生きれるのであれば、
もっといい人生が送れるんじゃないかなぁって。

たまに思うことがあります。

 
といっても、近年までそんなことは不可能だと思われてたのですけど。

 
ただ最近、こんなことを考えてました。

夢の世界を記憶するようになってから。
あるいは、それが思い起こされる状況。というのを思い返してみると、

何らかの行動や場面、匂いや音が、その記憶を蘇えらせるトリガーになってる。

 
例えば、皆さんにもこういう経験があるはずです。

昔流行った曲を聞いてると、過去の思い出がフラッシュバックされたり。
思い出の場所に行くと、その頃の記憶が湧き上がったり、

桜の季節に、過去の出会いや別れを喚起させられたり。
食べ物からもそうですね。おふくろの味の原点は、ママとの思い出。

何らかがきっかけで、眠ってた過去の記憶が掘り返される。

 

だから、もし魂が輪廻転生していて、前世の記憶が魂の潜在意識の奥の奥に眠ってる場合。

その記憶に前もって魂の情動を揺さぶる仕掛けを施しておけば、
人生が生まれ変わっても、また思い出すことが出来るのではないかと。

思うようになったのです。

 

古代文明、アトランティス?かの時代の、レムリアン水晶って有るじゃないですか。
あれ、まさにそのような用途でも使われてたと思うのですよ。

自分の生きた記録を水晶に「コード」として宿し。
次に生まれ変わった特に、水晶に刻まれた「コード」を読み取ることで
過去世のデータすべてを再インストールする。

 
今で言う、USBメモリ。

古くなったPCを最新のパソコンに買い替え、データをそのまま移し替える感覚。
そうすれば、過去のデータをもとに続きとなる創作物を生み出すことが出来る。

記憶一からやり直すより効率的じゃないですか。
新しいPCに買い換えたから、古いデータ全部捨てて一からやり直す人居ないじゃないですか。

 
だからですね。
過去世の記憶、新しく生まれ変わった時に思い出す。
そしてその為に、自分の残したUSBメモリに仕掛けを施す。
大切なことだと思うわけです。

それは、すべての生き物たちにとって必要だったと思うわけです。
でなければ、生命が進化するなんてあり得ないから。

今の記憶リセットされる世界は、賽の河原。
ずっと同じ事の繰り返し。人は、同じ過ちを2度も3度も幾度も繰り返してる。
けど、それももうじき終わる。

 

昔は、水晶が記憶を引き継ぐ役目だったと思います。

石の文明が無くなってから近年までは、その手法は紙であったりしたけども、
古くなったり管理が大変だったり膨大な料のデータを記録出来なかったり、
誰かに情報を湾曲させられたり
(例えるなら聖書とか古事記とか歴史の教科書とか)

まぁ、色々と大変だったわけじゃないですか。

でもですね、現代ではデータとして記録できる媒体が発達して
ディスクだったりフラッシュメモリだったり、またさらにはオンラインストレージとか言って
ネット上に、全体の記録装置にそのまま書き込めるようになったじゃないですか。

だからですね、出来るんですよ。きっと。
夢を思い出すように、前世の記憶を思い起こさせることも。

それは、自分がそのコードと再会した時に、
何らかの情念を湧きあがらせるような仕掛けをしておけばいいんです。

例えば、私たちでいうなら音です。
自分自身が、そのすべてを込めて作った曲を表紙に飾るんです。

その音を知ってる人が聞けば、昔を思い出す。
これは、自分がかつて書いた曲ったならばなおさら、その全てを読み取れるから。
それがトリガーとなって、前世に関わるあらゆることを思い出すようになる。

また別の人で言えば、イラストだったり詩だったり、
ゲームだったりアニメだったり動画だったりするわけじゃないですか。

その他にも、考えられる様々なものがトリガーになる。そんな気がする。

記憶は永遠。次の自分にも宿すことが出来る。
そう思って人生を歩んでいくと、もっと楽しいんじゃないかなと思いました。
きっと未来の新人類の姿ですね。

はたまた夢のお話でした(‘ ‘*)

 

 

 

追記:
人は、その存在が忘れられるときに第二の死を迎える。
(誰かの言葉)


ショッピングモール、鳥居の解放

今日は色んな所に行きまくりました。
たくさんのお店が並ぶ街道でお茶したり、その先の大型ショッピングセンターに行ったり。
道中で川遊びをしたりと。。
 

なんか朝ごはんにイラストレーターさんがパンを焼いてくれて(‘ ‘*)
自家製ヨーグルトとパンを丸ごとはむはむして出発した気がする。

パンなんで1斤もたべちゃうんだろう?
て疑問に思いつつ、端っこだけちょと残した。
後日食べよう。。。
  

さて、おでかけおでかけ。
図書館から続く街道に、地下街みたいな?
レンガ造りの地下街。色んなお店が沢山。

うちは飲食店しか目に映らなくて、美味しそうな店無いかな〜なんて探してたら。
おしゃれなイタリアンの喫茶店がw(‘ ‘*)w

で、ずーっと行ってたら、着きましたよ。
大型ショッピングセンター。ビッグカメラとダイエーとキャナルがごっちゃになった感じw

そこで何をしたんだ。表1〜5Fに続く階段広場の女神像を見に行ったんだっけ?
結局、ショッピングセンター言えども、まもなく閉店時間いってたような。

何もすること無く帰路につきました。
 

帰りの街道では。例の喫茶店のマスターと挨拶して。
ちょち近道しようかなと、街道を抜けて外に飛び出したのです。

ぎゅいーんって、川が流れてるトコを超えて、山になってるところ神社付近まで付いた。
あふー、川沿いの道行こうと思ったのに飛び過ぎちゃった(‘ ‘*)

とか思ってたら、磁場が反発して、重力の向きが斜め横向きに!?
川の土手が地面になるような重力の向きになりました。

そこで、壁が地面?みたく横向きのアングルで歩いて行った。
建物の壁が地面。建物を次から次に乗り越えて、川沿いの道に辿り着いた。

川沿いの道は、何となく川下りのイメージ。
でも、現実世界とは流れる方向が逆。

壁伝いに歩くって中々ないよな〜とか思ってて

そうだ。この光景写真に撮ろう!
て思ってたら、中々上手く撮れなくて。

壁づたいに歩くって集中力居るみたい。
それが写真に気を取られてしまって、ざばーんw

川に落ちた。でも浅い。すぐに戻る。
 

何とか写真を撮り終えて、ん?
あ〜。うち夢のなかで性別が変わってたのに気づいた。

川下り中に、とある男の子たちが出てきて
一緒に行こうぜ?みたいな。お誘いが。。

 
川を下ってくと、鳥居が見えた。
普段は潜るしか出来ない鳥居。

でも、今は高いとこまで行ける。乗り越えられる。
男の子たちはくぐっていったけど、私は上から行きました。

すると不思議なことが起こった。
鳥居は2つあって、大きい方はカラスが3羽居たの。
そして小さい方は子犬が2匹。

どっちも火に燃えてるような感じ。
 

もしかして鳥居壊れた!?w(‘ ‘*)w

とか歓喜しつつ、けっこう綺麗な光景だったので
写真でカラスをパシャリ。

うん、何かその場から動かないし、綺麗だな〜。ブログに乗っけようかなーなんて。

一方の子犬ちゃんは、あ〜。ヘルハウンドみたいになってる。
うーむ。中から火が燃えている。。。

写真に移そうかと思ったけど辞めました。

 
そしたら今度は、川下りのインストラクターみたいな人が出てきて。
今から下るからね〜、準備しようね〜とか何とか。

いやいや、うち一人で行くし。
ひゅーん。。

そして、しばらくして目を覚ましました。
不思議なことに、起きたときはあんまし覚えてなくて。

何かがトリガーで。

そうだ、水場に行った時に
川下りのところから思い出したんですね。
朝ごはんのパンも、冷蔵庫開けた時に思い出した。

何かしらつながりのある行動をとるとき、夢の情景が喚起されるようです。

 
水は水。

食べ物は冷蔵庫。

写真は携帯。

音は音。

最後は、イラストレーターさんが水晶のブレスを掲げて
はい、どうぞ。 っていってた。

おお、ここに夢の記憶を蓄えるのかいな(‘ ‘*)?


三種の神器

昔の言い伝え

1:八咫鏡(やたのかがみ)
2:八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
3:天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)

これ、現代に置き換えると。

1:鏡(データーベース、情報)
2:珠(キーワード、鍵、検索メガネ)
3:剣(意志、実行する係)

みんな持ってる3種の神器(‘ ‘*)

データベースは揃ってる。
読み取る能力は鍛えられる、ないなら助けてもらう。
実行する意志は自分の想いが決める。

器・レンズ・想い
木・水・石

 

補足:

石は意志が固いから石。
石に想いを込めると、想いが増幅します(‘ ‘*)

たぶん(。◕ ∀ ◕。)ノ

波長の合う石のお守り、最近自分で編み始めました。
すとおーーーん*:・’゚☆


夢のピアノ

夢のなかでは偉大な作曲家になれる。
次から次に、音たちが枠を抜けだして、自然とあふれだす。

曲。曲は人が紡いだ自然のコード。
だから、何者にもとらわれない、覚醒した音。
夢のなかでなら作れる。

 
今日、こんな夢を見ました。
ピアノの音がどんどん流れてくる。

自然の音、を再現したような旋律の流れ。
如何なる音も、再現してみせよ。と。

音を、聞き。ピアノのメロディが流れ。
その旋律を、ディスクに記憶する。

音をなぞって記憶せよ。
誰かにそんなふうに言われた。

すべての旋律が、素晴らしかった。
感覚で弾きながら、音をなぞってうっすらと記憶した。
あの音は、聞けば思い出す。

 
ぜんぶそんなもんだよね。
音楽って。何気なく聞いて忘れてても。
聞けば思い出す。

 
記憶するってそういうもの?
んん、でももっとはっきり。
好きなときに取り出せる、それくらい記憶したかったあの音。

たぶん、もう一度出会える♪


龍の記憶を取り返せ

また夢の世界に旅立った。
今度のミッションは、封印を解いて龍の記憶を復活させること。

龍の魂を宿した4人の知り合いを集め、龍の祠にたどり着ければ良いとのこと。

龍の魂を宿した4人の中には、前回の夢に出てきたKもいた。
小学校の頃親友だったK、そして今度はTもいる。
3人目ははっきりと名を思い出せないが、顔は覚えてる。たぶんMという友達。

そして夢の始まりは、4人めをこれから探すところだった。

うちは、龍を導くものとしての役割を与えられた。
情報を何処かからか受け取り、龍たちに伝える役目。

小さな頃に住んでた場所の周辺を、飛び回っていた。
一飛で何百メートルも移動できる能力。夢の中ならではだ〜♪
しかも時系列関係ない、今は過去の世界にいる。小さな頃に馴染みある場所。

木の小屋で休憩をとってると。
3人の龍の姿が消えていた。

あれ、みんな何処行ったんだ?

すると、奴が現れた。

「ふふふ、彼らは何処かに旅立たれましたよ?」

シルクハットを片手にもった刺客が現れた。
紳士のような、でも老婆のような。。

してやられた。奴らは龍の記憶を狙う敵だ。
罠にはめられたのだ。

彼らが何処に行ったのか探さなければ。。

「おっと、逃しはしませんよ!」

やば、うちも狙われてる??

杖をボンと一突きされて、身体が縛られたような感覚になった。
くっ!!

でも、次の瞬間。別の地にワープして逃げた。

劇場版、シアター。
その建物内で、龍の気配を2人感じた。

何処に居るんだろうと其処にいる人達を注意深く眺めてると

「あ。あきてぃー?」

え、あ。ヤッホー(‘ ‘*) cさん。
まさかこんなとこで出会えるなんてにゃ〜。
ぅう、でも今は大切なミッションがあるのにゃ。
龍たちを探さないと。。・

と言ってる内に

KとMが扉から出てきたよ。
ぉおお、よし。追っ手が来る前にHOMEに退却だ!

「またねcさん。」
「大変そうだねー(‘ ‘*) またねー」

そしたら女の人が2人扉から出てきた。
あ、cさんも誰かと待ち合わせだったんだー。

楽しんできてね♪
と劇場版シアターを後にする。

「しっかりつかまっててね」

とKが言った。
で、めっちゃハイスピードで移動。
ぎゅいいいんんーー。

えっと、Kの龍の力を使って背中に乗って帰ってるわけですが。
距離にして2時間くらい? 九州の南から北へ向かってる。

まずいな、龍のエネルギー探知機で敵の情報網に引っかかるかもしれない。
ミスった。Mの透明化ワープの力で帰還するべきだったか。。

で、不安は的中した。
なぜか四国の方に引きずられていった。

しこく、地獄の色してた。
夕日に染まって。怨霊がいっぱい。

やば、これは一旦戻ったほうがいい。
ねえK、退却。たいきゃく。。。

あ、

竜の力が途切れてしまった(‘ ‘*)

ひゅうう。。
四国の地に降り立つ3人。
どことなくKとMはぐったりしている。

ヤバい。。

ねぇ、M。ワープの力で帰ろう!

Mはぐったりしている。。w(゚ロ゚)w

ヤバい。鳥居がいくつも並んでる。山道。
鳥居をくぐってはいけない。端っこを通ろう。
とりあえず元きた道を戻らなければ。

2人を抱えて歩いて帰ろうとする。
もはや絶望的状況。

怨霊が復活し始めた。
鳥居の奥からどんどん出てきた。

うちらも、彼らと同じように歩いてる。
出口に向かって。

く、やばい。追いつかれる。。。

怨霊の身体が、うちに触れた。
ぐにゃん。

あれ、危害を加えないぞ?

うちには目もくれず、なた進む。進む。

ハッ!!?

そこで目を覚ましました。

つづく(‘ ‘*)