1. ノートパソコンの選び方 3原則
  2. ノートパソコンはWindows? Mac OS?
  3. Windows初期化、再インストールで動作を本来の快適さに!
  4. Windows10高速化 自分で行う初期設定・カスタマイズ
  5. WindowsパソコンにLinux OS mintをインストールしよう
  6. Linux mint 19 Cinnamonの初期設定・使い方
  7. Linux おすすめソフト・アプリ一覧
  8. Linux システムバックアップ方法、TimeShiftの使い方

ノートパソコンの選び方 3原則

(2019.10.27執筆)

DTM用のPCを買い換えるに辺り、比較ポイントをまとめてみました。
この記事はDTMだけでなく、大半のPC選びで参考になると思われます。
2019年の記事ですが、CPUやメモリ、ハードディスクの性能は、今現在の基準に置き換えて読み取ってみてください。

まず原則。パソコンの性能の見るべきポイントは主に3つ。優先する順に


  • CPU...中核となる計算処理スピード
  • メモリ...一度に計算できるデータ量
  • ハードディスク容量...内部に保存しておけるデータ量



一番ポイントになるCPUから解説

CPUについて

CPUは、だいたいintel製が主要。型番がいくつもあって訳わからん。
ですが純粋には、GHzの数字とコア数を見れば、CPU性能はだいたい把握できます。OK?


GHzやコア数が不明の場合、型番で見分けるしかありませんが、型番からは、どの年代の、どのグレードか? という部分に焦点を宛てます。
intel製のCPUがどのように進歩して、どの年代辺りが性能のバランス良いのかチェック。

Intel Coreシリーズ「i3 / i5 / i7」世代一覧と性能差まとめ

まず年代について

ここから比較すると「2017年製(core第7世代)」と「2018年(core第8世代)以降」では、大きく性能の開きがあることが伺えます。 各所でおすすめされてるThinkPad XシリーズのCPU性能を2017〜2019年製で比べてみる。
パソコン製品名 CPU型番(目安) コア数 1コアの処理能力 BOOST処理能力 キャッシュ 消費電力
ThinkPad x280
(2018年製)
core i5-8365U 4コア8スレッド 1.70 GHz 4.10 GHz 6M 15w
ThinkPad x270
(2017年製)
core i5-7300U 2コア4スレッド 2.60 GHz 3.50 GHz 4M 15w



ついでにMacbook Pro 13インチのCPU性能も比較しておきます。
パソコン製品名 CPU型番(目安) コア数 1コアの処理能力 BOOST処理能力 キャッシュ 消費電力
Macbook Pro 13インチ(2018) core i5-8259U 4コア8スレッド 2.30 GHz 3.80 GHz 6M 28w
Macbook Pro 13インチ(2017) core i5-7360U 2コア4スレッド 2.30 GHz 3.60 GHz 4M 15w


2017年製と2018年製以降の大きな変化は、

coreが2倍
その分1core辺りの性能を落として
総合的に、処理性能は1.3倍くらいに増えている!
さらにキャッシュ(処理途中の一時データ)の保存容量も増えてる。


このCPUはノートパソコンに固定で後から変更利かないので、どれを選ぶかはCPUで比較するのが基本かと。
ちなみに第8世代から第10世代くらいにかけては大きく性能の変化がないので、値段とかも考えると、

CPUは第8世代辺りが狙い目なんじゃないかなと思います。
平常時の省電力性をとるなら、2コア最終形の第7世代もいいかなって思います。
見分け方は、core i5 8000番台とかだったら8世代。
これが core i5 7000番台だったら7世代。

後ろの数字が9000番台なら9世代
10000台なら10世代です。




次にグレードについて

グレードは、i3とか、i5とか、i7とか大きく3つあります。
これは、まぁそのままグレードです。数字が大きいほど高性能です。

標準的にはi5が基本性能。
i7は、一段上に優れている。
i3は、グレードが下。

さらに下になるとCeleron(廉価版CPU)とかあるけど、これはネット・動画閲覧とかワード・エクセル程度しか使わない人向け。事務作業で十分な人、子供用には、安い2、3万くらいのPCでもいいよ。 次項の初期設定・OSクリーンインストールだけでも大きく性能化けるから。


それ以前に、しっかり創作用のPCで選ぶならi5かi7クラスをおすすめです。

CPU型番 コア数 1コアの処理能力 BOOST処理能力 キャッシュ 参考価格 消費電力
core i7-8550U 4コア8スレッド 1.80 GHz 4.00 GHz 8M 409$ 15w
core i5-8365U 4コア8スレッド 1.60 GHz 4.10 GHz 6M 297$ 15w
core i7-7600U 2コア4スレッド 2.80 GHz 3.90 GHz 4M 393$ 15w
core i5-7300U 2コア4スレッド 2.60 GHz 3.50 GHz 3M 281$ 15w
しかし、表を見ても分かる通り、最も重要視するのは年代で、その後にグレード。
i5とi7では値段の差が大きいので、型落ちのi7よりは、一つ新しいi5の方がお手頃。
すると総合的なCPUの性能は、なかなかいい感じのものを選べると思います。


CPUの重要性

CPUを重視するのは、各楽器の同時発音数とか、オーディオで書き出す際の処理時間。 それからリヴァーブ効果(空間残響の効果)や各種エフェクトをどれくらい余裕で扱えるか。エフェクトも演算処理でCPU消費する。 あとは物理モデリング音源、主にはSWAMバイオリンとか、CPU演算でリアルな音を作っていくような特殊音源を、どれくらいのトラック数挿せるか。。

SWAMを1トラック挿すと、だいたい1coreの1.6GHz分くらい処理を持ってかれる。 スムーズな動作のためにCPU消費は6割くらいに抑えたいんで、 第8世代のIntel Core i5(13インチノート)で2つ、ギリギリ3トラック使えるかどうか。(とはいえ、SWAMみたいな音源は1曲に1トラックで十分だろうとも思うけど...)


ただ、2011年製のMacbook Air13インチ(2コア 1.7GHzのCPU)程度でも、DAWの初期音源やエフェクトは余裕で賄えるんですね。10トラックで2割くらいのCPU消費量。
2018年製のPCは2倍近く処理性能上がるし、ひとまずCPU性能はそこそこで十分ではないかな>?と思われます。

PCサイズと、CPUの性能比較

補足です。一般的にPCが大きくなればなるほど積み込めるCPUも高性能なものになります。
同じメーカーの13インチと15インチでCPUを比較すると、分かりやすい。

パソコン製品名 CPU型番(目安) コア数 1コアの処理能力 BOOST処理能力 キャッシュ 消費電力
ThinkPad X1 Extreme
15インチ(2018)
core i7-8750H 6コア12スレッド 2.20 GHz 4.10 GHz 9M 45w
ThinkPad x280
12.5インチ
core i5-8365U 4コア8スレッド 1.70 GHz 4.10 GHz 6M 15w


MacBook Proでも比較してみます。
パソコン製品名 CPU型番(目安) コア数 1コアの処理能力 BOOST処理能力 キャッシュ 消費電力
Macbook Pro 15インチ(2018) core i7-8750H 6コア12スレッド 2.20 GHz 4.10 GHz 9M 45w
Macbook Pro 13インチ(2018) core i5-8259U 4コア8スレッド 2.30 GHz 3.80 GHz 6M 28w


コア数1.5倍、キャッシュも1.5倍、性能格段に上がります。
よりCPU性能を重視するなら、15インチのPCが候補です。画面も広々使えて素晴らしい。
(あ、15インチノートでも廉価版のCPU積んでたり、13インチと同等の性能のCPUの場合もあるのでよく見てね)


トラックやエフェクトがっつり使って曲を作るなら、一般的には15インチノート推奨。 たくさんの楽器(しかも高音質のやつ)を編成して作る曲とか、高級なシンセとか、CPU消費も中々なので。

その分金額や重量も上がって、消費電力も3倍位。その辺の事情で私は13インチ派です。
私の曲作りではソロ楽器の響きを重視するので、そこまで性能求めなくていいのもあります。


ちなみにデスクトップPCだと、ノートPCよりさらにCPU性能高くなるけれど
消費電力がさらに倍になるのと、常に電源プラグを繋ぐという制約が、私には重すぎて却下。

次にメモリについて

次はメモリ。どれくらいのデータ量の楽器を1曲に挿せるか?という部分。
メモリで、一度に扱える高品質音源のトラック数、音質の解像度が増えます。


以前4GBのメモリを使ってました。2011年から2019年まで。
サンプリング音源の目安は、だいたいCD音質のもの。DTM初期のソフトに内蔵されてる楽器の音もこのクラスです。 44100Hz 16bit × 2 ふむ。まぁそんな感じの。だいたい音が人の可聴領域のギリギリ20000Hzくらいまでカバーできる感じです。
4GBあれば全然余裕に動かせる感じでした。
これを基準に考えますと。後で買い足す前提の有料音源について。


(有料音源は持ってないので、ここは概算で話します)

この有料のサンプリング音源によって、格段に音質が上がってきてまして。
96000Hz 16bit × 2 とか
192000Hz 16bit × 2 とか

どうかしたら下が24bitとか、32bitとか。。だいぶだいぶ音の解像度が上がってきてる。
その分、扱うデータ容量も数字の分だけ倍になってる感覚です。
192000Hzのやつとか、10万Hzの高音域付近までカバーできるとか、倍音素敵だと思うよ。

あ、メモリだけじゃなくて、
それらの同時発音数でCPUの許容量も食うけど。



ただし一般的なCD音質は、44100Hz 16bit × 2です。その倍くらいで十分ではないか? という感覚は現状ある。
つまり以降は、ハイレゾ対応音源とか、もしくは製作時にしっかり聴くために、必要となる性能でしょうか???


将来性も考えると16GB〜。
しかし後で付け替えができるPCもあるし(後で変更できない場合もある)
8GBとかでも、まぁOKなんじゃないかな>?って思う。わかんないけど。

16GBだと良いのかな? まぁ予算が許すなら。

最後にハードディスクに関して

これは後から容量増設しやすいと思うので、大事だけど購入時の優先度は低め。

ハードディスクについては、転送速度の早いSSDであれば、まぁ後は容量をどれくらいっていう問題です。 8年前のMacbook Airで128GBだったけど、当時はぜったいこんな使えるわけ無い!って感じだったのが、 年々1ファイルあたりの容量がでかくなっていく時代の流れ、もう今では残り10GBをかつかつで、かつかつ。 だましだまし使ってる。

ゲームデータとか他の大容量のと一緒にしだしたらダメですね。すぐ満杯。
ってことで、DTM専用と切り分けたほうが良いのかな。


まぁ、最低500GBは居るかもしれませんね。1〜2TB(1024GB〜2048GB)あると安心。
音源をストックするにも、最近の有料音源はそうとう容量デカイので。



そんなもん。


という前提のもと、予算やら何やら感やらのトータルバランスで、
2019年度のおすすめDTMノートPCを挙げていきたいと思います。

つづきは次の記事にて。

ノートパソコンはWindows? Mac OS?(2019年現在の比較)