iPhoneの快適な使い方*アプリ最適化まとめ

(2021.08.31執筆)


最近、ご近所さんのスマホ相談が相次いでまして...iPhoneの方、多いですよね。
バッテリー交換ができたり長く使えたりが嬉しい端末。その分、高額だったりアップル独自の仕様(制限)に悩まされたり、一長一短。

デフォルトの設定上、そのまま使ってると通信容量を無駄に消費しがちで×。家計と心身によろしくないため要改善。

これを普段の使い方そのまま、ユーザーに優しいiPhoneに変える設定方法を明記しました。
チェックリストは優先度の高い順から。

iPhone改善の最優先ポイント

  1. iCloud依存を無くす ⇒ USBメモリでデータ保管
  2. 解像度の少ないカメラ(StrageCameraHD)を普段遣いにする
  3. 位置情報はOFFを基本とする
  4. Appのバックグラウンド更新をオフ(或いは最低限)に
  5. 必要ないアプリを削除する
    • +SNS(FacebookやTwitter等)はSafari経由で開く設定にもできる



順に詳しく見ていきます(' '*)

1:iCloud依存を無くす ⇒ USBメモリでデータ保管

iCloudは影響大。そもそもiCloudの仕組みをよく分かってない人が多い。
これはiPhone上にある個人データを、ネット上に自動バックアップする機能です。5GBまで無料。

購入時は全ての項目がON(勝手に転送される)状態、ほぼ知らずに動いてるならば無駄さが恐ろしい。

iPhoneのデータで、最も容量を食うのが「写真」と「動画」です。
毎回iCloud保存のために大容量の送受信を繰り返すと、iPhone端末にも通信コストにも本人にも負担が大きい。

なので基本的には、iCloud上でのデータ保管は止めて(特に写真)、物理的なUSB端末でのデータ管理を心がけるべきです。すると写真だけでiCloudストレージを圧迫することは無くなり、よりiPhoneの強みが活かされます。



特にパソコンをお持ちでない方は、iPhone用のUSBを使うのが確実! 写真などのデータは、手で触れられる記憶メモリの方が、本人しっかり管理できるので断然良いです。

iPhone用USBメモリの例

iphone usb
⇒iDiskk...iPhone用USBメモリ(Apple認証済) 128GB

安心や動作保証をとるならこっち。Apple認証済みのUSB(iPhone用)余裕の128GB容量。
iCloudを200GBに増設してる人や、あまり機械に強くない方はこちらを推奨




iphone usb1−4
⇒Wivic...iPhone・他対応・USBメモリ 128GB

コスパ優先の例。iPhoneだけじゃなくandroidなど色んな端末に対応するUSB。
iPhoneに挿してアプリを入れたらそのままデータのバックアップなどができる。
価格と使いやすさがバランスとれてて、おすすめ。



iphone usb1−4
⇒Y-disk...iPhone・他対応・USBメモリ 32GB

さらにコスパが優れる選択肢。ただY-diskの場合は、USBを初期化しないとスマホで認識しないのが難だった(その後は問題なく使えた)。
USB初期化できるなら買いだが、よくわからない人にはオススメできない。



他 ⇒ iPhone対応USBメモリについての解説


届いたら、iCloudや端末から写真などのデータをUSBメモリに移動させます。 iPhoneに差し込むと、USB付属のアプリをインストールするよう指示が出ると思うので、そのアプリを使ってデータの移動を行います。

USBにデータが移動できた時点で、端末やiCloud上にある写真等データを削除。
端末もそうですが、とにかく写真や動画はiCloud上から抹消すること。残り容量がガラ空きになるはずです。
写真はUSBで管理する癖をつければ、iPhoneに余裕が生まれてパフォーマンスが向上します。



iCloudの利用については「設定」⇒「名前」の欄をタップ⇒「iCloud」で変更できます。

iphone icloudオフ
参考 ⇒ iPhoneのiCloud同期を解除する方法(iPhonetさんより)


iPhoneの中の写真や動画データがUSBに移せたら、iCloudの写真をオフにできる。このiCloud写真項目をOFFにするだけで断然パフォーマンスがよくなる。
iCloud機能は、メールやシステムバックアップ等、機種変更で引き継ぐ項目のみに厳選して絞ることをオススメします。(それか全く使わないか)

これで通信コストやストレージの大幅な削減になり、データ管理もやりやすくなるはずです。


2:解像度の少ないカメラ(StageCameraHD)を使う

次にカメラアプリについて。

最初から入ってるiPhoneの標準カメラ(アプリ)は、解像度が高すぎる。アレは4Kとか大画面TVで表示する用。スマホの画面の何十倍…
解像度が無駄に高すぎる事は、それだけ盛大にストレージ容量・写真投稿時の通信コストを圧迫します。これにiCloudまでONになってたら目も宛てられない。無駄が恐ろしすぎる。

。。。初期(莫大な解像度)のカメラを使う必要があるのは、それこそプロのカメラマンの本番撮影用か、写真の印刷を想定するときのみです。


SNS投稿とか、写真をスマホやノートPCで閲覧する程度なら、解像度は1920*1080サイズで充分すぎるほどに事足ります。
が。。。iPhone標準のカメラはあろうことか、デタラメに高い解像度設定から抜け出せない仕様だ。

まぁ大画面ですら誤魔化しの効かない画質の良さは、カメラが収集する個人情報の精度を高めたり、デバイスを通じて監視するにはモッテコイであります。
すばらしい技術ですね、iCloudで情報筒抜け。莫大な通信コストはユーザーに押し付ければ良いし。ユーザーにはデメリットの方が高く付きます。


ということで、普段遣いのカメラアプリを変えましょ。AppStoreから別のカメラ(StageCameraHD)を入手してください。iCloud設定に継ぐ最優先事項です。

iphone カメラ解像度落とす
StageCameraHD 詳細


アプリは新しくAppStoreを起動してから入手してください。
無事にStageCameraHDを入手したら、StageCameraHDアプリ起動時に左上の数字をタップしてカメラ解像度を変えることができます。(例:3264⇒1280)
写真のデータ容量がこの設定で、標準カメラと比べて1/6から1/10くらいのサイズに、驚くほど激減します。

普段遣いのカメラはこれでいきましょ(' '*)
撮影5回に1回広告入りますが、機内モードで撮影すれば非表示にできる。


必要に応じて標準カメラ(本番or印刷想定用)とStageCameraHD(普段遣い用)を、使いこなしてみてください。


参考 ⇒ iPhoneカメラの解像度を変更する方法

3:位置情報はOFFを基本とする

位置情報は、常に電波での通信やりとりが続くため影響が強くでます(ユーザーの負担になるという意味で)
ONにするのは地図を見て目的地を探す時くらい。それ以外では使うことを推奨しない機能です。

なので普段は、位置情報に関する機能を全てOFFすることを勧めます。


位置情報については「設定」⇒「プライバシー」で変更できます。