過去曲のリニューアル

昨日、メールフォームよりリクエストいただき
過去に作った素材「揺れる木漏れ日」のループ仕様をアップしました。

昔は素材としてよりも作品としての音作り要素が強かった分
細かいところに配慮が行き届いてない素材だったんだなぁと。。

ちょうどいい機会だたので、新音源用に合わせてリニューアルしました。
こんな感じで、一度過去曲を見なおしてみたほうがいいのかな?

リクエストくださってありがとうございます(‘ ‘*)


「Timelessberry」ってどういう意味ですか?

web拍手からこのようなお便りを頂きました

「Timelessberry」ってどういう意味ですか?

はい、ではお答えします(。◕ ∀ ◕。)ノ

Timelessberryとは造語です。

広く知られていないワード、意味の分からない単語って、
自分が名付け親になることでそこに存在意義を吹き込めるのですよね。
なので「Timelessberry」のスペルをお借りして、言葉の響きに改めて意味を込めています。

時を失った果実(子供)、時の迷い人。として
サイト名に由来するスペルをTimelessberryとしました(‘ ‘*)


お部屋は物語の生まれる場所

2013年10月10日

今日の日付をもって、物語の要となる場所が神域から移り変わるようです。
今までは鳥さんが鳥居で物語を編んでたみたいなんですが。

なんでもエネルギー的に磁場が移って、鳥居が意味を成さなくなったとか。
今まで、歴史や神話は縁のある神社や教会から編まれてましたが、それが違う場所から生まれるようになる。

新しい歴史のはじまりなのですよ。

 

とはいっても物語というのは、一人ひとりの生き様によって自然に編まれていくもの。
本来、神社や寺、教会みたいな決まった場所や形式じゃなくて、
一人ひとりが自由に描くことができるもの。

人間だけじゃない。動物たちにも、物語をつくることができる。

 

だから、今まで1ヵ所に集中してた想念の集まりが、
思い思いの形で一人ひとりの元に返ってくる感じですね。

そう、物語を編む力が、一人ひとりに返ってくる。

  

お部屋。

お部屋は物語の生まれる場所。

お部屋が私たちの投影、物語の土台。

 

インターネット上で言うなら、ホームページ、ブログ。ウェブサイトがそう。

それが物語の想念を産む場所になり、
思い思いのエネルギーが緩衝して、その物語を再現する場所にもなる。
そして、同時に物語の歴史を記録する本棚にもなる。

すべては3つの役割で成り立つ
(過去の記事を参照⇒ 三種の神器

剣と
珠と
鏡と

だから私たちも3つ用意したの。

きっと、この日のために、この時のために7年間。
人生のすべてを注ぎ込んできたのでしょう。

作品としてこれまで作り上げた3つのお部屋たちです。

・時の迷い人 http://timelessberry.com/
・ゴールデンフラワー http://goldenflower.jp/
・巡る箱庭 http://timelessberry.com/legendary/

 

音と
絵と
文と

幻想と
現実と
歴史と

未来と
現在と
過去と

思念と
行動と
結末と

物語は3つで成り立っている。
すべてのものが3つで成り立っている。
 
3つの役割が揃うことで、神話が紡がれていく。

 

この日のために準備をしてた人たち。

きっとみんな、それぞれがお部屋グランプリの代表に選ばれていくのだと思います。
そう、私だけじゃなく、一人ひとりが物語を編んでいくのだから。

この場所に力を貸してくれた人たちもみんな。
くーちゃんもくりえるもにゃんこもマスターもNさんもMちゃんもKさんもカラスさんも鳥さんも植物さんたちも精霊の木も

それぞれが、それぞれに繋がる人たち皆で物語を編んでいくのです。
みんなのお部屋から、色んな物語が生まれるのです。

これからはいろ〜んな作品が入り乱れて、すっごく楽しくなりそうねん(‘ ‘*)

 

さぁ、新時代の幕開けですよ*:・’゚☆


音楽素材更新「神域への反乱」

素材ページはこちら。

MP3素材フリー

 

さて、今回の素材曲。
かなり曰くつきの逸材に仕上がりました。
まず、今までの時の迷い人にはないテイスト。

あと更新日。今日は満月の後。
エネルギーが反転する時期に差し掛かっています。

 

神域への反乱。それは、革命。
大富豪で言う、天と地が反転するようなもの。
この曲を以って全ては反転する。

そんなイメージで仕上げました。

 
使いどころさえ抑えれば、いい演出になるかと思います。
好きに使ってください(‘ ‘*)


Twitter Cardsの設定と申請方法

Twitter Cardsって御存知ですか?
URL付きのつぶやきをした時、そのサイトがTwitter Cardsの設定をしてると

↓このようになる
ツイッターカード

画像のつぶやきに、ページの詳細が表示されてるのが分かります。
これがTwitter Cardsです。

 
サイトに表示設定をするのはとっても簡単。
まず、前記事に挙げたFacebook用のOGP設定をします。

Facebook用のOGP設定
 

もしFacebook使わない場合は、fb:adminの部分は省いて構いません。
 

この設定にTwitter Cardsの設定を追記するのです。

<meta name=”twitter:card” content=”summary”>
<meta name=”twitter:site” content=”@アカウント名”>
<meta name=”twitter:creator” content=”@アカウント名”>
<meta name=”twitter:domain” content=”HPのドメイン.comなど”>

この4行だけ足す。
これでTwitter Cardsの設定は終わり。

 

設定したら、Twitter Cardsの申請をします。
こちらですね。

https://cards-dev.twitter.com/validator

こちらを運営サイトに対応するツイッターアカウントでログイン。
そしてこちらのタブをクリックし、URLを打ち込みます

ツイッターカード申請方法

ツイッターカード申請

このように上手く行ってたら表示が成功します。
このとき申請登録が終わってない場合は黄色のマークが出ますので
画面の支持に従って申請してください。

ここで一つ注意点。
入力項目は3つだけではない。
スクロールすると、下にもまだあります。

全部入力を終えてから送信しましょう。
数時間後、無事に登録が承認されれば成功です。

よかったらリツイートして皆さんにも広めてください(‘ ‘*)*:・’゚☆