肯定

肯定

存在を認める。

自分には必要ない世界でも

それを必要とする存在が居る。

そのことを認める。

 
肯定。

世界には、私の居る世界と、そうでない世界がある。

その存在を認める。

 

好きか嫌いかは、また別のお話。


立ちはだかる壁は何のために在る?

障害を、障害だと思わなくなった時
 それは障害ではなくなる。
壁は超えるに限るもの。

あっさり超えられるものか
どこかに抜け道が在るのか

 
何にしても、取るに足らない。
心の底から取るに足らない。

重要な部分が他にある。


果報は種まいて寝て待つ

果報は種まいて寝て待つ(o _ o。)zZZ

のんびりしとります(。◕ ∀ ◕。)ノ


私が私であるために

土地

現実世界に私の土地があれば

そこが私になる

 
私の世界は私自身。土地の上に、再現できる。

 

サーバー。サイト。電子の世界に。

私の居場所を見つけた。

ここは架空の土地。

姿は見える

音も聞こえる

だけど未だ

触れられない場所


何をもって成功の定義ナノカ

生き延びること。

コレに尽きる。

 

これについて今までミスったのが

「みんなと一緒に」

 
という視点が抜けてたこと。

 

自分一人しか考えてなかったため

色々な面で行き詰まりと限界が来て、

結局は何にもできなかった、に等しい現状。

 

今からでも間に合うんだろうかね?

まぁ、生きてりゃ何とか成るんだろうね。

 

プラン書いとくか。どうせ今は錯乱してるから。メモ程度だ。

 
プランター栽培、畑、田んぼ、樹、草花、森林、

バイト、臨時店舗、ぷち店舗+庭、

家、車、都会⇔田舎

音楽、物語。

 

全部、同時進行。

出来るところからやってく。

現実に出来るトコまで、段階踏んでやってくだけ。

 

しょーじき、生き延びるための秘策は、皆で共有するしか無い。

そういう場を設けるしか無い。そういうのはとっとと開いてやっっておきたい。

下地がない。だから下地を作るトコから入る。

 
同時進行で、生きる基盤となる食べ物、畑の部分を整える。

家のことも兼ねて、だ。もう、全部バラバラだ。一箇所では今できん。ばらばらで行ったり来たりするしか無い。

せめて今は落ち着こう(o _ o。)

色々クリアせなあかんことが多すぎる。