移し身

外界から、何らかの原因があって。自分の中に自分でない誰かの意志が働きかけるとき。

「私でない? 誰の言葉」

それは自分に関連する物事だったり、自分にとって必要なものであったり。
何らかの要因に対する手助けになってくれるかも分からないもの。

どうして、先日出会ったおじさんはこのことを悪く見るのか。
。。。深い精神意識に働きかけられて、それに取り付かれかねないから?
自分を本当に見失うことになるからだと、云うのでしょうか。

身近に例えるあなたのこと、それならあなたが今言った言葉はあなたの言葉でしかないものなの?
昔、誰かに云われたことなのでしょう?
肉親から? 恩師から? それとも恋人? それとも何か別のもの。

あなた自身にだって、それは憑依の一種なんだと例えることは出来るのよ。

 
私の言葉は、私が。ずっとずっと書き連ねた羅列は。
いつからだろう。男性不振による、自分自身に対する放棄から。
ずっと14歳くらいの頃から現実逃避して、精霊とか妖精とか森林とか、そういった想像上の世界の一部に為りたかったからかな。
とにかく、大人になる現実が嫌でした。
声変わりもありました。でも無理やり押さえつけちゃった。
自分自身を嫌悪するそのものの姿に為りたくなかったもの。
身勝手で汚くて乱暴で冷徹な、そういう姿には絶対に為りたくなかった。

そんな在りえない現実を見据えつつ、清浄な空間だけが彩る世界で羽を休めることにしたのです。
そのときから、夜の暗闇に身を置くことで物凄く安心感を覚えましたし、伴って肌が打ち震えていく感覚がありました。
何の影響下で、とりつかれたかのように見るのかしら。。。
それらは私じゃない誰かであって、同時に私の一部に為りえるの。

猫。とお話できるよ。
蛙、鳴き返すの。
犬、にらみ合うの。
木、湖、葉っぱ、土、落ち葉。みみず。鳥
鳥、鳥籠に囚われたモノ。

 
それに話しかける方法が分からない。
私の中の女の子も男の子も私自身も、犬も猫も鳥も木も葉っぱも土も水も、それを知っているのに自分が認識できないでいるのと云います。

 
鳥籠に綴じられた苦しみや哀しみも全部持って出掛けましょう。
私はそれを、たくさんたくさん頂きたいのです。
最後には純粋な形だけが残るでしょうに。
そういうのが、何らかの要因でゆがめられるのは本当に哀しいこと。
哀しいこと、全部味わいたい。
泪するのはあなただけじゃない。私だけでもない。
壊さないで、だって此処はあなただけの世界じゃないんだもの。。。

 
こうやって、誰かの言葉が私の中でずっと渦を巻いてる。の。


何の真似事

未だ知らない。
ほんの少しを知っていて、それを全てだと錯覚する。

いつまでも、知りえない事が多いでしょうね~。
語られた言葉は全て覚えているって云っても、未だ語られていない言葉はそれより数え切れないほど存在するとも思えるように。

 
いくらスピリチュアルが浸透し始めても、一体それらは何処まで本気なのか。
どの辺りまでそれは影響を及ぼすことができるのかなぁ、とか。

うちも、ものすっごく必要を感じるものなのが、唯の一回きりでよろしい。
ふふ、まるで遊びみたいに思えてきました。
所詮、ごっこ遊びなのだわ。せーれーごっこ。

 
ただの人間が万能になれるわけ無いじゃん。
どうしても全てを信頼するに値しない。
先日のおじさん、一体何を見失ってるのか、何を見てきたのか。
経験を分けてもらいたいな。


9、疎外感。1、孤独

知りたい。。。? いたりし。何も、此処は。無い。少しだけ。

 
例えば、常に孤独を感じている。私かしら。
例えば、常に廻りに怯えてる私、かしら。

何が怖いのか、それは自分にも分からないけれど、いつもいつもいつも;
私はいつしか、全部が。意味不明な羅列に狂われると思うの。

だってもう何も要らない。
失ってしまうくらいならいっそ。
そのもの全て、一切の関係を断ち切ってしまえる。

その幸せは虚ろなものでしょう?
それは直ぐに裏切られる。いつもそうじゃない。

もう何も信じない。信じたくないし信じられない。
全部全部全部、いっそ心なんて無くしてしまえばいい。
そうすれば何も怖くないもの。
私は、人形。マリオネットの糸伝いに、人に弄ばれるもの。
嫌だ。誰も何も構わないで。。。私は独りでいたい。

 
嫌だ、嫌だ、。どうして
最後には寂しさだけが込み上げてくる。

 

もう、やめて。どうして。私、こんなこと。
こんなこと、書いてさ、俺。私。ぼく。何になる。
ねえ、何か知ってる。誰が此れを断ち切れると言うの。

 

 

 
魔法使いなんだ。
っと、自分に暗示をかけてることをする。
僕、女の子なんだ。
って、自分に暗示を懸けている人は結構見てきてる。
それらが必要だからです。
無理なことは承知、でもそれがないと何も出来ない自分が居る?
必要と感じたものは、たとえ相当の代価を払ってでも自分の力にしてしまいたい。
とも思っています。
これは、きっと破滅の言葉にも為りえますよね。
力を追い求めるあまり、それが必要だった理由を忘れてしまうかもしれないからか。

 
私、私の中に居る子供の自分自身に溺れてしまいかねない幻聴を見ました。
もう心まで純粋な子供のものになってしまって、暴走した力が抑えられなくなって。。。
結局は自分自身を見失うことになるのでしょうかしらね。

 
いいや。暴走してもいいから、自分自身でそれを見つめ直せたら。
どんなに救われるか分からんです。

 
一度死に掛けたし。それに気づきもしなかったけど。

 
 

幸せを恐れることは、失う悲しみをしっている事ですか?
私は時々、何をしゃべってるのか分からなくなるんですよ?
行った先から、何かを忘れていってしまうのです。

かき集めて、一つ一つ。誰か。いや、私が。
もう。ね。。予見なんて、広がりすぎて仕舞いには何を見てるのかね。
読み取る言葉は、すごく大切なものなのかな。
読める? いいや、全部読めないように出来てる。
知られたくないもの。だから。


語りかける

それは、怖いもの?
それは来て欲しくないもの?
それでも、大切なモノ?

それは、嫌いなもの?
それは好きになれないもの?
それでも、失いたくないもの?

 
それが近づくほどに壊れると思うの。
それが離れるたびに哀しくなると思うの。

だから怖い。怖い?
どうしたらいいのか分からなくなるから、怖い。こわい?
跡を残せば、可哀相にも思えてくる。
もう、いいの。構わないで呉れて。
私はそれで十分だから、早く新しい居場所を見つけて。
さようなら。

 
 

「そうなの?」
 

もう囚われない影と形。
暗闇を解き放って、もう一度光の渦に巻き込まれて。

 
まだ見えない。まだ見えない。


危なかった

もううちはええねんで。
のんびりしてるんだけやから。

なんか。ほんに今回の旅は、帰ってこれてよかったものです。
たくさんの歴史を垣間見て、ぐりっと;
こう、なんか形跡を辿ることが出来るのは、嬉しいことでしたから。

真っ暗闇の中、自分の感覚が打ち震えるほど研ぎ澄まされていたのが不思議なくらい。
そうしないと、きっと命に関わったかな。

 
もうほとんどを見てきました。
あとは、これを思い出にするか記録に残すかするだけです。
私の一部になって、暗闇の奥底に眠っていて、、、