EXS24 使い方

【目次】

EXS24の音源について

使い方を見る前に、EXS24音源の成り立ちを簡単に説明します。

  1. 楽器のサンプリング音源が、大まかな音階に別かれて用意されている
  2. 再生するサンプリング音源を、トラックの各鍵盤キー毎に割り当てる。
  3. 鍵盤キーを押すことで「EXS24内部のパラメーター設定によるフィルタを通して」音源が再生される

EXS24の音は、以上の3ステップを踏んで鳴ります。 此処ではEXS24の使い方の肝となる、3番目のパラメーター設定について解説していきます。

ENV2の設定

まずは、一番基本となるパラメータ「ENV2」の調整から体感してみます。
ENV2をいじることで、リリースベロシティの立ち上がりから減衰までを調整できます。

logic ストリングスENV2

MIDI譜面の演奏を聴き比べてみましょう。
logic ストリングス譜面


今回はストリングスアンサンブルの音源を用いて、変化を比べてみます。
logic ストリングスアンサンブル


弄る場所はEXS24を開いた時に見える右下の部分です。
まずは、デフォルトの状態でお聞きください。
logic ストリングスENV2




右下のENV2を、このような形に弄って自分好みにアレンジ。
logic ストリングスENV2



一番の違いは、ノートオフ後の減衰音の長さですね。減衰音の長さは、一番右のRのバーで調節できます。 これを真中付近に持って行くと、いい感じに余韻がついて、音が滑らかに切り替わるようになります。


それからもう一つ変化を加えたのが音の立ち上がりの部分です。 右側1番目のAのバーがそれで、立ち上がりから音量がMAXになるまでの時間を0.秒のタイミングで調節できます。 そして、音量変化の曲線をどのようなカーブにするかが、左から二番目のCurveで調節できる部分です。

今回は、立ち上がりMAXまでのタイミングを長めにした分、曲線の最初で音量0からいきなりMAX近くに持って行くことで、従来のMSGSのstrings2のような音色を再現しています。


以上、ストリングスアンサンブルをこのような形に調整しました。
EXS24 ストリングス2



あとENV2のパラメータで解説してない部分ですが、簡単に補足を。

右側2番目のDのバーは、立ち上がり後MAXの音量をどれくらい持続させるかの長さ。
右側3番目のSのバーは、MAXから減衰して持続する音を、どれくらいの音量に調節するか。
そして最後のRが、ノートオフから完全に音量が0になるまでの長さですね。


以上がENV2の簡単な解説になります。
マスターすれば、その音源がどのように演奏されるかの大まかなラインを予め設定できるでしょう。


その他のパラメーターの設定については、次のページヘ。