REAPERの初期設定1 -全般の設定-

(2020.10.11執筆)


前回REAPERをインストールして試しに音を鳴らしました。
これからREAPERをさらに使いやすくするための設定・カスタマイズした箇所を記録します。

REAPERは、見違えるほど扱いやすいDAWに変わります。

REAPERの設定全般を見直す

上部のメニューから、オプション⇒設定をクリック。
色んな設定項目が出てくるので、順に見ていきます。

全般(General)

最初は言語設定と、プロジェクト内の取り消しやり直しの記録について。
そしてREAPERを起動した際に、どのプロジェクトを開くかの設定とか。

REAPER setting general

項目にマウスを合わせると、説明書きが下に出ます。まぁ何となくこんな感じ?
起動のたびに最新版のチェックは外しておく。そういうの手動でやるので。

言語設定は、どうもLinuxに限った話、私では文字化けを直せなかったので、英語表記のままにしてます。慣れたら問題ない(' '*)

全般(General)⇒Path

Reapeakという、オーディオファイルを読み込むたびに同フォルダ内に生成されるREAPER専用の謎ファイル。これ。REAPER内にreapeakフォルダを作ってまとめておくと、あっちこっちにreapeakが散見しなくて済むので、ヤッておいたほうが良い。

REAPER setting path

参考 ⇒ REAPER基本設定:Preferencesのプロジェクト関連設定1

プロジェクト(project)

プロジェクトのフォルダ構成、あとバックアップの設定について。

REAPER setting project

加えて一度プロジェクトのテンプレートを作っておけば、ここにファイルパスを書き込んで新規プロジェクト立ち上げの際にデフォルトで読み込まれます。
参考 ⇒ REAPER設定:デバイス&ファイル構造
参考 ⇒ REAPER基本設定:Preferencesのプロジェクト関連2-保存設定

プロジェクト(project)⇒Track / Send Defaults

REAPER setting projecttrack
MIDI打ち込みメインの設定。

参考 ⇒ REAPER基本設定:トラックのデフォルト設定

プロジェクト(project)⇒アイテム(Media Item Defaults)

私はループのチェックを全て外す。

REAPER setting items

参考 ⇒ REAPER基本設定:アイテムのデフォルト設定

編集動作(Editing Behavior)⇒MIDIエディタ

MIDIエディタはプロジェクト内に一つだけ開くように設定。

REAPER setting MIDIediter

参考 ⇒ 早めにやったほうが楽な設定 - 底辺が楽しむDTM

プラグイン(Plug-in)⇒VST

ここでプラグインのフォルダパス(場所)を指定してあげると、使えるプラグイン一覧が読み込まれます。
ARIA・VST3対応は私自身がよく使うSFZero-xとSforzandoのためにチェックを入れてます。

REAPER setting vst

もっと詳細な部分まで突っ込んだ記事がこちらに書いてありました。
ちょっと目を通しておく。違いはどうだろう。

「StudioOneは音が良い」は本当化〜REAPERとの比較を通して検証

次 ⇒ マウス操作を使いやすくする

REAPER・カスタマイズ設定項目

  1. 全般の設定を見直す
  2. マウス操作を使いやすくする
  3. アクションリスト(ショートカットキー等)を設定する
  4. アーティキュレーション切り替えの独自設定
  5. デザインを変更する