♪BGMを止める

Timelessberry✨星の紅茶

1−2「星の紅茶」

丘の麓は、うっすらと星明りに照らされていた。夜の氣配の漂う薄闇。
水晶林の小道をしばらく進んだところで、スセン老人の小屋が見えてきた。


「ようこそ」

と、入り口の扉を開けた先は、やや暗がりに覆われる。

中は、湿っぽい木々の香りで充満していた。
そして様々な本、本棚。机の上にずっさり詰まれた書籍。
その一つ部屋の間取りに、古びた記録のなんと多く嵩張っていることだろう。


「どうぞ、お掛けなさい」


マーリユイトは椅子を勧められた。
ほうほうと隙間風のなびく肩身に、いくらか冷たい空氣が触れる。


星明りが、やわらかに照らす。
部屋の中は、もうそれだけだと目の追いつかない。
マーリユイトは少し、その暗がりを氣にかけていた。
これから明かりが必要だ。或いは『月』の満ちた夜であれば。

と、思ったその時だった。
老人の指先が輝き、すぅっと空間を切ったかと思うと突然。
蝋燭に赤々な灯が、描く紋様にそって現れた。それは見間違いではない。

この空間に何処からともなく炎が生まれ、蝋燭に火が灯ったのだ...


ふわりと彩る空氣が、辺りを照らした。
いったい何が起こったのだろう。
マーリユイトは少し戸惑いながら、やがてその灯に魅入られる。


スセンは何事もなかったように、火所からお湯を注ぎ始めていた。

無作法に調合されたお茶の葉を一掬い。
丁寧に半紙に包み。封をし、お湯の中に入れる。

木の色が、徐々ににじみながら。
薄く次第に、色の現実味を帯びていく。
そこに星屑を溶かす...




蝋燭...あの『炎』は何処から現れたのだろう。
不可思議な戸惑いが思考を煎じた。その合間、遮るようにお茶を濁した。

「さぁ、星の紅茶じゃ」


スセン老人は二つのカップを手に取り、一つを自分に、一つをマーリユイトの側においた。 ただの紅茶ではなく、中央に星の欠片が浮かんでいる。そして刻々と中央の星屑が解かれていく様が、 だんだんと溶けて小さくなっていく様が、どこか儚げだった。解かれていった星屑が一瞬の光を解き放ったかと思うと、その上で淡い橙色のオーロラが湯氣のように霞んだ。



「不思議な色…」


幻灯。星命のゆらめき。
星屑の香りと時間の流れる境目と。
紅茶の味が、ちかちかと刺激するよう。
口当たりがお星様って。


「星が落ちて間もないほど、鋭く鮮やかな色を映し出すのじゃ」


星を飲み込むって、どんな気分なのだろう。
それはもとより、役目を終えた星の欠片はこうやって、お茶の中に消えてゆく運命なのか。
全ての星々が流れ行く時の狭間で、ここだけが別世界だ。生と死を超越した、星の存在そのものを味わっているのだから。

光と影がまどろみ、様々な想いが原型を留めず無くなっていく。
終焉を迎える沈黙。そして新たに炎の生まれ出る瞬間を垣間見る。
蝋燭の火。何の前触れもなく、指先が光ったかと思うと突然に火が灯った。あれは・・・?

マーリユイトはスセン老人に尋ねてみた。


「その蝋燭、どうやって火が...灯りがひとりでに?」
「ああ、この炎だね。どれ、これらの文献に残された記述から"御名(ミ ナ)"を導いたのだ」


スセンは、部屋中に嵩張る記録書の中から、一冊の本を取り出した。

星の紅茶をひとすすり。
淡く、深いよどみが、くっと喉を潤していく。
そして、星の消え行く様が跡に残される。

擦り切れた表紙、パラパラと紙のめくられる音。
スセンは、そこから"炎の章"と記された項を見開いた。


魔法...

例えば。"炎の現象"とは、「熱エネルギー」と「媒体」によって導かれるモノと定められる。
「エネルギー」は"真名(マ ナ)"を宿す全ての存在に秘められており、
一方で炎の「媒体」となる元素は、空氣中のあらゆる領域に漂っている。

ひとたび、それらを一点に集約させたとしよう。
そこにビッグバンを起こす。小さな宇宙(ホノオ)の成り立ちを再現するのだ...


「この理こそが"炎の源泉"となる」


もう一度、スセンはそれを導いてみせた。
それになぞって、赤々と燃える火のイメージが脳裏を過ぎる。


『火の子ども。この命名は、炎を望んでいた証じゃよ』


燃える媒体を光の粒(マ ナ)に込めてそう呼ぶ。


瞬間。赤く。鮮やかなオレンジ色の筋が、不思議な動きをなぞったかと思うと。
瞬く間、小さな炎が姿を現した。

炎は魔方陣の上を浮遊しながら、その場に留まった。
くるくると、揺らめく様はまるで踊っているみたいだった。



火や水、風。土など。
それら万物を象る「理」...つまりは存在の成り立ちを、「真なる名(マ ナ)」の響きによって示す。
そして真なる名を連ねた音を「唱える」ことで、宇宙に蔓延る幾つもの光の粒が集い、「理」が再現される。

光の粒は小さき精霊たち。 事象の理を記した「譜面」になぞって、彼らが森羅万象あらゆる出来事を現実に描き出すのだ。


古代に綴られし文献は、後に一部が解読されて現世にも伝えられた、近代ではそれらの記述を『魔術(神 術)』とも呼んだ。
特定の領域においては、()の名をもとに、その魔が所有する理の力を導くのだと述べられていた。
(別名、(シ ン)なる名のもとに、その神が所有する万物の力を導くのだと述べられていた。)


だが...現世に残された「本」は全てについて書かれているわけではない、ごく一部の「神名」に記載が限定されているが為、人々の概念は「事象の理」を十全に扱えないでいるのだ。



「おじいさん、どうしてそんな事を…?」
「そうじゃな、ところでお前さんは…」


二人は、ほぼ同時に返した。


「お前さんは、何処から来たのだね?」
「え、何処からって。それは…」


老人の額に、横一線の皺が浮かんだ。瞳が閉じられた。
マーリユイトは吸い寄せられるがままに、その表情の変化を見て取った。
なぜだか、自分のありのままを観られているような感覚に陥った。


「分からないです。気がついたら丘はずれの森で目が覚めて...」


スセン老人は静かに眼を開ける。
どうやら少年の存在する座標は、この時間軸に示されていないようだと。


「ふむ、これも因果の巡り合わせか。
 眠る星々の遺志が、この地にお前さんを呼び寄せたのじゃろうか...」


スセンは遠くを見ながら、ひげを弄る手振りで思考を巡らす。
彼の少年の未来。或いは過去の存在に、どのような理が関連しているのかを思案する。
今は未だ多くが詠めないので、ゆったりとした口調で言葉を投げかけた。


「まぁよいかな。星の正位置は、此れから見えてくるかも知れん。
 日も暮れた事だし、今日しばらくは夜に浸るとよいじゃろう。」


星読。

目に映る言葉とは違い、星の記憶は深層に込められる。
窓から零れる星明りと蝋燭の灯りが、ゆったりと沈黙の時を刻む。
夕闇を駆け抜ける風が、さらさらと草原を靡かせていた。




マーリユイトは、以前も此処に来たことがあるような、どこか懐かしい感情を抱いた。
蝋燭の灯の中、樹木の香りと星の紅茶の味わいに、不思議と心が落ち着いてくるのだった。

次のページへ