♪BGMを止める

Timelessberry✨沈黙の炎

1−3「沈黙の炎」

♪BGM「プレリュード」を鳴らす

夜の静寂は奥深く、いつしか何も視えない宵闇が訪れていた・・・
外から肌寒さが染みこんできそうだが、暖炉には薪が焚べられており、じんわりと温かい。
炉ではパチパチと炎が弾けている。辺りに心地よい旋律を奏でていた。

マーリユイトは蝋燭の灯りに意識を揺らされ、まどろみの中で目を開ける。
いつの間に時が回ったのか。お部屋は暗がり、もう蝋燭の灯りだけ。


一本の蝋燭は思いの外明るく、お部屋の様子がぼんやりと映し出されていた。
木犀のテーブルの上に飲みかけの紅茶のカップ、そして分厚い一冊の本。
そうだ。スセンおじいさんが「魔本」の一節を見せてくれたんだ。

重厚な装丁の表紙には、群青の宇宙空間を背景に無数の星。中でも一際大きく輝く「太陽」そして眩い「月」のシンボルが印象的。 表紙の額縁をリースで飾るように、樹の実や葉っぱ、花々の模様が背景を包み込んで、所々に動物や昆虫たち、魚や鳥などの姿が隠されている。 そして、星空全体が一つの生命の姿を現しているようにも映る。

タイトルは...[読めない文字]で綴られていた。


確か表紙を開こうと思った時だった。いつの間に眠ってしまったのだろう?

気がつけば、今この時を過ごしているのは一人。
あまりにも静かで、...お部屋を照らす炎の鼓動だけが鮮明に響いている・・・
スセンおじいさんは、奥の部屋に行ってしまったのかな?

見知らぬ場所に一人。少し心細くも思えたが、炎の温かさがじんわりと心を落ち着かせてくれた。
もうしばらくの間、まどろみの中で炎に浸っていたい心地になる。


[ほら、また眠気が誘う...]

どうしてかな。
本って、文字がいっぱい書かれてるのに。
まるで読めないの。違う時代の、知らない文字だから?


うんん。
でも、不思議と、描かれる挿絵や、文字の配列。
一つひとつの言葉の欠片が、こうして夢のなかで語りかけてくるようで。


開かれたページは、最初の言葉。
「炎の章」に描かれた...彼は応えにきてくれた...
炎の神聖な輝きが、凍える闇夜を照らし、温もりと、やさしい光を与えてくれている。


聞こえる、パチパチって燃える音。暖かいね...
炎は、この子たちは生きてるのかな?
分からないけど、きっとそうだと良いな。


それはさておき...と、マーリユイトは振り返る。
僕は、どうして此処に()るんだろう。
我に還るたび、ずっと問いかけている、どうしても迷子になったみたいに思う。。


...本当の、帰る場所は何処なのか?
生まれた時のことは、何にも覚えてないのに。
言葉を知ってたり、名前を言えたり、手足を動かしたり、考えたりしてる。

不思議。

[僕は、誰...??]


虚空に尋ねても、応えは還ってこない。
どれも初めて顔を合わせるモノばかり、知りようもないか。うん、いいや。

自分を知ってる人が居ない...孤独と不安、少し胸が苦しくなる。
でも、凍える心身に、すぅっと滲む温かみ。

...炎は、ずっと寄り添うようにして、小さな身体を温め続けてくれていた。

次のページへ