あの子の言葉

あの子の凄いところは、人の話を最後まで聞いて全部を受け止めるトコだと思う。
この世にはたくさんのお話がありふれてるけど、そのどれをも見て聞いて吸収できることは、あまりに凄いことだと思う。そして、子供の頃はそれは皆出来たことだとも思います。

あの子は、ただ黙って、聞いていて。
あらゆることに、凄いなァって。ずっと心に響かせるみたいです。
その姿勢、自分には無い輝きだと感じる。

 
人間、何かひとつ絶対的なものを知ると、それに矛盾するいかなるものも聞き入れなくなるですよね。
それは自分の世界を守るためだったりすると思うのですが、コレが厄介なものです。

私もなんか昔から、人の話は聞くけど受け止めることを容易にしません。
常に、今云った言葉は本当にそうなのか、間違ってるんじゃないかと疑いの線から聞いて掛かっています。
これは自分の世界観から、相手側のお話を聞くという事。
自分自身に対して、絶対に間違わない最善の策であり、同時に相手に対する理解度を本来の形から激減させます。

 
得られるものが少なくなります……
 

 

私は今日、アロマの専門店に行って来て、そこの店員さんと夢について語りました。
あの子に対していった言葉「夢って云うのは強く願えば必ず叶うもの」だって云う事。
私は、夢はなんですかって聞かれました。

私の夢は。。。為すべきことをする為に今を生きること。
とかいうふうには答えられなかったので、「華の唄人になるのですー。」とか結ってしまった。とりあえず、通過点に其処の答えを選んでしまった…

間違いの素ですね。こう返される。

「じゃあ此処にいるのはどうして? ”東京”に行って、TV局にそれに必要なことを聴きに行かなくちゃ」

 
本気なんだろうか。一瞬にでも、自分に対する引っ掛かりを感じる。

 
「東京に住もうとは思えないです」

「住んでみたら良さが分かるものよ。何もしないうちに理由を付けて逃げるのは駄目」

「一回だけ、それを本気で考えたことがありました。でも周り皆反対してたから辞めました」

「それはあなたが本気で願ってなかったからよ。本当にそれを願えば、宇宙のあらゆるものが味方になってくれる。そういうものなのよ」

 
…うちの受け答えは、「否定する言葉」を返事で返し、そして「逆説」を返事で返してる。

私は既に、「夢という曖昧なものを信じて、がむしゃらに進むことの愚かさ」を知っていたので、このように返してしまったものです。「夢を信じれば必ず叶う。」は、踏み足を間違えればとんでもない末路を迎えてしまうことの恐ろしさを、脳裏に過ぎらせたのでした。

 
でも、あの子はきっと最後までその言葉を信じるはず。決して見失うことの無い。
だから私は、あの子が将来とても立派な道を歩むのを確信してます。
この時だけ、それを確かに信じることが出来るものです。


次元のコイル

すごいよね、この世界には磁界が通ってるなんて。
いったい、この磁力は何処から来るのだろう。そんなふうなことは、あまり考えたことも無かった。

ただこの磁界の形、今日それを意識することなく自然に導き出されたの。
まず基準と為る音の波形。をグラフに描いてみる。

私の場合の、440Hz「o5 ラ」の音で。
その振動は+と-を行き来してるけど、このときの0と為る場所が、おそらく中心軸となる部分です。
そして、その波形は+の領域と-の領域を絶えず行き来している。
次元の狭間みたいなものでしょうか。どちらの領域にも属してる部分です。

それを境に、より低い領域は表の音域。そして高くなると、裏の音域にそれぞれ分けられる。

 
ほら、蹉跌を帯びた磁石がそこにあるかのよう。
磁界が生まれた…


森遊び

ふと、 ∞ の記号が腕で描かれて、その中心の軸に基盤があるのが見えました。
私は腕に振り回される。
けども、軸となる中心の位置は決して動かないよう構えておかねば為らないのです。
正直、難しい。踊ったり、歩いたり、走ったりするときの動作も、これに応用できるんだなァと少し気がつきました。
身体は、自分の軸を中心に動くことで本来の力を発揮できるみたい。

 
今日は森の川辺で歌を歌ったりヽ(*゚∇゚*)ノ~クルクル回ってたりしながら遊んでました。
のんびりと、遠い未来や過去を思いながら。ふらふら。


通り雨

突然が、毎日のようにたくさんの、雨が降る。
木の幹とか、傘のたぐいを伝って落ちてくる水、ずぶぬれ。私。

最近、少し慌しい音が聞こえる。
何かおこる?
 

涙みたいな何処と泣く空も、悲しそうにしてる風な素振りを感じたくなる。
それに浸って、少しでも心を落ち着かせなきゃ。

 
聞こえる?
それはきこえない、って云う。

空は泣きたいのよ。そろそろと。

涙する。うち、なんか。
悲しいじゃないけど;
あまりに、こう。離れなくなる。


音の螺旋

赤→黄→緑→青→紫→赤
ド レ ミ ファ ソ ラ シ `ド

例えばこんな感じに虹色の彩色を音階に取り入れてみる。
この瞬間、音や楽譜は頭の中で無彩色だったものが突然に七色のイメージが浮かび上がるのです。コロロちゃんもこんな風に云ってたのを思い出しました。。。
これだけで、何か魔法が使える気に為れますね。ただし気分的な問題だけに終わるとも云うの;;;

 
赤→黄→緑→青→紫の境目を12個に割ると、音の相対関係が昔美術の時間に見たあの色の相対表の関連にも当てはめることが出来るようになります。
色の環状線です。このとき、6つ離れてる反対側にお互いがお互いを打ち消す役割にあったり(混ぜると無彩色になるあれ)色の持つ特性をそのまま音に当てはめることも出来たり。。
たぶん、そんな風に出来る。ト思う。

一オクターブ廻れば、色は元の位置にくるけれど、立体的にその色はもう一つ高い場所にあると、。。ピアノの鍵盤は、螺旋階段のようにくるくると上ったり降りたり、している。

おとのイメージが、こんな風にやや具体的に捉えられることを、最近知りました。
これだけで、何が出きるのだろう。
 

 

逆を見れば、全ての色を音に表すことが出来るようにもなる。

その人の服装からメロディを連ねたり、もっと深いところにある精神観念から音としてはじき出すことも出来るし、他にもその人の声を色彩で図面に映し出すことも出来る。と

此処に図面に映し出した声の色使いから、その人の持つ特徴とそれから健康状態と何かしら分かるらしいです。このとき、理想的な状態は一オクターブ間で音の要素”色”が水平に安定してること。
大抵は何処か凹んでたり波打ってたりします。
人の音の好みは、これを水平に近づける為に自分の足りないところや出すぎたところを打ち消す音の要素が盛り込まれたものになるのでしょうか。。
人によって、音に対する感じ方は違うみたい。
ある人に心地よく聞こえる音が、別の人には単なる雑音に終わることも多い。。って。

 

此処に書いたことは、本当にそうなのかどうか疑わしいですが、自分の知識の足跡としてちょい刻んでみます。
これで、何が出来るんだろう…