Kontakt on Linux インストール方法まとめ

(2019.11.27執筆)


業界標準のサンプラー「Kontakt」を使えるようになるといいですね。
Kontaktは有償版を半額セールのときに是非。KontaktFactoryLibraryの音源は実用的なものばかりだ(私はこれだけでも十分だと思う)し。このサンプラーがあると、色んな場所で配布されてるWAV音源を扱えるように鳴るので。一気に扱える音源が増えます。

しかし問題が。。。WindowsやMacには対応するが、Linuxはサポート対象外。 Kontakt音源だけじゃなく、高性能の有料プラグインがLinux標準では使えないことが普通であり、LinuxユーザーにとってDTM活動は向かい風でしょう。

しかしLinux上でKontaktを始めとした音源プラグインを使えた場合、なかなか素晴らしいメリットを享受できます。

LinuxでKontaktを使うメリット

Kontaktを動作させるのにLinuxを選ぶ理由は、正常に動作できた場合に高いパフォーマンス性を維持できるから。

例えばWinやMacだと、システムが起動状態にあるだけで2GB程度のメモリを消費します。主要OSは複雑化が年々進み、動かすエネルギーコストも重くなっていってる。個人的に不安を覚えております。


比べてLinuxのmint 19.2 Cinnamon(当時)では、システム稼働に必要なメモリは0.5GBで済む。

使用メモリ

これはノートPCでの作業の場合、とても大きな差です。(積載メモリは16GBが限度のため) 省電力性や携帯性を優先した上で、尚且つ最大のパフォーマンスを発揮させる場合、Linuxが最善の選択となります。

(デフォルトの動作例)
Kontakt使用メモリ

NI音源の開発者さん方へ、最上の制作パフォーマンスを実現するためにLinuxを選択するユーザーが居ることを、どうかご理解ください

気をつけるポイント

皆さんにはKontaktを無料でお試しできる「Komplete Start」で、まずインストールの手順を確認することをオススメします。

一般的にLinuxはサポート対象外で、上手く使えない状況となるのが普通です。そこを使えるようにするという、それなりにPCスキルに自信のある方向け。あるいは何が何でも挑戦したい方向けの内容です。 私はよく分からないのに、いきなりKontakt有料版「Komplete Ultimate」で挑戦を試みたため、うまく行かなかった時のダメージが大きかった。10万単位の買い物ですからね...

使用環境

前準備 ⇒ Linux mintでWindowsアプリを使う「WineHQ」の導入

  • PC: ThinkPad x270
  • OS: Linux mint Cinnamon 19.2
  • Wine: 4.0.3(最新のwine5.7 Staging版でも動作OK!)
  • インストールしたいもの: Komplete 12 Ultimate
  • Native Access(2019.09.10?辺りのバージョン)
  • その他特に設定なし

上記環境での結果

安定版Wine4.0.3を入れてそのままの状態で、NativeAccessは無事にDL、インストール後、起動OK。
ログイン画面でログイン、シリアルNo.での認証もOKでした。

問題は製品のインストール時。
製品版のHDDからインストールしようとするとアプリケーションエラーが起こり、NativeAccessが終了。音源も未インストールで終わる。

インストールエラー

ダウンロード版を試しても同じ。
DLが無事に進んでいくが、完了したと思った時点(おそらくインストール直前?)にerrorが起こる。
製品のインストールは、.isoを展開することで行われるようだが、wine上ではうまく.isoをマウントできないみたい。

ちなみにDLした.isoは、/home/.wine/drive_c/usr?まぁどこかの?/download/フォルダに残ります。ここから.isoを手動インストール可能かも?ということで試します。

方法その1:手動で.isoからインストール

Linux上で.isoを右クリック⇒ディスクマウンターで起動(マウント)し、中のsetup.exeみたいなのを起動してみる。すると、今度は製品データをうまく認識してくれなくて次に進めない。。。

.iso認識されない


ちなみに正規のwindows上だと、インストーラー起動時にF:\みたいな外部ドライブが現れてそこからインストールしてました。
一方でLinuxのwineだと、手動インストール画面起動中に./wine/drive_c/usr/ユーザー名/temp/(うろ覚え?)みたいなところに中身のデータが現れてました、しかしインストーラー側は外部メディアを参照するようで、うまくデータを認識してません...

...うん、製品データがusr/temp/のアドレスに現れたことが伺えるので、winecfgの設定で、そのアドレスをF:\みたいな外部ドライブ参照に設定してあげたら、もしかしたらうまく進むのだろうか...ここは試せてません。

ただ手動インストールでうまく行った人は居るみたい。これ、具体的な方法や必要な設定などの情報が不足してる。
参考 ⇒ Native Access wine上のレポート(WineHQ)

.isoのデータをどのようにマウントするかがポイント

手動で.isoからインストールするには、DLした.isoファイルに対しての操作方法が肝。.isoファイルを「udf」?でマウントする必要があると教わりました。

参考 ⇒ 2018年9月:WineでDrumMic'a!(KONTAKT Player 5)を動かしてみた


Kontakt5が正常に動作させられたという貴重な記事です。ありがとうございます><
DLした.isoファイルに対しての操作(参考例)
sudo mount -t udf -r Kontakt_Factory_Selection.iso cdr -o unhide 

.isoへのファイルパスも関係あるかもしれません。例えばDLした.isoは .wine/drive_c/usrs?まぁどこかの?/download/フォルダに保存されてるので、↑のマウント操作前に、端末で最初にディレクトリを指定してあげるとか。

sudo mount -t udf〜/ .wine / drive_c / users / user / Downloads / isoname.iso -o unhide / mnt

私は結局、このUDFでの操作がまだよく分からなかったので、最後まで試せてません、。
UDFマウントについての参考記事はこちら。内容まだ把握できてません。

mount - システム管理コマンドの説明 - Linux コマンド集 一覧表


もし分かられる方は、Linux上で解決する.iso手動インストールの方法がベストだと思います。音源のアップデートにも対応できるメリットがあるので。

参考 ⇒ LinuxMusicians ネイティブアクセス

glowrak guyによる投稿 » Mon Dec 17、2018 1:42 am
こんにちは、Native Accessをインストールするには、新しいワイン3または4が必要です(できればwineHQリポジトリから)。
ステージングバージョンの前に安定バージョンを試してください。 完全にアンインストールする必要がある場合があります
最初にパッケージマネージャー、ピタを使用して既存のワインを削除しますが、依存関係は削除されます
後で再インストールできます。 wineasioパッケージはアーカイブ解除でき、wineasio.dll
必要に応じて、手動で配置します。

https://github.com/osxmidi/LinVst

いくつかの非常に重要なread-me情報があります
このサイトでは、robocopyのインストールの詳細を含めて、
個別のインストーラーとNative Accessが使用します。

isoマウンタは、NI isoファイルを処理するためにインストールされます。
動作させるには、上記の手順を完了する必要があります。
ワインと完全に互換性がないため、ワインでは、
Native Accessによって開始されたisoダウンロードはしばしばエラーが発生して短時間停止します。
しかし、完全なisoは_実際に_完全にダウンロードされています

/home/you/.wine/drive_c/Users/you/Downloads/name-of.iso

ここで、そのisoをマウントするフォルダーと実際のコマンドが必要です。

mkdir / home / you / iso-filesまたはフォルダーを好きなように呼び出します)

mount -t udf /home/you/.wine/drive_c/Users/you/Downloads/name-of.iso -o unhide / home / you / iso-files

cd / home / you / iso-files

これで、ダウンロードしたisoに以前は隠れていたインストーラーが表示されるはずです。
/ home / you / iso-filesにマウントしたこと

インストールするには、

wine name-of-installer.exe

それが成功したら、Native Accessを実行し、「シリアル番号の追加」オプションを使用します。
ネイティブアクセスを再起動する必要がある場合があります
「インストール済み」パネルに登録済みプラグインを表示します。

オーバーライドは、windows / sytem32フォルダーからwine .dllを置き換えた結果です。
実際のファイルをダウンロードするか、Windowsフォルダーから転送します。
実行コマンド

winecfg

[ライブラリ]タブをクリックします

「ライブラリの新しいオーバーライド」というラベルの付いたボックスにオーバーライドを記録します
dllの名前を入力しますが、.dll拡張子は付けません
mfc42.dllを実際のものに置き換える場合は、mfc42と入力してを押します
「追加」ボタン。
(これはすべて、ubuntu-user、Jack Winters、
他の何人かは、私たちの残りを啓発するために一生懸命勉強しました。
彼らに感謝します!)
がんばろう! .... dllを置き換えるのではなく、すべて大文字で何かを追加します。
そのため、ファイルマネージャーで簡単に見つけることができ、必要に応じて復元できます。 mfc42.dllDEFAULT 

方法その2:Windows上で一度Kompleateをインストールする

.isoからの手動インストールが出来ない場合、別の成功例も見つけることが出来ました。この方は実際のWindowsにインストールしてから、その環境を.wine上で再現する方法をとっています。
参考 ⇒ Tested with latest version at 2019/06/13.

英語ですが、どうやら日本の方が書いてますね。。素晴らしい。 翻訳かけてみるとこんな感じです。

動作するもの
すでにインストールされているNI製品をアクティブ化することができます。


しないもの
ハードドライブに製品をインストールすることはできません。
Native Instrumentsは製品を.isoファイルとして配布するため、
Native Accessはこれらの.isoファイルをマウントしようとします。
Wineでは失敗します。ネイティブアクセスがクラッシュします。


ここで説明する回避策は、一部の製品では機能しません。
たとえば、手動で.isoをマウントしてAction Stringsをインストールしようとすると、
「インストールディスクを挿入してください」ダイアログが表示されたままになります。

私の推測では、インストーラーは、Wineにまだ実装されていない
RegisterDeviceNotificationW呼び出しを使用して、ディスクが挿入されているかどうかを検出します。



回避策

LinuxでNI製品を使用するには、実際のWindowsマシンが必要です。
Windowsを使用して製品を外部ハードドライブにインストールし、Wineを使用して製品をアクティブ化します。

製品を外部ドライブにインストールします(例:E :)。
製品のインストール後、Native Accessはアクティベーションキーを
レジストリHKEY_LOCAL_MACHINE \ Software \ Native Instrumentsに保存します
Windowsのregedit.exeでエクスポートし、Wineのregedit.exeでインポートします。

HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Native Instrumentsに対しても行います。
このレジストリには、各製品のインストールパスが含まれています。

winecfgを起動します。
製品をインストールした外部ドライブのドライブ文字が
Windows環境と同じであることを確認してください(例:E :)。

Windows環境からWine環境にいくつかのファイルをコピーします。
C:\ Program Files \ Common Files \ Avidおよび
C:\ Program Files \ Common Files \ Native Instrumentsに対して実行します。

多分それはProgram Files(x86)にも必要です。


Wineを使用してネイティブアクセスを起動します。
Windowsを使用してインストールしたすべての製品は「インストール済み製品」としてリストされます。

それでおしまい! Linuxでは、デモモードではなくフルライセンスでほぼすべてのNI製品を使用できます。

なるほど。

どちらにしても、確実なWindows上でのインストールが望ましいと判断。
一度mintからWindowsに戻して、正しい手順でインストールします。

Windowsでのインストール及びバックアップ作業

外部メディアにインストール先を設定

予め、インストール先を外部メディアに設定するのを忘れず。
外付けディスクに"Komplete"専用フォルダをつくり、割り当てた。


インストール

ありがとう。無事にインストールできると嬉しいですね。
なお、サイズがサイズ(Ultimate版で500GB)なので、SSD1TBくらいの外付けが必要かと。。
製品版は容量が大きすぎて、データ保管にも気を使います(o _ o。)


windows内で全てをインストール、アクティベートまで完了すると、レジストリエディタにて記録が残ります。
公式サポートにもレジストリの扱いには注意書きが添えられてるので、Windowsユーザーさんも念のためエクスポートファイルのバックアップを取ることをおすすめします。

レジストリエディタ

Windowsのレジストリエディタを起動して、
レジストリHKEY_LOCAL_MACHINE \ Software \ Native Instrumentsのフォルダを、エクスポートして保存。
レジストリHKEY_CURRENT_USER \ Software \ Native Instrumentsも同様に。


フォルダコピー

そしてWindowsの
C:\ Program Files \ Common Files \ Avidおよび
C:\ Program Files \ Common Files \ Native Instrumentsフォルダも、外部メディアに保存しておきます。
(もしかしたら同フォルダ内にある「Steinberg」も使うかな?と思ったので、こちらも追加で入れました)

Program Files(x86)にも同名のフォルダが存在するので、同じように外部メディアに保存しておきます。

あと、
C:\ Program Files \ Native Instrumentsフォルダ内にも一部使うものがあったので、バックアップをとっておくと良いかなって思います。。

Linuxの.wineに音源インストール後の環境を構築する

あとはLinux上での操作です。各種フォルダや設定ファイルを元に、外付けメディアからインストール後の環境を再現します。
私はHomeディレクトリ以下に音源用のディレクトリでも作成して、そこにKomplete音源をフォルダごとコピー。winecfgにて、そこを外部メディアとして認識するよう設定しました。

音源インポート

これでPC一台での作業が完結するし、音源の外付けバックアップも取れた状態です。


次にレジストリエディタ。
レジストリエディタインポート

.wineのレジストリエディタを起動して、ファイル⇒インポートを選び、windows内でエクスポートした.regファイルを指定します。 するとレジストリキーが復元される。2個ともこの方法で復元させます。


最後にC:\ Program Files \ 内のフォルダの復元です。
Windowsでコピーをとった各フォルダを、.wine上の同じ位置にコピーして復元させてあげます。

C:\ Program Files (x86)\ についても同様に。


全ての復元作業が完了したら、.wine上でネイティブアクセスを起動してアクティベート状況を確認してみてください。 たぶんうまくいくと思います。私はこれで大丈夫でした。

PC環境やNativeAccessのバージョンで状況も変わるかもしれませんので、あくまで参考に。

インストールしたKontaktを正常に起動させる

次は、実際にLinux上でKontaktを起動するまでの手順です。

続き ⇒ Kontakt on Linux(LinVstを使って起動する)