巡る箱庭✨祈りの対話

1−9「対話」

「僕が何者なのか? スセンは何か知ってるんじゃないの?」


それはふとした瞬間に現れた、問いかけだった。

明くる日出会った、身寄りのない...少年ユイの疑問に、スセンは一時の思考を挟んだ。
どう答えてあげればよいのか。すぐその場で応えるには憚られた。。

問いかけに迷いがあれば、瞳に揺らいで現れる。
もし何かを知ったならば、瞳に確認の意思が宿る。

果たして、彼の場合はそのどちらとも読めなかった.。
まるで何かを試すような、しかし改めて重要な質問とも思えたからだ。


「...そうだな、ユイよ。いや、マーリユイト。お前さんは名前の由来を考えたことはあるか?」

「? なにも、全く。何となくしか考えたことない。かな?」

「お前さんは、此処ではユイと呼ばれるようになった。私達が、そう呼んだのだ。この意味は分かるか?」

「呼びやすかったから?」

「その通りだ。しかし理由は他にもある。その中に、お前さんの質問に対する回答のヒントが含まれている」

「うーん...よく分からない、かな。僕をユイと呼んだ理由の他のところ、教えて?」


数ヶ月共に生活する中で、まるでユイを家族のように、孫か、子供のように接していたからか、ずいぶんと本来の性格が表に出てきたように感じる。
誰に対しても分け隔てなく、素直に思ったように話してくれるからか、スセン自身の長い思考グセを意に介さず、直球で返答に応じなければならない。

鍛えられる、というものだ。
長年もの偉い人生で多くの「書」に触れ、様々な経験や知識を深めていたものの、重要なタイミングにおいて「答え」が何だったのか思い出せずに居る。では、話にならないのだ。

さて、今頃は何の話をしてたかな?


「ユイ、この呼び名は、ミカさんが最初に決めたのだよ。ミカさんに理由を尋ねてみなさい。その後、改めて私の元に来るといい」

「ん、そうしてみる。ミカぁさーん!」




ミカさん、しばし頼んだぞ...!

次のページへ
【第一章】登場人物
  0話 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 >9話 10話 11話