巡る箱庭✨夜明けの詩

1−5「夜明けの詩:小鳥たちに呼ばれて

♪BGM「夜明けの小鳥」を鳴らす


ちゅんちゅん。

じゅいー。


ちゅん、じゅいー、ちちち♪ーーー鳥さんが唄ってる。


一斉に響き渡るさえずりは大地を通じて、耳に清らかな光が注がれていく。


とんとんとんとん。。。


ーーーーーーこれは何の音? 木とか叩いてる感じ。


時間が動き始めたみたい。

うーん、何か思い出しそうな夢。見てたの何だったけ、ぁふぅ。ねむねむ。


未だ眠いの。もう少しこのまま。。。毛布かぶる。




コンコンコン。。。

「ちゅん、ちゅん!」


んん??? やけに鳴き声が近いよ? もしかしてお部屋の中??
身体を起こしてみれば、その小鳥は直ぐ側の窓辺を突いて呼びかけていた。


「ちゅん! じゅいー。」バサバサばさ...


あ、小鳥さん何処かに飛び立っていった。うーむ。。鳥さん目覚まし時計です。
薪の火は、いつの間にか熾になってる。あ、気がつけば毛布が用意されてた。メモ書きも


『寒かったら使いなさい... 儂は一つ離れの小屋で休んでるよーーースセン』


気づくの今更だけど、お陰で凍えずに済んだようです。ありがたい。
ことりままならないので、眠い眼をこすって外に出てみることにします。


扉を開ける...

朝の輝かしい光が差し込んでくる、朝なんだ。。
澄んだ空気が冷たく肌に染み渡った。
山々は、見事な樹氷の雪化粧を彩る。圧巻だ。。。


小屋の周辺は小高い丘と樹々で囲まれて、梢の隙間から小鳥たちが様子を伺っているみたい。ちゅんちゅん。 高台から一望できる場所に居る、凹み段差になった先の区画は、秘密のお庭のような印象だった。植えられた樹やお花の配置が、本で見た模様(文字の形?)のそれに似ていた。。

昨夜は気づかなかったけど。お庭も圧巻。


と、感心していると、入り口のすぐ傍に案内板を見つけた。


[こちら書斎・ゲストハウス]
[↑ 食堂:一つ上の丘]


マーリユイトは思った。スセンのメモ履きに書かれていた内容。

「一つ離れの小屋って、何処なんだろう?」


と迷ってたら...

「おーい、こっちだこっち! おはようさーん!」


上の方からスセンの元気な声が聞こえてきた。


(食堂! ごはんにゃ!? にゃ。にゃにゃっ。。??)

何処からか空耳が聞こえてきた。
駆け抜ける黒い小動物の影。草むらに紛れてザッザッ。


「?? おはようございます! 今行きまーす!」


新しい一日は清々しい、此れからどんなことが待ってるんだろう。
期待に満ちた足取りで、マーリユイトは丘を駆けていった。

次のページへ