EXS24 ポルタメント設定(弦楽器・ストリングス編)

EXS24音源のポルタメントの反映

弦楽器・ストリングス音源の演奏は、違う音階のキーを滑らかに繋げる「ポルタメント奏法」も効果的です。 トラックオートメーションのポルタメントタイム[Ctrl#5]を調節して、ピッチを滑らせる時間を制御しますが...EXS24の初期設定では、全く反映してくれません。何ということだ!!!


試しに、以下のようにポルタメントを弄った譜面をバイオリンで演奏させてみます。
バイオリン譜面



見事にポルタメントが反映せず。
これ実は、ポルタメントタイムのコントロールチェンジの信号(出力)を、EXS24内部のパラメータへと反映させる回路(入力)の設定が必要なのです。 EXS24音源における、ポルタメントタイムの反映のさせ方を解析しなければなりません。色々試すも、思ったようにならず途方に暮れるか? 否。


EXS24のパラメータを弄る

前回の経験もあってすぐ結論でた!


前回のEXS24バイオリン1(レガート)の設定に1つ記述を追加するだけ。
バイオリンEXS24の設定


追加した設定は、中段左から5番目の部分。
ポルタメント設定


以上のようにカスタマイズした後で、改めてトラックを再生しますと・・・
バイオリン譜面


という感じに来ました! 弦を滑らせるピッチ音「きゅいーん♪」です。

反映前と比べたら...うむ、特に最後のタメ(・・)が断然違うな。



コントロールチェンジを割り当てた解説は、今回簡単そうだ。
気ままにメカニズムを見て行きましょう。

そもそもポルタメントタイムは何処で反映されてるのか?

ポルタメント、始まりの音程から次の音程までを、滑らかにピッチ変化させる奏法。 EXS24サンプラーにおいて、その制御を行ってるツマミは上段左から2番目のこの位置になります。[Gride(Time)]と記されてる箇所がそう。

GrideTime


この状態で[Ctrl#5]の反映を切って演奏してみると、よ〜分かります。


何とも気の抜けた音ですわ〜(' '*)

ということで、基本この値は0に設定しときます。
そのかわり、此処ぞ!という場面で使うために[Ctrl#5]のポルタメントタイムで[Gride(Time)]を上下できるよう設定するわけです。
ポルタメント設定


ちなみにポルタメントタイムがなぜ[Ctrl#5]と判断できるかというと。 トラックオートメーションの左上に表示されてる数字です。
ポルタメントはCtrl#5

ポルタメント奏法と譜面の書き方

ポルタメントタイムの値は、キーを押したタイミングの時点での数字が、そのまま反映されます。 ポルタメント奏法の直前に[ctrl#5]の値を上げて、キーが押されたら0に戻すというのが基本です。

ポルタメント譜面
値が大きいほど、ピッチ変化がゆっくりになります。サンプル譜面の通り。

注意点。ノートオンの直後にいくら値を弄っても、それは全く反映されません。キャプチャで少しずつ値を下げてるのは[GrldeTime]の時間がイメージしやすいようにしてるだけで、ノートオン直後に急降下させても音は変わりません。

それから、ビブラートをかけた状態でポルタメント奏法とかオカシイので、自然なポルタメント奏法をするときは[Ctrl#1]モジュレーションの値を0にしておきます。

ポルタメント奏法 応用編

演奏してると、ポルタメントを違うピッチから開始させたい時があります。
そんな時は[v=1]の極小の音を、ポルタメント開始直前に入れてあげるといいです。

GrideTime


最後伸ばす音は、分かりやすいようにヤッてみた(。0 _ 0。)ノ

このようにポルタメントを使うときは、次の指使いで抑えたより近いピッチ[音程]から滑らかに変化させる奏法もあります。

それからノートリリース時にポルタメントを掛ける場合は、最後の音だけ短く切ってズラしてあげるといいです。

ズラ〜(' '*)
これにてポルタメントの解説は終了。



次回は。EXS24における最も重要なポイントですね。奏法の切り替え方。
一つのバイオリン音源で「スタッカート」「トレモロ」「トリル」「ピッチカート」奏法それぞれに切り替える設定について解説です。