巡る箱庭✨炎との邂逅

1−3「邂逅:灯に宿る温もり

♪BGM「プレリュード」を鳴らす

蝋燭の揺らめきは、赤々と影の色を染めていく。
零れ出る夜の光も、ますます混沌の黒へと飲み込まれていた。
風が草原を吹き抜ける、その心地よい旋律は、地に降り注ぐ雨の響きのよう。

そして訪れる静寂。


いつの間に時が回ったのか。もう星灯りだけでは外の様子も伺えない。
夜の静寂は奥深く、巡りめく漆黒の闇に包まれる。音のない深淵がこちらを覗かせる。部屋から一歩出ようなら、とうとう自身の痕跡すら見失ってしまいそうだ。


気がつけば、今この時を過ごしているのは一人。
スセンおじいさんの姿はなく、唯一この空間に身を寄せるのは自分しか居なかった。

自身の息遣いだけが、確かな時の流れを奏でている。
あまりにも静かで、...自身の鼓動だけが鮮明に響いてくる・・・


マーリユイトは蝋燭の灯りに意識を揺らされ、まどろみの中で眼を配った。


一本の蝋燭に薄っすらと照らされ、室内の様子はぼんやりと伺うことができた。
木犀のテーブルの上に飲みかけの紅茶のカップ、そして分厚い一冊の本。
先刻、スセンが「炎の理」についての頁を見せてくれた本だ。

本を閉じた重厚な装丁の表紙には、群青の宇宙空間を背景に無数の星が映る。中でも一際大きく輝く「太陽」そして眩い「月」のシンボルが印象的。 表紙の額縁をリースで飾るように、樹の実や葉っぱ、花々の模様が背景を包み込んで、所々に動物や昆虫たち、魚や鳥などの姿が隠されている。 そして、星空全体が一つの生命の姿を現しているようにも見える。

タイトルは...[読めない文字]で綴られていた。


最後に覚えてるのは、表紙を開こうと手を伸ばしたことだった。いつの間に眠ってしまったのだろう?

見知らぬ場所に一人。心細くも思えたが、火の温もりがじんわりと心を落ち着かせる。
もうしばらくの間、まどろみに浸っていたい心地になる。


「また眠気が誘う...」

どうしても難しい本、細かな筆跡や模様が並び、頁いっぱいに書かれたもの。
まるで読めない。眠くなる。いつの時代とも知れない、解からない文字だから?


でも、不思議と、描かれる挿絵や、文字の配列。
一つひとつの言葉の欠片が、おぼろげな夢の片隅に語りかけてくるようで。

今は炎の神聖な響きが凍える闇夜を照らし、温もりと、穏やかな灯を齎してくれている。


ほんのり暖かい...
炎は、この子たちは生きてるのかな?
分からないけど、きっとそうだと良いな。


きっとそう、きっと。
そうじゃないと。僕は...


zZZ...


[僕は、どうして此処に()るんだろう。それも一人きりで...]


目を閉じた...ふとした瞬間に思えてしまう、見知らぬ場所に、マーリユイトは孤立していた。誰もいない場所で。 帰る場所、本当の自分の居場所は何処にあるかも、何も判らない、何も思い出せないまま。自分の存在に虚無感を覚える。

空っぽの記憶は、今までの経緯は愚か、生まれた時のことすら覚えてないのに。
何処かの言葉を知ってたり、名前を言えたり、手足を動かしたり、考えたりができるのは。

どうして。


[僕は何者...?]


虚空に尋ねても、応えは還ってこない。。
どれも初めて見合わせるモノばかりで、知りようもない。
自分を分かってくれている存在は...何処にも。いない。孤独、不安。


けれど其処に、凍える心身に、優しい安らかな響きが聴こえてきた。
何かが、ぐるぐると寄り添うようにして、お腹の辺りを撫でてくれていた。


いつから居たのか? 暗闇に紛れて。温かいもの。

手で触れてみる。毛がふわふわ。
両の手くらいの、小さなふわふわ。

『?』

黒猫。

ふわふわの毛玉は、ごろごろ音をたてて擦り寄ってきた。
触ると耳みたいなのもあって、黒猫さん。

「何か、一緒に居てくれてる...」


触れた生命の輪郭が、意識の奥に染み渡っていく。
心地良い温かみ、瞳を閉じて、今日はもう休もうね。

(夢に浸ってみて)





─────────────────────

魂の言語。伝える想いが 存在の響き(Spell)となって現れた。
記される文字の形も、挿絵の筆線も、交わされる対話も、音階も、大地の模様も、同じ『響き(Spell)

異なる時代の、異なる世界の、異なる種族の、記された音律が未知の言語だろうと、ただ感じるままに受け取れる。 それは(ほど)けて響き合う、心に、夢の中に、内なる『情景』として......

次のページへ