EXS24 ビブラート設定(弦楽器・ストリングス編)

EXS24音源のビブラートの反映

弦楽器・ストリングス音源は、演奏においてビブラートの抑揚が欠かせないほど重要になってきます。 通常はトラックオートメーションのモジュレーション[Ctrl#1]を調節して、ビブラートの掛かり具合を制御しますが...EXS24の初期設定では、全く反映してくれません。何ということだ!!!


試しに、以下のように描いた譜面をバイオリンで演奏させてみます。
バイオリン譜面



見事にエクスプレッションしか反映せず。
これ実は、ビブラートやピッチ等のコントロールチェンジの信号(出力)を、EXS24内部のパラメータへと反映させる回路(入力)の設定が必要なのです。 EXS24音源における、ビブラートやピッチの反映のさせ方を解析しなければなりません。色々試すも、思ったようにならず途方に暮れるか? 否。


EXS24のパラメータを弄る

数年後に結論がでた!


EXS24バイオリン1(レガート)の初期設定は以下のようになっていますが バイオリン譜面


↓ それをシンプルに、このように書き加えてみます(一例)
バイオリン1EXS24


変更点は、中段左寄りのこの部分。追加した3つの設定は順番を変えても問題ない。
ビブラートLFO


以上のようにカスタマイズした後で、改めて最初の譜面を鳴らしてみますと・・・
バイオリン譜面


という感じに、中々味のある空間を演出することが出来るようになります。

弄る前と比べたら...うむ、変化が分かりやすいな。


何となく解説が必要そうな各種コントロールチェンジの割り当て。
少しメカニズムを見て行きましょうか。


と...こういう細かい設定アレコレって、実際のビブラートの成り立ちを知っとかなくちゃお話になりませんでした。 一度ビブラートについておさらいしないとです。

そもそもビブラートとは?

ビブラートは音の揺らぎ。奏でた音が空間に揺れて活き活きしてくる感覚(。◕ ∀ ◕。)ノ
このビブラート振動の波は、主に2つのパラメータ変化が合わさって演奏に組み込まれています。
  • ビブラートの深さ...ビブラート効果が「どれくらい」強く反映されるか?
  • ビブラートの速さ...揺れるスピードは「どれくらい」速いか? 或いはゆっくりか?
ビブラート効果の「強さ」と「スピード」
この2つを、何らかのコントロールチェンジで制御できるようパスを繋ぐわけです。

一例の解答として、EXS24の内部をカスタムした結果が↓ ビブラート割り当て
  • 左から2番目がビブラート効果の強さを反映させる諸々
  • 右の2つがビブラートの速さに関する設定です

ビブラート効果の反映と「強さ」の設定(弦楽器の場合)

ビブラート効果を反映させる要が、左から2番目の[Pitch/LFO1/Ctrl#1]でセットした箇所です。 これは音程ピッチを、LFO1の波形で上下させ、その上下の度合を「モジュレーション=Ctrl#1」で制御するといった設定です。ビブラートといえば[Ctrl#1]で制御する常。どのシンセでも大体。
[Ctrl#1=1(MAX)]時のビブラートの深さ(ピッチ増減の範囲)を、右側のバーで上下を指定して決めることが出来ます。値は乗算されるので[Ctrl#1=0]時は効果が0になります。

そもそもLFO1とは?

何か知らん単語が出てきたな...LFO(low frequency oscillators:低周波オシレータ)。といった、予めEXS24に組み込まれている低周波振動(内のLFO1)をビブラートの揺らぎに活用してるわけですね。波形は、EXS24画面の左下にある此処で形を指定することが出来ます。ビブラートに適するのは三角波。
LFO1波形

基本のビブラート振動数(揺れるスピード)は此処[Rate]のツマミで調節できる。
高音域を担当する「バイオリン」ほど数値は大きくなる。以下、ビオラ >> チェロ >> コントラバス...の順にビブラート振動数[Rate]の小さくなっていくのが自然です。

ちなみにノートオンからビブラートの掛かるまでタイミングを[EG...delay]で調整できる。らしいが、しかしEXS24のLFO1[EG]に関しては、動かすと変なポルタメントがかかるので0にしとかなくちゃいけない(LogicX時点でのバグだそう)。遅延ビブラートで重宝できるだろうにもったいない!!

ビブラートの「速さ」を変化させる設定

ビブラート割り当て
さて。残りの右側2つについて。
これらはLFO1[Rate]で設定した「ビブラートの速さ」を演奏に応じて変化させる設定です。

左から3番目から解説。
これは「エクスプレッション=Ctrl#11」の値に応じてビブラート振動数も変化していく設定です。
エクスプレッションは、元々クレッシェンドとか音量の変化に関するパラメータですが、そこにビブラートの速さにもパスを繋いであげたわけですね。 [Exp]の値が上昇して音が大きくなるほど、ビブラートはより細かく震えるようになる。自動的に....


大丈夫??


...まぁこれは、きっと奏法において自然なことに思えそうです。
弦を強く鳴らす為に押さえる左手の意識が高まるほど、ビブラートは小刻みに速くなりがち。


このことは、キーが高音域になることでも当てはまる。左から4番目の設定。
[Key]の高さに応じて、乗算されたLFO[Rate]の値がさらに変化します。[Maximum]というのは値=1...乗算値がそのまま反映されるという事。 最も低い音の[key]で押した乗算値が↓緑のボーダーになり、最も高い[key]で押した乗算値が↑橙のボーダーになります。

キーが高くなるほど、ビブラートの揺れが早くなるのは理に適います。
高音域のバイオリンとか顕著ですよ、弦のピッチ幅がどんどん狭くなるから、ビブラートの上下はそれだけ速く行ったり来たりするし。 反対に低音域のチェロやコントラバスとかは、弦のピッチ幅に長さがあるから、ビブラートの左手が広く動く分、ビブラートの振動もゆっくり鳴るのです。



このようにビブラートの特性を知れば知るほど、より現実味あるビブラートをシンセ上にも反映できますね。

ビブラートの使い分けと奏法

ビブラートは「深さ」と「速さ」 両方の軸が変化して現れます。


ビブラートデプスのテスト


今回の設定、深さの方は[モジュレーション...Ctrl#1]で制御できるから分かりやすい。
(サンプルの譜面は、エクスプレッションを最大値に固定してます)



ビブラートレイトのテスト


しかし問題は、速さの方...。効果が分かりやすいよう[Ctrl#1]を最大値で固定。
[key]の高さは兎も角、エクスプレッション[Exp]とLFO1[Rate]を連動させたら、強い音の時は、早いビブラートしか出せんな。弱い音だとゆっくりしか出せんし...

まぁ、割りと自然に聞けるものだが...
しかし演奏してたら、こんな場面も有ります。
ゆっくりのビブラートで、強い音を鳴らしたい!
或いは、速いビブラートを小さな音で鳴らしたい!

という時はどうするか??


↓ 考えた。


ビブラートレイトのテスト


...そうか、[Exp]で行き過ぎた強さを音量ベロシティ[v]で調節すればいいのか!
[ベロシティ]は[v127]→[v80]→[v15]→[v50]に調整。うむ。


音の境目がカクカクしてるのが問題か(極端な値だし)...
↓ では、[Exp]と[ベロシティ]をこのように手直し


ビブラートレイトのテスト


いい感じです。[EXP]は滑らかな曲線で描いて、ノートオンからタイミング少し遅らせて増減すると良いですね。


音が1本のレガートのように見えるが、ストリングスは弓の切り返しによる境目があるので、そういったトコで調整すればいい。
結局この奏法なら、遅延ビブラートは0で良かったな。よしよし。


と、独自に調整した音源で自分なりの奏法を確立していけばいいと思います。
1つのパラメータに対して、最低限のソースで効果を反映できたら簡単です。
音を聞くのは勿論、パラメータを見て視覚的にもぴったり判断できる。後からも調整しやすいですね。

まぁ常ながら、[Ctrl#1]と[Exp]はリアルタイムで調整ですよ。
そいやLogicは、iPadのリモート操作で簡単にパラメータを増減できるんですっけ?
もし鳴らしながら操作できるなら、シンセの弦楽器もDTMに留まらず、現実に楽器として化けて視えますね。


すげー時代だなぁ〜。
(パラメータ値を一個ずつ打ち込んでた時代が遠く感じる...)


管楽器のビブラート設定はまた別

ビブラートの事で補足ですが、フルートやトランペットなどの管楽器は、ビブラート効果(深さ)の設定項目が弦とは少し異なってきます。 演奏する息[ブレスコントロール]によるビブラートの効果が、ピッチとは異なるエフェクト(フィルターとかその辺)に掛かって来るので、その前にフィルターの調整を体感する必要があるかな、その前にストリングスの奏法その他も未だ残ってるし、この何回目か後に管楽器ビブラートのコラムも掲載するかな。


補足として。こちらのエフェクト追加すると、ビブラートが良く響きます。
音量と音質のビブラート
音量と音質に掛かるビブラート。こちらのパラメータを弄るのが管楽器ビブラートのメインになりますが、弦楽器にも少し掛けてあげると揺らぎに臨場感が出ますね。


次回バイオリンのポルタメント設定に移ります。ぎゅい〜んってピッチの変化しながら音のなるアレです。