美少女の夢

永遠の美少女の夢を見た。

 
本人できる努力などほぼ無い。
美少女は、自力で美少女になっているわけではない。

おおお、美しい娘。神の創造物。おお、かみよ。わお〜ん(‘ ‘*)

 
そのような星の下で、そのような世界に生きることを許されて、美少女として生まれた。が、美少女は老いる、矢が的を射る秒読みのように、必然的に。素敵なBBAと和る日が宿命付けられております(。◕ ∀ ◕。)ノ

おおお時間というものは確と残酷なものであることか。世にも絶せの美少女と詠われるも束の間、おおおおおおおシワが、おおおおおシミが。。。。おおお髪が、髭が、おおおおおおお。

おおおお怨念が、生霊むきむき!って、化粧品とか美容業界が潤うパト楽酒となった。微小な存在である本人の足掻きはほぼ無駄…

 

老いる、という項目について。
なぜオイルのか? そりゃ油が錆びてるような感じじゃ。油は、新しいうちは滑らかにする素敵なピヨちゃんだが、錆びるとぎちぎちになって滞る。おお、ぎっこんばったん。淀みが溜まって、シワができ、汚れがたまり、それを排出しようと削って、磨いて、すり減ってリニューアル。
 

油揚は、古くなったり、空気に触れたりして、錆びる。
でも、常に新鮮な水と共にあることで、水中の、人間の体内にあるそれは滞ること無く流れ続ける。

 
水が、古くなったり、乾燥すると、やはり油に酸素が触れて死ぬが。
まぁ、水なんだ。水。水が流れ続ける。緩やかな小川のように。さらさら。

水の精霊が、やや、水に含まれる微細な生き物たちの波動が、生きた湖や川に巡っていて。生き物は、生きた水を体内に循環させることで、いつでも新鮮な生命の胎動を宿すことができる。

死んだ水ではない…

 

頂きの丘から流れる、水源の水は、樹齢何千年もの樹の根が地下水を吸い上げて湧きでた。命の水を、今日の糧を、明日の新しい生命の源を、頂く。ごくごく(o _ o。)

そうして、美少女は明日も美少女のままで生きる。。。

 

なぜ?

美しい肌も、髪も、瞳も、うるおいも。新たな水を宿して活きてられるの。
ずっと以前から培われてきた大地の恩恵によって、もたらされる。

流れ続ける水が、美少女には必要不可欠、そこに樹がある、泉ちゃんです。

泉ちゃんと触れ合う、そこに水、に潜むたくさんの微細な精霊達、樹や花々の存在、鳥や蝶や虫たち、映る星の鏡。
其処に住む生き物が、泉ちゃんの水を通じて、繋がって、美少女の中に宇宙が宿る。

永遠の宇宙が、美少女そのものになる。宇宙は美しい(‘ ‘*)

 
 

とか結って何百年、何千年、時間の概念が望めば、おおおお我はもうBBAで十分じゃ。堪能しました。次の世代の子、あいどうぞ〜〜。

永い永い時の、樹の遠くなるほどの尺度で、美少女を楽しめて、次の世代の種を遺して、生命の時間は益々大きなリズムで、ゆっくり流れて。穏やかな変化の兆しを楽しむとされようです。水と生命の流れ続けることで、永遠の時を生きるのだから。星が巡るように。そこに新たな時代の美少女が生まれて、存在は永遠に生き続ける。
 

 

美は、遥かな時を生きて、共にあるという概念。自分一人では成し得ない事実。

水の史実と分断されちゃ、単体寿命は激減じゃな。賞味期限は何年とか。なんつーこった。…美少女の存在は、それ単体では存続しようのないムリゲ0なのでした(o _ o。)

 

今の社会システム自体が美少女を殺しにかかってるしな。
「我が世界で一番美しくないと気がすまない」的な。

 

とっとと現世から卒業じゃな(‘ ‘*)