♪BGMを止める

巡る箱庭✨厄災の塔

2−3「厄災の塔」

本来なら、自分の思い描くイメージは一寸の狂いもなく目の前に現われるものだ。
それが現実に反映されない、ということは。
返ってくる現実の中に、自らの意図しない不純物(矛盾)が生じているということ。

そういった"嘘"の数式に向き合うことをせず、無理やり現実を叶えようとするとどうなるか...
知恵の輪を想像してみて欲しい。

もし無理やりに輪を外すならば、構築物そのものを破壊するしか無いだろう?


無理に願いを叶えるには多大なエネルギーを要するし、多くの代償を払わねばならない。 すると、たいてい悲惨な結末しか残らないのだ。嘘は未来永劫在らず、自らの世界を消失して精算とする。
だから人は、その器に足りうる現実をまず受け入れねばならないなのだ。それが第一歩だ。

でも、どうして普通に生きてて、本人の望まぬ現実しかやってこないか。
それこそ彼らは忘れてしまっているからに他ならない。
「自分の足で、立って歩ける」ということを。


嘘の世界で型どられた常識は「思い込み」でしかない。その中だけで生きる必要はない。
目を覚まさねばならない、自らの肉体に備わった本来の役割を思い出すんだ。
望むものの全ては、自らの内に初めから用意されている。

後は、動かし方に気づくだけ。




その塔は天井のアンテナの役割を示した。
全宇宙の星の巡りを、微細な光の加減まで察知し、記録する塔。

南下のアマテラスの石を通じて、エネルギーは偉大なる国家へと降り注ぐ。
それは結界だ。
母なる大地に降り注ぐであろう宇宙の叡智を、塔の天辺、ただ一点に収束させ、自らの手で神の力をコントロールするのだ。 素晴らしい。素晴らしいぞ、この塔は。 塔は避雷針、外界のものすべてが塔に注目し、天は塔に注目し、この一点にエネルギーが収束される。 人口太陽、アマテラスは、この一点にエネルギーを宿し、宇宙の叡智を授かり、そして照射する。 王国に恵みをもたらす。 時には、極限今で凝縮されたレーザー光線で、外界を攻撃する核兵器にすらなり得る。 誰が、このような用途で石を活用するなど望んだか。 誰が、? 誰も望んでいやしない。 石が曲げられた。こんなことなら最初から・・・ 彼女は持ち去っていく。 全エネルギーを宿すアマテラスの核「」を持ち出し、それに関する一切の記憶を王国から消去。 そして姿をくらました。 強大すぎる力は、星を滅ぼす。 彼女は魔女だ。国家の反逆、ひいてはこの星を滅ぼさんとする最凶最悪の魔女。 ナヴィは言った。 日増しに外界の動物は凶暴化し、怪物化して王国を襲う。 王国騎士たちはそれに立ち向かうものの、非力な国民、女子供たちは外界の脅威に怯えて生きるしかない。 さらには、石を持ち去った魔女の存在だ。 国家は混乱を極めた。何とか石を取り戻し、王国に平和を齎さなくては。 勇者が立ち上がった。彼は王国の人々にとって希望だ。 王様直々に勇者にお触れを出し、外界へと旅立つことを命ずる。 魔女討伐、そして国宝奪還の命を寄越して。   禊の石は6点に、要石。 大地は枯渇していく、王国は潤う。 塔の存在は、当時の文明のシンボルだった。 その後、文明は急速に発展し、わずか数百年余りで王国は繁栄の謳歌を極めることになる。 アリシアがもたらした錬金技術はかくも偉大なもので、石たちの持つ膨大なマナを使い放題。 豊富な資源が水を産み、太陽を産み、大地のエネルギーが食べ物を実らせ、王国内はまさに楽園であった。 まさか古いシステムでしか動かないものだとは 利権の兼ね合いでどんどん機能がアップデートしていくが、 論理コードが複雑になるばかりでコストパフォーマンスがだだ下がり。 拡張性はプラグイン、オプションファイルで並列に並べて、必要に応じて呼び出せばいいだけだ。 根幹はシンプルであるべきだ。 楽譜も、コードを束ねる一本のメロディも。

次のページへ
【現在の章】第二章「炎の記憶」
1話