一日一日の記憶は永遠に

新しい暮らしを始めてから一日として同じ日がない。確実に積み重っていくものがあります。
だから、その日にあった事を鮮明に思い出せる。
そのとき、何を思ってその作業をしたか。

土地の状態が日々変わる毎に、記憶の層が蓄積されていく。

眠ってる時に見る夢もそうだけど、記憶とは、ある特定のきっかけで、ふと思い起こされることが多い。
秋の匂いを嗅げば、その季節の印象的な出来事が…音楽を聴けば、その曲が流行ってた頃の想い出が…
特定の何かが繋がって一緒に思い起こされる。それが記憶。

自分の世界をもって、自分の描きたいイメージに向かって日々進んでるとき、その工程一つ一つに想い出が宿るものだ。

今日は草刈りがきつい。
この日は調子がいい、すんなり進む。
草地が綺麗になったら土を耕していく。
そして種を蒔く。芽が出て地表に顔を出し、冬を越してその種は成長する。

雨の日はのんびり本を読んだり、そんな日も、あの子たちは日に日に大きくなっていった。

春、穂が付き始め、新たな作物の種を蒔く。
どんぐりの木も植えよう。

木は年を追う毎に大きく成長し、落ち葉を散らして土を年々豊かにしてくれる。
一年ものの作物は実り、次の種ができる。数年後には木の実が、木は何十年かを経て大樹になり、さらなる恩恵をもたらす。

そのとき、きっと次の世代の子どもたちが居て、これまで育ててきた世界を受け継いで、子どもたちの思い思いの楽園を築いていくだろう。
大きな樹木がいくつもの種にわたって伸び、世界は色んな種類の実を成して、美しい鳥達や動物たちを呼ぶかもしれない。

現代人の一生では追いつかないほど気の遠くなる話だけど、思い描いた夢に向かって確実に進んでいる。
始まりの時から一日として同じ日がない。

そのことを、実際に目の前にして感じ取れる。
だから振り返ったときに、その記憶の一つ一つが鮮明に思い出される。

あのときはこうだったね。
あんなふうに想いながら植えていたね。
今、立派に実をつけたよ。ほら。。。

人の一生は、きっとそういうものだと思う。
一日一日が新しく、未来の実現に向かって少しずつ進んでいってる。
だから日々喜びがあり、人生が充実して行くのだろうと。

私の一生は、共にある世界そのものが記憶する。
振り返れば、いつでも思い出せる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*