LinuxでDTMを始めるメリット・デメリット

(2020.11.16執筆)


新windowsPCにLinuxを導入して。ようやくLinuxでのDTM環境が満足の仕上がりになりました。
Linux?の何もわからない状況から約1年、やっと人並みの環境となった経緯に、

果たしてそれだけの時間を割く価値が在るのか?
普通のOSにDAWと音源を揃えるだけで充分ではないのか?

という疑問が付きないので、まずLinuxでのDTMがどういうものか、参考メモを残したいと思います。

Linux mint Xfce版

LinuxDTMのデメリット

悩ましいデメリットと引き換えに、得られる恩恵が如何ほどがご確認ください。

Linuxにするデメリット

まずデメリットから。大半のDTMerにとって強烈な制約となる。一般的におすすめされない理由を述べます。
DTMは、音源やエフェクトなど様々なプラグインを組み合わせて作品を作っていきますが、その「音源」や「エフェクト」といったプラグイン製品の数々が、多くの場合WindowsかMacのみのサポートになります。

例えば、DTMに必須とされる標準サンプラー「Kontakt」
これ、Linuxで動かすには2手間も3手間もかかる。

参考記事 ⇒ Kontakt on Linux インストール方法まとめ


この、標準のソフトが普通に動かせるようになるというだけで、相当のハードルです。
何も分からないところからやるには大変すぎるので、一応参考メモ残してますが。。
1年かかった期間、そういう調べたり試行錯誤の時間が大半だったりします。

他にもiLok認証が通じないなど全く動かないプラグインもあるし、Win用のプラグインをWineを介して動かす方法もあるのですが、たまに動作が安定しないことも。
これに該当するVIENNA音源やUVI WorkStationをLinuxで使いたい場合、一度Win環境でWAV収録が必要になったり等。。。DTMerにとって大きな制約を負います。


Linux対応のソフトで済めば良いのだけど、使えるアイテム数は限られ、情報も殆ど英語のみ。
果たして?DTMは万全に機能するのか???? 疑心や不安と向き合いながら、それでも進むしか無い。

プラグインに関しては相応の覚悟を以って切り捨てるか、うまく折り合いを付けるしか無い。 今でも、音源に関しては1音ずつ収録してLinuxでも動かせる形に手間をかけてます。その代わり製品版以上にパフォーマンスが良くなりますが。。
目新しいプラグインを次から次に買い足していくやり方からは遠ざかります。手間かかりすぎて無理です。

Linuxでのメリット

一方で余り在るメリットは、OSの自由度、動作コストの軽さ。お金のかからなさ。でしょう。Windowsのように度々更新に悩まされることはありませんし。高額なMacOSに依存する必要もない。Linuxそのものは無駄のない非常に洗練されたOSです。

WindowsパソコンにLinux OS mintをインストールしよう


DTM製作時の消費電力が5W前後...モバイルソーラーバッテリーのみで賄えてしまう。 この省電性が私自身の生活スタイル(お山暮らし)によく馴染みます。


モバイルソーラー25Wの自立型PC + 省電力設定まとめ

Linuxで構築した場合、オフグリッドの制作スタイルも現実的になりえます。



また、パソコンの動きが非常に軽快です。


(DAWはREAPER、音源はSFZファイルでの動作状況)

電源ONから数えて、システムの起動、DAWの立ち上がり、SymphonySeries(Essential)をsfzに改良した音源。。。などを使ったプロジェクトを開くまで1分ちょっとくらい。

CPUは0.8GHz✕2コア4スレッド、メモリ消費は2.2GBほど。
だいたい2010年度くらいのノートPC性能に抑えても、充分すぎるほど快適に動かせる状況です。

そのぶん譜面の打ち込みも楽に進みます。ものすごく。楽です。。。


ここまで持ってくるのに、製品版の音源をバラして一から築き上げなければなりませんでしたが、その音の良さを製品版以上に、自分に合った形で引き出せるようになりました。 単に音源を買っただけでは得られない、特別な音としてずーっと使い続けられる形になっていくと思います。


個人の技術向上も素晴らしい。音源を一から組み上げる経験が、後のMix作業にまで応用できるし、耳で聴いてジャストの感覚を身につけられる。
それにLinuxで環境が構築できると、後からOSを替えても同じように環境構築できるはずです。

OSやプラグイン・各製品への依存が消え去る。とにかく自由度が上がります。 使い慣れたWindowsやMacが手放せない、なんてことは無くなる。OSにもプラグインにも縛られる必要はまったくない。

この点が将来的に、ものすっごいメリット。後の財産に繋がる。
特に学生さんなど下積み時代に、今だからこそ挑戦してみて欲しい、という思いも在ります。
働きながらだったり、家庭をもった後だと、他に優先すべきことがあったり、心身に余裕をとれないと思うので。


私がLinuxのDTM環境を作るのに掛けた時間は1年。うまく行くかどうかの保証もない。
それでも挑戦されてみたい方居ましたら、より短期間で確実に進められるよう、応援の意を込めてコラムを描き残しておこうと思います。