web上でのMIDIの鳴らし方

注意点として、音は閲覧する人や状況に応じて感じ方が異なってきます。
そして音を鳴らすことは、よりPCの動作へ負荷をかける事に繋がります。
その為、いきなり音を鳴らしたり制御不可能にするのはやめた方が無難です。


以上を踏まえてwebサイトに音を組み込む場合。
以下のタグを<body>〜</body>間の任意の位置に書き加えます。





上記がMIDIファイルを再生する時のタグ設定です。
<embed>は、プラグインを使って再生するタグになります。
以下詳細。


type=ファイルのMIMEタイプを指定しています。MIDIの場合は"audio/midi"
   MP3の場合は"audio/mpeg"等、拡張子によって変わってきます。

autostart="true"で自動再生、"false"で手動再生です。

repeat=再生回数を指定します。"true"で繰り返し再生。"false"で一回限り。
    任意の半角数字を与えればその回数分再生されます。

width=パネル幅の長さを指定します。

height=パネルの高さの指定です。



<embed>は閲覧者の再生環境に依存し、人によっては音が鳴らないケースもあります。
そのための救済措置として、此処では<noembed>タグも加えました。

以下に続く<bgsound>は、IEのブラウザ上で音を再生することが出来ます。
<embed>と<bgsound>の両方を記載する事で、再生環境は賄えるはずです。
しかし<bgsound>は手動で音を止める事が出来ない不便なもの。
フレームや新規ウインドウを使う事によって切り替えは出来るのでしょうが;
使用する時は注意してください。

プラグインの有無で自動再生やパネル表示などのズレが出てくるので、面倒ならば





だけでも構いません。

補足ですが<embed>や<bgsound>はHTMLの仕様にない非公式のタグです。


他にも、音声ファイルを組み込む方法はあるので。
詳しく知りたい方は次の「フラッシュを使ったMP3の載せ方」もご覧ください