EXS24 使い方

【目次】
  • EXS24の音源について
    • ENV2の設定
    • ピッチベンドとビブラートの設定 ←(今回は此処の解説)

EXS24音源のビブラート/ピッチベンドの反映のさせ方

バイオリンやフルートなど、それらがどうしても必要な楽器があると思うのですが、なぜかデフォルトの状態では反映してくれません。 試しに、以下のようなコントロールチェンジを描いた譜面をバイオリンで演奏させてみます。

バイオリン譜面



見事にエクスプレッションしか反映せずです。
実は、ビブラートやピッチの変化を反映させるには、EXS24内部のパラメータ設定を変更する必要があります。 ここからEXS24音源を使ったビブラートやピッチベンドの反映のさせ方を解説していきましょう。


EXS24のパラメータを弄る

EXS24バイオリン(レガート)の初期設定は以下のように成っていますが バイオリン譜面

それを、このように書き加えます。
バイオリンEXS24


変更点は、上段左寄りのこの部分(ピッチの変化を反映させる部分)と ピッチ反映


真ん中のこの部分(各コントロールチェンジの割り当て、ここでビブラートを反映)
コントロールチェンジ割り当て

特に重要なのが、左から2番目のPitch/Ctrl#1/LFO1でセットした部分です。
ビブラート割り当て


以上のようにカスタマイズした後で、改めて最初の譜面を鳴らしてみますと・・・
バイオリン譜面


という感じに、中々味のある空間を演出することが出来るようになります*



説明が必要そうなのが各種コントロールチェンジの割り当てについて。
此処から少しメカニズムを見て行きましょう。

各種コントロールチェンジの割り当てについて(弦楽器の場合)

ビブラート割り当て
これはPitchを、LFO1の波形で上下させ、その上下の度合をMIDI譜面側の「モジュレーション=Ctrl#1」で制御するといった設定です。 0〜MAX時のビブラートの深さを、右側のバーで上下の範囲を指定して決めることが出来ます。


ちなみにLFO1の波形は、EXS24画面の左下にある此処で形を指定することが出来ます。デフォルトはsin波。
LFO1波形


最終的にこのような設定にしてますが(私個人の解釈なので必ずしも正解ではない)
コントロールチェンジ割り当て
左から3番目が、ビブラートと同時に音量も若干上下させる設定。
左から4番目が、音を伸ばす(キーを押しっぱなしにする)ほどビブラートの振動数(波形スピード)が上がる設定。
左から5番目が、「エクスプレッション=Ctrl#11」に応じて、ビブラートの振動数(波形スピード)が若干上がる設定。です。


このようにして、やや細かくビブラートの反映を設定することが出来ます。

管楽器のビブラート設定

楽器によってビブラートの設定は少し異なってきます。 例えば管楽器の場合...下の楽器はフルートのものです。 フルートのビブラート設定

管楽器のビブラートはリードを鳴らすブレスの揺らぎ...つまりリリースベロシティに関わる左から三番目のパラメータが重要。少し広めにとります。
逆にピッチの揺らぎは殆ど要らないので、左から二番目のパラメータは狭めた方がいい。
コントロールチェンジ割り当て

実際に楽器を弾いてる状況を意識すると、調整しやすいかもしれません。要精進。