語りかける

それは、怖いもの?
それは来て欲しくないもの?
それでも、大切なモノ?

それは、嫌いなもの?
それは好きになれないもの?
それでも、失いたくないもの?

 
それが近づくほどに壊れると思うの。
それが離れるたびに哀しくなると思うの。

だから怖い。怖い?
どうしたらいいのか分からなくなるから、怖い。こわい?
跡を残せば、可哀相にも思えてくる。
もう、いいの。構わないで呉れて。
私はそれで十分だから、早く新しい居場所を見つけて。
さようなら。

 
 

「そうなの?」
 

もう囚われない影と形。
暗闇を解き放って、もう一度光の渦に巻き込まれて。

 
まだ見えない。まだ見えない。


危なかった

もううちはええねんで。
のんびりしてるんだけやから。

なんか。ほんに今回の旅は、帰ってこれてよかったものです。
たくさんの歴史を垣間見て、ぐりっと;
こう、なんか形跡を辿ることが出来るのは、嬉しいことでしたから。

真っ暗闇の中、自分の感覚が打ち震えるほど研ぎ澄まされていたのが不思議なくらい。
そうしないと、きっと命に関わったかな。

 
もうほとんどを見てきました。
あとは、これを思い出にするか記録に残すかするだけです。
私の一部になって、暗闇の奥底に眠っていて、、、


探す、0、The fool、愚者、起源

知りたいのは自分の居場所と、その蛍の在りか。
もしかしたら他の言葉で云っているとも思えます。

一人の流れ者が、歌を歌いながら荒野を悠然と歩んでいる。
それは何処へ?
何のために、何を歌いながら?
連れは? 一人? 何を持って、それはどうして?

一つの心情描写だけで、それを知るのに事足りる。
あらゆる理由がその絵には潜んでいる。
単なる訳のわからない事柄のように思えて、バラバラに見えるその光景。
実は真実を映し出してるかもしれない。

 

一枚のカードに私はそう当てはめます。
同時に、この3日間歩んだ記録はこの一枚に見定めます。

 
私は探求者です。
私は観察者です。
私は正直者です。
私は愚か者です。

 

彼から語られる言葉は、謎だらけ。
もし話しかけられたら、次々と溢れ出てくる迷言雑音をふらりと飛び交わし。
ともに音楽を奏でましょうか。

まァ彼は大人が苦手なんですよ。もう堅苦しゅうて話も通じんでさ。
なにを難しい顔して悩んでるか知れん。面白うなか。

こういう語りは、小さな子供のほうがよっぽど賢く受け止める。
だから彼は子供が好き。自分も子供で居たいと思う。
子供とはとても話が合うし、一緒に居て楽しいと思える。
だから私は子供が好き。自分も子供で居たいと思う。

 
私は、”The Fool” 0番目の言葉です。


蛍。

蛍。蛍が川辺に飛んでいるのですか。
私はずっと以前に見たっきり、それを忘れてしまったのか分からないです。

う~ん、とっても綺麗なんでしょうね。
言葉には出来ないでしょうし。
想像でしか思い出せない私には、とうてい。

 
蛍ですか。
ほんの少し、その光景見せてくれないかなぁとか。
ささやかな願い事ですね。

この時期だけなのかな。
絵を通して、どれだけ素晴らしいものなのか見てみたい。
見てみたい? 見てみる。

蛍さんに、蛍。う~ん、光って、たくさん、閉じたり、止んだり。
一斉に。その中で、うち、ちょっとだけ眠りながら、雨の中の、音とか聴きながら。
想像してみたいなァ。一夜限りの光景かなぁ。もう一度みたいなァ。


ピエロ

話は、何処から何処までも現実から鏡が離れてて、一体今自分が何を話しているのかすら輪郭が思い浮かばないように。

私の癖かな。
ん、また何か云ってるなァ。。。そんなふうに思うのです。

 
昨日から、大切なことに気がつきました。
別に応えてもらう必要なんて無かったんだ。
って、それに何の話だったか覚えてないんですものね。
そう思ったら、なんだか楽になって。

そもそも、日記に意味がなくなってきてるしなァー