1. ノートパソコンの選び方 3原則
  2. ノートパソコンはWindows? Mac OS?
  3. Windows初期化、再インストールで動作を本来の快適さに!
  4. Windows10高速化 自分で行う初期設定・カスタマイズ
  5. WindowsパソコンにLinux OS mintをインストールしよう
  6. Linux mint 19 Cinnamonの初期設定・使い方
  7. Linux おすすめソフト・アプリ一覧
  8. Linux システムバックアップ方法、TimeShiftの使い方
  9. Linux mintでWindowsアプリを使う「WineHQ」の導入方法
  10. SSD換装とOS再セットアップの手順「ThinkPad X270」

Linux mintでWindowsアプリを使う「WineHQ」の導入方法

(2019.11.20執筆)

「Wine」というソフトを使うことで、LinuxでもWindowsソフトを動かすことができます。
Mac OS使ってる人には馴染みのある言葉かも。OSの境目を超えてWindowsアプリを動かすために開発されたのが「Wine」です。そしてLinux運用での開発が盛んなようです。

WineHQ解説ページ

Wineはソフトウェア管理からもインストールできそうですが、バージョンが古く安定動作が見込めないため、下記の公式サイト解説より、端末(ターミナル)から最新版をダウンロード...インストールする必要があります。

WineHQ最新版の導入方法(wiki.winehq)


英語表記で躊躇する人もいるかな。なので、こちらでも流れを追っていこうと思います。
ただ、年月と共にこのページの内容が古くなる恐れもある。最新版を安全にDLするためにも、上記のURLの手順を再優先でお願いします。

Wine最新版インストール手順

  • 端末を起動
  • 特定の文字列を入力
  • インストール完了


では、入力コードの手順を詳しく見ていきますか(' '*)

端末への入力コードの流れ

WineHQ キー

sudo dpkg --add-architecture i386
まず上のコードを打ち込んでENTER。合わせてパスワードも。


WineHQ パッケージ

wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key
sudo apt-key add winehq.key
次の2行はこちら。


WineHQ バージョンに合わせて

sudo apt-add-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ bionic main'
次の行は、使ってるLinuxのバージョンに合わせて。こちらLinux mint19.2なので、mint19に対応するコードを入力しました。


WineHQ パッケージ更新

sudo apt update
パッケージをアップデート。


WineHQ stableインストール

sudo apt install --install-recommends winehq-stable
とうとうインストールです! winehq-stableが安定版なのでこちら推奨で。

しかし安定版では動かないソフトも有る。その場合は、devel開発版を再インストールする必要があるかもしれない。
sudo apt install --install-recommends winehq-devel

開発版ですら動かない場合は、、staging版
sudo apt install --install-recommends winehq-staging

WineHQ stableインストール確認

ディスク使用量の確認。"Y"を押してENTERします。インストールが始まります。


Winetricks

cd "${HOME}/Downloads"
wget https://raw.githubusercontent.com/Winetricks/winetricks/master/src/winetricks
chmod +x winetricks
sudo mv winetricks /usr/local/bin
wineの追加パッケージをDLできる「winetricks」もインストールしておきます。

インストール完了したら再起動。おつかれさま。

Wineの初期設定

続いてWineの初期設定です。

インストールしたWineのバージョンを確認する

wine --version
端末で、インストールしたWineのバージョンを確認できます。Wine導入が成功してるかどうかも分かります(' '*)

winecfgコマンドで初期設定開始

Wine初期設定

winecfg
端末で winecfg と入力してENTERを押すと、wineの初期設定が始まる、何か必要なパッケージをDLするようなダイアログが出ます。複数回。ネットに繋いでそれぞれインストールします。


設定画面が無事に出たら、Wineの初期設定が完了しております。おつかれさまでした!

Wine設定画面


不可視ファイルを表示できるようにして[Homeディレクトリ]を確認すると[.wine]というフォルダの中に仮想Windowsのシステムが存在してることが伺えます。

Wine不可視ファイル


.wineはHomeディレクトリ以下に作られるので、前項のLinuxシステムには含まれない。つまりシステムバックアップから.wineフォルダは除外されるので、もし.wineもバックアップを取るならば外付けUSBか何かに個別ファイルとして保存しておく必要があるでしょう。 逆にWineを初期化する場合は、この.wineフォルダごと削除して、もう一度ターミナルから「winedfg」コマンドを実行すると良いです。初期設定から新たに.wineフォルダが作られます。

これで.exeのようなWindowsのアプリを普通に動かすことができるはずです。

試しに.exeを起動してみる

ダブルクリックで、普通に.exeを起動できると思います。
もしくは右クリックから「Wine Windowsプログラムローダーで開く」を選ぶ。すると起動します。

.exeファイル起動


インストーラー.exeを実行させた場合は、ホーム/.wine/drive_c/以下に新たなアプリがインストールされると思います。

.exeインストール


後はWindowsパソコンと同じ感覚で、お気に入りの.exeも使い倒してみましょう(' '*)

ちなみにアプリによっては。まだ安定版の.wineには対応しない場合がありますので、wineHQの更新を待つか、devel版やstaging版を使うか、それでも無理な場合はディスクに残したwindows本体で使うか。かな。一応。

Wineを再インストールする

Wineの最新版がリリースされたり、devel版やstaging版を試してみたい場合、Wineを一度アンインストールしなければなりません。

既存のwine + winetricksをアンインストールする方法

Wineを完全にアンインストールする。端末で、以下のコードを入力。

sudo apt purge wine-*
sudo apt purge winetricks
sudo apt autoremove
sudo apt autoclean

後は冒頭に戻って、再びWineを一からインストールすればOKです。

なお、ホームディレクトリにある.wineフォルダはそのまま残ります。
.wineも初期化する必要がある場合は、手動で削除すると良い。


⇒ wineの追加設定をする