世界には、望むもの全てが内在してる

世界には、望むもの全てが内在してる

あらゆるモノが、全てが、この世界に、自分の中に存在してるのを感じた。
この世界は、インターネットの検索ページに似ている。
自分の見定めたい視点でサーチすることで、世界中の全てから狙いの検索ワードにあった情報(存在)が絞り出されるわけだ。

土地が欲しかったから土地の情報に行き着く。自給したかったからそれに合う土地に行き着く。場所も望んだその近辺に焦点が絞られる。結果、前の記事に描いていたような結果が起こった。

その土地は昔からそこに在った。
現実になかったのは、当時の自分自身というだけのこと。
なぜ、その時の自分に望みが叶わなかったのか…振り返ってみると、確信できることがあります。

望みを叶えるのに必要な情報(検索ワード)を想像できなかったこと、その一点に尽きる。

美しい世界で生きたい、この曖昧な望みをどう現実化していくか、当時は想像が難しく。だからこのインターネット上だけで、創作してたのかもしれない。
長年思い続けるにつれ、少しずつ現実的なこと、食べ物を自給することだったり、土地を手に入れるだったり、暮らしに必要な知恵だったり、そういった視点に行き着いたのだろうと思う。

望むものは、すでに存在してる。
必要なのは、そこに行き着く方法だけだ。


望んだことは現実に

これは偶然だろうか?
と考えたことがあった。

手にした土地は、自分を待っていたかのようなタイミングで現れた。

 
遠慮なく自分の進みたい方向に行くために、いろいろ制約の多かった婚約者と別れる決意をした日と、土地の売りに出された時期が重なったこと。
価格が、自分の購入できるギリギリの値段だったこと
滅多にない購入申込みが重なるや、わずかに早かったお陰で手に入れられたこと。
隣に誰も居ないこと。空き地があること。いずれ広げられること。
現状の瓦礫を除いて、求めてた条件にすべて当てはまったこと。
近くにたまたま恩師や同志が住んでたこと。
悩まされてた皮膚炎に、近くの温泉の効能がダイレクトに効いたこと。
生きた湧き水があること。

 
条件ピッタリ、+自分の意図しない部分にも望み通りの現状が。

偶然?

 

と言っても、長年望み続けてたことなんですよね。
土地は5年以上も前から。元はといえば自給自足を志してたからで、それも自分の望むような生き方をしたかったから。面倒な仕事して食べモノを得るより、生きるのに最低限必要な物(食べ物とか)を思うままに作れたほうが、後は好きなように暮らせる!
こういった前提があって、望んでた。

ファンタジーのような美しい世界で、美しい生き方をビジョンに。
現実離れした光景、新緑と空と水と草花、木の実、色とりどりの森の景観。
そんな世界を創りあげて、のんびり暮らすのです。

 
と、このサイト作って10年くらいだろうか。
そういうふうに思い描いた幻想を形にしてみたくて。
しかし現実に形にするのは難しく、ずっと夢の世界に思い描いたのを。曲を作ったり言葉を織ったりして積み重ねてきた。

感性が現実周りとズレてるの分かってたんで、そういうの気にならんように最初は独自の世界で。仮想世界は素晴らしい、ネットを通してちょっとずつ広がった感じ。
 
 
今、その夢が現実に、実際に形にできる場を与えられた段階。
始まりの一点が、この日この土地この場所で、偶然を装って生まれたのだろうって、
何となく思いの行き着く。

 
もともと望むもの
自分の世界に内在してた
すでにあった

形にできるタイミングを待っていた


月明かり、小さな音

真っ暗山道、帰り道を往く途中。
空を見上げると一面が星空だった。
都会では見えなかった様々な星が、優しく光ってた。

そもそも周りに電灯がないから。
月明かりがとても綺麗に見える。
 
月明かり
 
灯りが無いほうがよく視えるんだ。
自転車のライトをつけると、その範囲はとても眩しく照らされる。
が、ライトを消すと、その暗さに目が慣れて、道のずっと遠くまでくっきり見えるって。

そんな不思議な体験をしてから。
ああ、見えるか見えないかは、光の落差なんだって思った。
山道の暗さには、星やお月さまの優しい明かりで十分なんだって思った。

 
これまで都会でまばゆく輝いてた灯りは
そういった包み込むような夜空の明かりを見えづらくしてたんだなって。

 

そして、あたりには静寂があった。
すると今度は、些細で小さな音がよく聞こえる。
何かの気配か、木の葉のさざめく音が。

そして、たまに通る自動車の音が大きい。
何もないから、色々なものがよく聞こえ、視えるようになってた。

 
小さな変化、些細な気配、冷たさの中の温もり。
風のゆらぎ、たまに聞こえる人工物の音。

静寂に溶けて、森全体の一部として
その光、それらの音を聞いてるみたいだった。

 
この感覚は、実際に体験してみたら。誰もがそう感じると思う。
何もない暗闇に溶けていく。この話をすると、怖くないの?と知人は口にしていた。

ただ当初の、目の前が真っ暗で何も見えない不安は、その場所に慣れると色々なことが視えるようになって、視界が慣れて、むしろむしろ暗闇が居心地良く感じられるようになっていく。

この感覚。

 

逆に都会に帰ってきた時、あまりの賑やかさに驚いてしまった。
今まで暮らしてた場所が、まるで違う世界のように感じてしまった。

どちらの夜が現実で、どちらの夜が泡沫となるのか。
今は自分で好きな方を、好きな時に、切り替えていられる。

落差が、すごい。


理想の暮らしの現実化

山奥に移り住みました。
ずっと願ってたこと。

土地があり、食べ物が自給できて、その上で好きなように暮らす。

森

 
土地さえ確保し、移り住めばそのまま理想だと思っていた!!(‘ ‘*)
しかし、現実はどうだ!!

当然ながら、作物は実るまで1年、主である木の実は3年から長くて40年もの歳月を必要とする。
理想が実現するまで、さぁ完成形まで40年じゃ〜♪ヽ(。◕ v ◕。)ノ~*:・’゚☆
と、100%を見据えれば気の長い話でして…

 
住んで早1ヶ月足らずや。
人間に、これまで放置されてた土地の寂しさや寒さ、荒々しさに直面し、かしこ向き合っております(o _ o。)
帰ると、真っ暗闇の中、星が綺麗で、でも寂しい森の静けさがある。
動物たちや生き物の気配は鳴りを潜んでいて、静寂だけがこだましている。
打ち捨てられた小石やゴミを拾い、荒れた草地を整備し、山道の合間を通れるようにし、ゆっくりと土地の目覚めを夢見る日々です。

まだ温かさが足りない。
冬。冬が到来します。ふえ〜〜・・・

 

もしかしたら、何かを1から始める場合。
1から始めるっていうのは無くて
その原型を受け継いで後、すすを払い、新しく自分に馴染ませるにあたり、
不確定な部分を隅々まで把握し、確かな基盤としてスタート地点に根付かせるまでが
一番大変なんだろうと、深く思った次第でした。

 
私は、理想に向かっていきなり新天地に引っ越して、ちょっと無理しすぎたかな?と振り返ってます。
なので、ペースダウンして、これまでの生活と行き来しながら、じっくり土地を整える日々を送っています。

まだ自分の場所では実っていないけれど
水がおいしく、食べ物が美味しい。そんな環境で、のんびり。
ぼちぼち土地が整備され出しました。

 
これから、1を植えます。
新たな生命を根付かせるのじゃ(‘ ‘*)
自分の思う場所に、其処に在り続ける生命として。

生き物が増えると、少しずつ土地が温かくなります。
生きてるって温かいね。もふもふ。
ちょっとずつ土地の生命力が息を吹き返します。

理想はその先にある。
夜、メロディが浮かんできました。
記録するPCを最近触れてないためか、スケッチもできてない。

夢がもっと現実化したら、木陰でそういうのできるようになるかもしれません。
今は整備に大忙し。


狼の魂

狼の誇りを忘れてはならぬ。
と、告げた。

犬は居ぬ。
狼の霊が宿る。

 
人の都合でペットにされちゃ適わんの。
可愛さもあざとさも要らん。
狼、誇り高き野生の美しさを思い出せよ。

ぉお、神よ。
ウォーン(。0 _ 0。)ノ