PCと生きた本のイメージについて

生きた本について2

パソコンのデータは永遠だと思ってたよ(‘ ‘*)

そうか、まだ数十年やそこらだもんな。

しかもその間ですら、記憶ディスクの規格が変わったりosの仕様変更だったり、で、データ扱いづらくなってるのも拍車。

未来に残すのは、コレじゃない感。

音源やってるのも、低コストPCで楽に曲作れるようになって、次世代に託せたらな~と思ってたのでしたが、

方法が間違ってたんですね。。
独自性、扱えるの私だけだし。
こんな時代遅れの技術は、私の人生と共に消失する道しかない。

うすうす気が付いてはおりました…はい。

なぜ、経年劣化を当然とするシステム構築に人生の大半を費やし、無駄死にしおって尚、その続きを子供ら世代に押しつけようとしてたのだろうか…

 

決して安くないお金が、メーカーとかにどんどん流れ、端末数年スパンで消費してガラクタを積み上げ、しかもそれなしでは仕事も、生活もままならなくする。

確かに記憶データ場で、様々なイメージを保存したり気軽に再現できるのは捨てがたいし、画期的とは思うけど…

短時間で、遠くに飛ばす。
とり言語の延長。

通電しなくなれば、霞のごとく消える。

情報を扱う道具として。
これほど寿命の短いツールはないのでは…なかろうか。。

 

古代の人は、水を記憶装置の役割として扱えてた、という記述があるくらいで。

今はない?

生きた本。

その樹は、そこに植えられた樹は。

湧き出る水たちは。

泳ぐ魚は。

 

目から入ってくる情報で終わらない。

触れて聴いて、確かめることができる。

意識を注ぐべきものは、もっと身の回りに在るのではないか。と振り返ってみたりしてます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*