精霊と植物に向けた音楽

音楽は、聞くのは、人だけじゃないよー
むしろ、違う存在のほうがたくさん聞いてる。

今までの流行りの曲は、
人間に向けてよっしゃ一発あてちゃうrぜー的な音でありましたが。

音はもっともっと独創的。
そんでもって、使い方次第でさらなる可能性がある。

ほらほら。この記事とかすごいよ
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1421.html

 

音楽で農業しちゃうのにゃー??
すげーー。植物の種成長促進とかすげー。

これによると、電子音、金属音、女性の歌声で、出来るんだって。
シンセ、管楽器、歌声ね。

ほえ〜。
 

そういえば、当サイトの曲も。
どちらかといえば人目線じゃない、空間向けなのですよ。
空間に絵を描く感じで、キャンパスに世界観を形作ってたんですね。

物語も、緑の空間も、精霊も、そして、。

なるほど。ここに、電子音と、歌声ね。

 

男性じゃ、想念を動かせないって言ってるけど。
たぶん、外観はあんまり問題ないね。

イメージの問題ね。
だって「彼女」が助けてくれるでしょう?
男も女も一緒ですよ。

夜の声

魂が繋がっていれば、誰かが助けてくれる。
だから、この男の人も、きっと望みは叶う。

 

星と、緑と、空と、雲と、土と、水と、精霊と、人と、

舞台は夜ですよ。
成長するのは夜ですから。

ささやかに、ささやかに。

私も、彼らに向けた音のメッセージを、シナリオに含んでみようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*