精霊の木

呼び方は色々あるやも。
とりあえず、自分はそう呼んで見ることにします。

その木は、周りの大きな木に守られるように立っている。

小さな木。

ちょうど上から太陽の光が差しこむ。
天井が開けてる。

少し思った。
この木は周りの存在から大切にされてるんだなって。
例えるなら、純粋な子供みたいに。

少し思った。
この木の存在が、周りの樹木の生きがいなんだなって。
だから外から守るように囲んで、お日様が当るように天井を開けてる。

精霊の木

そこにちょうちょがふわふわ飛んでるのが見える。
何もない、おちつく。清浄な場所。

 

別の場所で、こんな逸話を聞きました。

震災があったとき、そこに木の集落が合った。
その木の中に1つだけ「精霊の木」(此処ではなんと呼ばれてるか分からない)があった。

震災後、一本だけ無傷で残ってる木があった。
みんなはその木を、奇跡の木?だといって崇めた。

小さな木だった。

 

おしまい(‘ ‘*)

 

。。。

みんなが活かしたいと思える存在があるんですね。
だからそこにあるんですね。精霊の木が。

みんなの思いを注意深く観察したら、
もしかしたら見えてくるかもしれません。

精霊の木が。

だからなんだーってツッコミが。
聞こえてきそう。

や、だから特別な存在って。
それだけで尊いものなんですよ。


ただの呟き

音楽を聞くとしっとりする(o v o。)
なんか幸せ*:・’゚☆


福岡城 夜桜ライトアップ

たまたま通りかかったら見事に満開

夜桜 大濠公園

夜桜が水面に反射してすごく綺麗だった。
思わず写真とってしまいました。

大濠公園の隣にある、福岡城のお堀。
2013年3月27日の20時くらいの映像です.。.:*゜
今年の桜は早かった(‘▽’)†


飛行機乗り遅れた

変更の効かないチケットだからしゃーないw
5分前に搭乗手続きに間に合ったのに、撮り合ってもらえないとは。。

あれだな、飛行機めんどくさいな。

今度から出発1時間前に空港でのんびりタイムすることにした(。◕ ∀ ◕。)ノ


大阪の明石焼き

明石焼きといえば、たこ焼きと並ぶ関西の名物*:・’゚☆
阪急3番街の地下に「ぶぶ亭」というお店があります。
今回、そこで明石焼きを食べてきました(‘ ‘*)

ぶぶ亭 明石焼き
なんかすっげー本格的w(゚ロ゚)w
台の下は凹んでるのかな?とたこ焼き感覚で見たら、
明石焼き
まっ平らでしたw

明石焼き 器
そういえば器がちょち左斜面に傾いてる。
どうしてだろう。明石焼きの謎。。
この子を、和風だしにつけて頂くのです。
ふにゅ、あっさりしてて中々美味。

明石焼き 和風だし明石焼き 中身
中にタコが入ってました。
ますますたこ焼きにそっくりだw

現地の方は「たこ焼きと一緒にしちゃダメにゃ〜w」ていうやもだけど、外から来た人から見たらやっぱりそっくりだよね。

ちなみに、明石焼き作ってる所も写真撮らせていただきましたよー

明石焼き 焼き場明石焼き 焼き場2
やっぱり生地はふにゃにゃん(‘ ‘*)