パワーストーンの効果

私が最初に出会ったパワーストーンは、翡翠とラピスラズリ。
お店にはたくさんの天然石があり、それぞれにその石の持つ力が紹介されてました。


「手ごろに2つ買おうかな(' '*)」


そう思って「葉の色」や「夜と水の色」が好きな私は2つの石を買ったのでした。
【翡翠】"洞察力を深める、邪悪から身を護る"
【ラピスラズリ】"幸運を運び、知識をもたらす"

それがパワーストーンとの出会い。。。



古くからの言葉にもあるように、天然石には秘められた力があると言われてます。
まずはその言葉を信じて、石の魔力を期待するのです。






その数ヵ月後私は旅先に向かう途中で、あるおじさんと列車を共にしました。
彼は絵描き人だと言い、ポケットから様々なアートを取り出しました。
数ページの紙片が束ねられたもの、それらは今までの旅の中で見てきた物たちなのでした。
エジプトがありました。中にはインドもありました。
彼は砂漠で死に掛けたことがあるようでした。
隣で、夜が更ける合間。彼に一冊の本を手渡されたでした。


「詠んでみなさい、おもしろいよ?」


私は、中途半端なページを捲りました。


一体何が描かれてるのだろうと一瞬の眼を捉えた言葉。
「レメディ」。。(なにそれ?みたいな

なんかインドの医学的な研究をしてるとかで。
病に治すクスリみたいな位置づけ、それのインドの風習に沿った教えに基づいたものだとか。


例えば、"火傷した者は直ぐに水で冷ませ"と教えられた私達。
其処には「真逆」が書かれてました。
"火傷には、そこへさらに軽い火傷を起こせ"

どうして?とその理由は、なんか難しいことが書かれてあった気がする。
災いをもたらす者を追い払うには、それを記憶した者が必要だからだそうです。
レメディの言葉の由来は此処にあります。
その意味は"振動の記憶"、そして"万物の薬"...


レメディの作り方が載ってました。
まず原因である毒そのものを水に溶かす。振動を与える。
100倍に希釈する、つまり水で薄める。振動を与える。
さらに100倍へと希釈する。そこに振動を与える。
希釈する。振動を与える。

この工程を繰り返すごとに、毒そのものは存在を見失います。
けれども、レメディとしての力はさらに強くなっていくそうです。
この水が、毒を中和するのだそうです。

なぜか?


其処には仮説が載っていました。
振動そのものに意味があるのではないか?

で振動は何に作用するのかと思えば、私はすかさず塩コショウを捉えてみます。
その調味料の入った便は、逆さにするだけでは落ちない。
振る。振ると、さんさんさんっと落ちてくる。落ちて落ちて;;
つまり振動って、力の流れをとめどなく導くもの。;

あるいは、紙束をまとめる時を想像してみます。そろえるのにはどうするか。
一枚ずつ綺麗に重ねたりはしない。かんかん、っと音立ててそろえます。
そうやって正しい位置に整う。振動は収束、調和も意味する。


...永遠の星の力が正しい位置に並ぶとき、ただの人間がどうしてそれに抵抗できようか。


天然石は気の遠くなるほど長い間、星と一緒に成長を重ねてきた歴史があります。
その成長の痕跡は肉眼でも辿ることができるし。
それ以外にも至るところに隠されているのだと思います。

石はその強固な想いから、今ある形を成している。
石として記憶された振動が、そこに魂(カタマリ)となって宿っているのだとします。
そこから、天然石の意味を捉えてみる。


翡翠"邪悪から身を護る"
ラピスラズリ"幸運を運び、知識をもたらす"


それは翡翠の辿ってきた人生そのものの由来なのか。
一方、それはラピスラズリが辿ってきた道のりを表すのか。
そして、自分と同じ時間を過ごしてるこの石たちは今何を感じているのか。

石の力の元は、石の辿った運命に共鳴する私達なのだと想像してみる。
「何か」を望むのならば、その「何か」を宿した石に相談するといいのです。

パワーストーンは、例えるなら「何かの力」を宿した音。
音を感じる心があれば、石の力も何となく分かってくるでしょう(' '*)


次のページへ